町田乃彼方から適当に書き殴る流れ

夏アニメ3話視聴感想【執事・ろこどる・マーダー・ディーバ・剣舞・鉄道】

2014/07/30 14:03 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 感想
  • 黒執事
  • ろこどる
  • ドラマティカルマーダー
  • みならいディーバ
  • 精霊使いの剣舞
  • RAILWARS!
評価はA~E 視聴順 (ランキング時に修正有)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【黒執事】B→C+ 中世ファンタジー 悪魔と愉快な仲間たち 


いや、もう一捻り騙してくれるもんだとは思ってるが

欠損障害の多いサーカス団と敏腕義肢職人兼医師
サーカス団が通った町の子供が必ず消失する
義肢の素体は出所が見えない石膏のような物

四肢切断して加工してんじゃねーの? と
ベタ過ぎる前振りからそう思った視聴者が殆どだろう
ここからどうひっくり返してくれるかが楽しみといえば楽しみだが

悪魔が退屈な時間の暇つぶしの為に
契約主を巻き込み、いろんな方向性から楽しんでいる

そんなベースの部分を的確に演出してる点は良いんだが・・・
登場声優の声芸が突出してしまって台無しではないにしろ
かなり自分的には点数が下がったかな・・・

1つの事件で12話構成なんだろうけど
丁寧に進めすぎて薄味になってる気がしないでもない
悪くもないがこれといって良い面もあまり見えない・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ろこどる】B 地方アイドル 日常・萌え系 

市公認の地域振興アイドルの日常を描いた物
所属は芸能事務所ではなく、地域振興課のアルバイト

みなし公務員の状態で上から無理難題をやらされてる様に見せかけつつ


ちょっと前にあった「すーぱーそに子」のような
草の根アイドルに近い地域密着型アイドルのドタバタを
実の所すごくユルく描いている作品。

俗にいう 優しい世界 というか 悪意を持った敵が居ない世界
ハプニングはあれど仕組まれた物ではなく
誰かの思いつき、勘違い、ド忘れから生まれてくる騒動で
アイドルや市役所職員やケーブルテレビのスタッフが右往左往する


1話を見た時からそに子とサーバントサービスの香りがしてた

どこか大雑把だけどそれが許せる流れ。

気楽に見て面白い 
日常系の良い部分とアイドルとしての成長物を同時に楽しめる。
あるある系の展開をちゃんと仕込んでくる演出も良い。
古典芸能というかベタだ。

日常系はあまり評価しない自分だが
地方アイドルというアクセントが絶妙に感じたのでB


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ドラマティカルマーダー】C→C- 原作BL 展開が行方不明

原作がBLゲーだし覚悟はしてたからそこは問題なんだが・・・
1クール物でここまで展開がゆっくりしてると正直怖い

丁寧といえば聞こえはいいが、サイバーと日常の比率が
ほぼ日常のみ、本筋へと流れ込む為の道筋が非常に薄い。

お約束的な外堀を埋めてくキャラばかり集まる
そのフラグが貯まりまくった所から雪崩のように
一気に話が進んでくれたらそれはそれで演出という所だが…

バトルに向けての作画貯金の為に
日常の作画が大幅に削られているし
もしバトルが雑だったら最悪なアニメ化て事に成るだろう

3話判断の人はここで切るだろうし。
4話でバトルあればワンチャンなんだろうなー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【みならいディーバ】B→C 実の所身内向け 電波少年的ウゴウゴルーガ

1話を見て「新しいバラエティーの形」
「ウゴウゴルーガ的なカオス感」とあげたんだが・・・

よくよく考えると 超オタ向け(ゲーアニに一定以上の知識が必要)

ただ、この作品の最大の特徴は

中の人が大暴れする系列のアニメ
MMD製作シリーズに近い
(てさぐれ・直球表題・GDGDフェアリーズ)
中の人の思いつきとアドリブで突き抜けていくバラエティー番組
ここの所がウゴウゴルーガ的な要素を感じる。

もう一つは番組中にきた歌詞をぶっつけ本番でラストで歌う事と
そしてソレをとっちらかす事無く歌いきる声優の技量

歌詞を選別して、出来るだけ違和感を生まずに組み込むほうも凄いが
そのいきなり組まれた歌詞を、人力ガイド(棒差し)で
ギリギリのラインで歌いきる声優のバランス力


裏側をゲス読みしたらいかんとは思うが
一部の歌詞は仕込みなんじゃないかとすら思う

でぃーばのツイートラインを完全に追って
裏取りをする人も居ないだろうし
数千のツイートの中に2・3個運営の思惑が混じっても
それはやらせというか番組を成り立たせる最低限だと思う

もちろんそんなのは自分のゲスの勘繰りだから無いと思うがw


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【精霊使いの剣舞】B→C  ハーレム物 敵に待たせるスタイル

3話は本当に酷かった、演出と脚本の凡ミスが目立つ
流れ的には美味しいのに演出が雑すぎだろ・・


敵役として現れる主人公の契約精霊と
(見えてる)伏線のばら撒き、そこまではいいとして・・・

魔物に食われる寸前のヒロインの語り・・・ヒドイ
リアルタイムに動いてるのに10秒以上魔物が襲ってこない
そこは同じ描写でも演出(時間)を止めるとかモノクロにするとか
【走馬灯的回想の延長線上ですよ】と明示しなきゃならん所で…

さらに許せないのは・・・
こんな状況で主人公が立ち止まって詠唱すんな
その間も魔物が何もしないってのも・・ご都合が過ぎて萎える
というか萎えた、そこは最低でも走りながらだろ・・・

そして詠唱長い・・・演出長い・・・盛り上げる場面じゃない…

詠唱に入る前に何か攻撃して魔物をこっちに向かせるとか無いのか…

なんだろう。バトルに期待できないファンタジー物ってなんだ・・・
ハーレムに向けて展開を急いでいるのか間延びさせたいのかわからない。

理解力が無いというか時間管理力が無いというか…
演出力皆無の本当にガッカリする戦闘シーン・・・
勝つのが当たり前の流れでこれは寒い。

キャラの魅力がバトルのクソ演出で全部損なわれた稀有なアニメ

いくら設定が良かろうと主人公が魔王の子孫だろうと
それを表現する為の見せ場であるバトルシーンがこの程度…

Bパートで次期魔王バレするんだが、どうにもAパートの
うわっつらな展開の所為で世界に入りきれない。

つかこれ、2話のアバンで差し込めなかったのか?
魔王の契約精霊と主人公(次期魔王)の契約シーン

そして場面が切り替わったら、なんだか・・・
前のクールで見たような展開…人型の精霊、
あっちは人型のドラゴン…圧倒的デジャブ感

【ここから学園ラブコメ開幕ですよ】って開き直りはいいが
さっきの過去回想とのギャップが酷すぎて
 
(あー・・・テンプレ過ぎて笑えねぇ)ってなった・・・

話の流れは綺麗なのに、ただ一箇所大崩壊しただけで
なんとも評価しにくい作品になった気がする。

ゼロ魔と肩を並べられそうな、設定の重さで勝負できそうだと思ってた
そんな作品がこのザマ・・・学園重視ならゼロ魔やISで十分だよ

ハーレムアニメとしては普通だと思う、
1話で期待させて結局凡作ってアニメが今期はほんとに多い

持ち直してくれる事を願ってるが・・・
肝心のバトルが駄目ってなるとなぁ・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【RAIL WARS!】D 申し訳程度の鉄道要素 ファンタジー鉄道警察


あのさー・・・
警察と鉄道警察(公安課)の軋轢を明確に示して欲しいんだが… 

1・警察の中の国鉄部門が鉄道公安課なのか
2・国鉄職員が警察と同じ権限を持つのが公安課なのか

警察と公安課の説明が無いから作品世界に入りきれない

確かに警察と公安で縄張り争いが発生していたのが史実だが
それをそのまま受け入れていいのかどうかって話。
二重行政になって今のご時勢なら普通に叩かれてるはずなんだがw

なんだろう、全体的に雑さが目立つ、特に1話はほぼ必要なかった

あの時点で警察と公安課の関係性を先に言うべきだった

そこが引っかかった所為もあるし、
赤毛の正義バカの所為で全体の骨格が消し飛んだ感じに

3話にもなって、まだ警察との関係性を説明しない
そんな糞脚本を書く人間に期待するのも酷だが

なんであんなに赤毛を尖らせて拗らせさせたのかが判らない
そしてまだクローズアップされないマッチョの存在意義

やっぱり全体的に雑なんだよな。

今回の捜査もあんなに普通、シャッターガラガラやってたら
気が付かれると思うんだけどなぁ・・・

監禁していた倉庫に見張りの一人も居ない
そして不規則な動きの多いバトルシーンはカット・・

なんだろう、1話感想でも書いたけど
警察以外で警察と同等の組織を持つ物であればなんでも良かった

監督と演出と脚本がそんな上辺だけのアニメを作ってる事が良くわかる

自分が見た中で今期最悪のストーリーだと思う。
フランチェスカはシュールギャグだから割り切れる
だがこれは、ストーリーや設定を台無しにして
原作者に風評被害が出ている。 最悪のアニメだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残りの評価待ちが【セーラームーン】だけ・・・8/2
セーラームーン除外でいいかな

視聴作品の序盤3話のランク分けするかー

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事