あなたの1分へ価値を届けるブログ

【学校では教えてくれないお金の話】※期間限定公開※ part2

2020/03/18 07:00 投稿

  • タグ:
  • あなたの1分へ価値を届ける
  • 日記
  • 雑学
  • まとめ
  • 雑記
  • 資産運用
  • 学校では教えてくれないお金の話
  • お金
  • 教育
  • 消費と投資

おはようございます!りっちです。
今日も読んでくれてありがとうございます!

例えば、急に大きなお金が必要になったとき、
お金がなかったらどう対応しますか?

貯金をすることが正しいことだと思わされていると言いました。
しかし自分が病気になったり、
親の手術費が必要になったり、
大きなお金が急に必要になる場合もあります。

今回はお金を預ける行為全般を貯金とします。

【結論】:貯金が必要な人もいればそうでない人もいる。


◆お金に両替できる財産を持っているかどうか。
お金について考えます。
1,000円使ったら1,000円が減ると思いませんか?
実際は違います。

1,000円を使ったら1,000円分の「何か」が手元に入って来ています。
それが、土地なのか情報なのか、たくさんの人に感謝されることなのか。
何に使うかは変わってきますが、

【お金を使っても自分の財産は減らない】

これが基本です。

当然、減る場合もあります。
どのタイミングで減るかと言うと、

①1,000円で500円のものを買った瞬間。
②手持ちのお金を減らし続ける「負債」を買った瞬間。
③何も買わなかった瞬間。

「③何も買わなかった瞬間。」についてですが、
物価は上がってますよね?

100円でジュースの買える自販機はもう珍しいものになってます。
今ジュース10本が1,000円で買えていても、
10年後には10,000円になっているかもしれない。

今1,000円を銀行に預けていても10年後にはジュースは1本しか買えなくなっている。
この瞬間、財産が減っているんですね。

ここは気をつけておいた方がいいと思います。

さて、本題に戻ります。
例えば、所持金1,000円のあなたが、
10人を楽しませることを1,000円で買ったとしましょう。

あなたはお腹ぺこぺこになりました。
あなたの所持金は0円です。
これが貯金がない状態で急にお金が必要になったと言うことですね。

あなたは飢えるでしょうか?
たぶん飢えないです。

その10人のうちの誰かが
あのときのお礼として、ご飯をくれたり、
場合によっては数日間ご飯をくれたりして、
1,000円以上のものを頂けるかもしれない。

むしろ、財産は増えています。
今まで貯めた信用がお金に両替される瞬間ですね。
これが【両替できる資産】です。

・お金を使っても手持ちの財産は減らない。
・資産が減る場合もある。
 ①1,000円で500円のものを買った瞬間。
 ②手持ちのお金を減らし続ける「負債」を買った瞬間。
 ③何も買わなかった瞬間。


◆貯金が必要な人。
減る場合が3つありますが、
減り方が① ⇒ 大、② ⇒ 大、③ ⇒ 小なんです。

①1,000円で500円のものを買った瞬間
 ・単純にお金が減ってます。
②手持ちのお金を減らし続ける「負債」を買った瞬間
 ・車を購入したりしたらお金が減ります。
③何も買わなかった瞬間
 ・すぐには減らないしちょっとしか減らない。

なぜ貯金が必要かと言うと、
貯金をしていないとお金が減る場合に対応しづらくなるからです。
【減る場合の判断が難しい場合】は貯金をしておいた方がいいです。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
素敵な1日をお過ごしください!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事