町田乃彼方から適当に書き殴る流れ

デスパレード2話感想

2015/01/19 20:22 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • アニメ
  • 感想
  • デスパレード
1話の回答編

自分が最初に思ったとおり

夫の猜疑心だけが原因で
妻は夫に恨まれてでも
愛する夫を立ち直させる為に
自分を投げ捨てる大芝居を打った

という結論になった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去日記抜粋(ニコニコブロマガ準拠)
勝負に負け呆然とする夫に
自分が悪役になる事で生きる希望を与える、
それが恨みや怒りででも。

一時的な気休めでも茫然自失の夫に
自分を見て貰いたい一身で演じた大狂言

「愛有らばこそ」と自分は感じ取った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


というか・・・ニコニコ動画の視聴者層は
なんで妻が裏切ったと思えたのか

裏切りというか大芝居の前の溜めや
それまでの表情や言葉を蓄積できていたら

「あ・・救うために自分を捨てたな」

となぜ思えなかったのか。


やはり
感受性や気配を察する事が出来ない(子供っぽい)か
男側の視線に寄ってしまう(男性視聴者)か
出てきた言葉を真に受けてしまう(感情に疎い)人か
そういう視聴者がニコニコには多かったという感じ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【脱線】
昔、脳診断で女性的な感覚を持つ男性脳寄りの中性と診断されたり
感受性やその場の空気を掴める能力が高い と診断された事もある

男性にはあまり無い思考パターンらしく
文字を読んでそれを映像として楽しめる人に多いらしい
俗に言う、作品を深く理解すると
【キャラが勝手に動く感覚を持てる人】もその類らしい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

確かに自分も マッチーすり替え性悪妻 という考えは合った

でも本当にそれだったら三流ドラマだと思うんだ

「やっぱりね」 じゃなく 

深みのある苦さを期待していた面もある 

【男の空回りで全てが最悪の結末になった】

やるせない重さ。  そうである事で引き立つものがある。


そして、出てくるキャラの立ち具合がスバラシイ

すべてを客観的に、感情の起伏や素性を見抜けるベテランロリ

主観的な事に惑わされる少し未熟なバーテンダー

客観的感情的に物を言える新人バイト娘



きれいに終わって面白い。
2話でセットになってる事を期待したい。

自分の感覚がその作品に追いつけているのか
それを試せる作品というのも滅多に無い。

苦味しかないアニメというのも中々趣がある。

コメント

kate
No.1 (2015/01/19 21:00)
同じくどう見てもお芝居なのに何故か浮気はあったことになっててびっくりしました。
死んだ後でも後悔を引きずっていかなくて済むようにという奥さんの配慮ですよね、あれは。
ガンマ (著者)
No.2 (2015/01/19 23:53)
妻の大狂言を見た時に、積み上げられた前振りもあって
「何でこんなやつを自分を捨ててまで生かそうとするのか」と
そして次の瞬間に
「あぁ……愛か……こんなになってまでもアイツを救いたいのか…」と思い直して
思わず涙がこぼれそうになりましたよ。

1羽の流れで自分が感じた「勝負だけのドライな決め方」ではなく
裁定者の主観が入るというのが少し驚きでしたね
主観が入るなら、現行の裁判みたく
左陪席・右陪席みたいな合議制が欲しい所ですが
そこまでやると蛇足でしょうし、この回の本題は
「誤審が有る」ということに焦点が当たっている感じが
非常に中々に生々しく好みですね。

今期の筆頭候補に挙げて恥ずかしくないタイトルですね

やっぱ語れる余地の有る作品は面白い
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事