町田乃彼方から適当に書き殴る流れ

春アニメ1話感想 Bランク編1/2【埋蔵金 ブラブレ 極黒 河合荘 竜騎士】

2014/04/14 20:23 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 日記
  • 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
  • ブラック・ブレット
  • 極黒のブリュンヒルデ
  • 僕らはみんな河合荘
  • 星刻の竜騎士

春アニメ1話感想 Bランク編1/2【埋蔵金 ブラブレ 極黒 河合荘 竜騎士】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Bランク 良い感じ と思えるライン + ワンフレーズコメント

[1]【埋蔵金 ブラブレ 極黒 河合荘 竜騎士】
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金    [神尾城島?蓬莱島?絃神島?w パロネタ多し]
ブラック・ブレット     [呪われて生まれた少女達の物語]
極黒のブリュンヒルデ    [エルフェンリート作者、ダークグロストーリー期待]
僕らはみんな河合荘     [文学少女と青春男]
星刻の竜騎士        [俺のパル(竜)が幼女だった件・チョロイン?]

[2]【うさぎ シドニア ノット M3 キャプアス】
ご注文はうさぎですか?  [百合飢餓難民避難所]
シドニアの騎士      [SFロボット・宇宙生物・植物性人間]
ソウルイーターノット!  [ソウルイータースクールガールズw]
M3 ~ソノ黒キ鋼~    [シリアス系SFロボット物]
キャプテン・アース    [ストラトス4+合体ロボ]


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 [神尾城島?蓬莱島?絃神島?w パロネタ多し]

一人暮らしを始めた主人公の部屋に居たのは自縛霊
でもその自縛霊はこの学園島「七重島」を作り上げた
当時の生徒会(ビッグ7)のNo.1だった龍ヶ嬢七々々。

七々々の方からは物が触れるが他人が掴もうとするとすり抜ける
管理人は七々々の旧友であり、状況を知っている
触れる事を良い事に部屋にゲーム機を取り寄せ道楽三昧をしている

楽しむ事が好きなのか主人公に対して何の危機感も持っていない
主人公と部屋の優先利用で争う場面もあえて関節技をかけにくる
そこで主人公が十字固めを決められるわけだが…

この主人公欲望にまっすぐ過ぎて好感触
手の甲に当たる胸の感触(神の領域)では納得できず
脱臼した瞬間に手のひらを返し指一本でも
神の領域をコンマ数秒堪能すると言う潔さを披露する……バカだw

そしてその危険性をまったく意に介してない七々々は間接外しを実行
一瞬の幸福の為に数日の包帯巻きを余儀なくされると言う流れはギャグだ

だがそこがいい。圧倒的に馬鹿な日常も必要。
現状が非日常なのだからそれくらいの遊びがあって丁度良い。

まぁ人物関係はそこまでにしておいて、演出その他の話

アバンからすでに色々なゲームのオマージュが刺さる
普通に見れば宝探し=インディージョーンズだが
インディージョーンズもゲームとして存在する

PSO2がPCのディスプレイに映っていたり
液晶テレビに バーチャファイターV Ft が映ったり
PS3版テラリアが映ったりと コラボが頻繁に起こっている

コラボによる場外戦が多いのは多少気に掛かる所だが
これは宝探しもゲーム(楽しむ物)の一つですよ
という製作側の意図が含まれているような気がする

この島を学園都市にする為の資金を遺跡からというか
どこからか七々々が持ってきて、いつの間にか島の中にも
隠して埋設してあると言う展開。

アバンで言ったとおり。冒険する楽しさを皆に教えたい。
と言う願いの産物だとは思うのだが…

遺跡から持ち出しただけでそんな何兆にも及ぶ資産が
ホイホイ発掘できたのだろうかと言う疑問が先に来る

実は殺されて自縛霊になったのではなく
身を削る錬金術でもやってたんじゃないかと思ってしまう
まぁそこは原作未読の初見にのみ許される妄想と言う楽しみだ
当たろうが間違いだろうがそれはどうでもいいことだ。

このノリや展開が純粋に面白いと感じている。
面白くならないわけがないと思わせてくれる流れが好きだ。

ただ気になるのがOPのバタフライエフェクト 名前も意味ありげだが
サビのメロディーラインが…どうしてもボウイのマリオネットに似ている
ほかにも似たのあるだろって話だが…おっさん的には似てる


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブラック・ブレット   [呪われて生まれた少女達の物語]

異形化する因子を母子感染で吸収してしまい、
異形の力を宿してしまった。通称呪われた子供達
その子供とペアを組む民間警備員を軸にしたダークファンタジー

何つったらいいんだろうTRPGでいえばダブルクロスのジャーム化かな
普通の人間が感染すると1時間程度で発狂し異形体になる
要は急性中毒による即死のようなもんだ。

この子供達は胎児からこの因子に汚染されている事で耐性を持ち
将来確定で異形になる代わりに圧倒的耐性と異形の力を有する存在

重たい重たい…さらにTRPGだがSWⅡのナイトメアのように
忌避すべき怪物と恐れられ、人と認めない派閥も存在する

なかなかにヘビーな設定をしれっと1話でバラしていくスタイル
登場から戦闘になるまでのコメディーや戦闘後の日常描写とのギャップ
なかなかにメリハリを心得ている。
常時重たいのではなくここぞで突き落としていく
日常で気持ちが緩んだところに冷や水をぶっ掛けてくるスタイル

嫌いじゃない

敵対するピエロも中々・・・
実は呪われた子供を救済する為に、平等に生活をさせる為に
世界を敵に回して、「全世界が異形化すれば平等になる」
みたいな方向で暗躍をする異形化第一号みたいな存在なのかと空想する

今期は重たい作品とロボット系の作品が多いが
子供を武器として扱うと言う、かなり極まった作品だと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
極黒のブリュンヒルデ[エルフェンリート作者、ダークグロストーリー期待]

エルフェンリートの作者の作品と聞いて、もうすでに覚悟完了の状態
上半身下半身泣き別れ・腕が丸々千切れる・ぼろ雑巾人間 かかって来い

流石に1話では死者は出なかったが…3話までには誰か死ぬんだろうなぁ…


幼少期に事故で死んだと持っていた子とそっくりの女性が目の前に現れる
早速詰め寄ったが「知らない」の一言で断ち切られるが
学校の天文台で星を見ていた主人公の前にその子が現れ

死んでしまうから「最終バスに乗れ」「乗るな」と二転三転

その会話の中から主人公は解を導き出し確認に向かってしまう
そして想定通りの事が起き死んでしまうと思いきや
ヒロインの謎の力に助けられる
「私は魔法使い」 そう彼女は言った

と言う重たい、死亡フラグを折って行く魔法使いの話と思いきや

さっきのメインストーリーに絡む描写がシュールとギャグの境目を
ぶち抜いてくるような、学園物のコメディーを提供してくるギャップ

ほんわかするが・・・作者を思い出し

騙されんな、こんなほんわかしてるけどエルフェンリートと同じく
いきなりダークグロ欝アニメに化けるぞ! という警鐘が鳴る。

いつこの流れをぶち壊してくれるかが楽しみ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕らはみんな河合荘 [文学少女と青春男 そして癖のある住民]

まほらば や らぶひな みたく男一人かと思いきや
なんとも視聴者に愛されそうな ドMの変態紳士が居ると言う流れ

むしろ女性陣に振り回される為だけの存在だろうなと予測できる
多分想定される軸は 主人公とヒロインがメインでハーレム系ではない

人見知りで読書をしてると周りが見えなくなるタイプのヒロイン
そしてそのヒロインに全力青春中の主人公と言うテンプレ構成

多分学校での描写は図書館と教室のみになるだろう
それ以外は全部河合荘で起こるハプニングが主体と言う感じ

変態が騒いでホームコメディからの青春の流れが多そうだ

強いて特に挙げる所が思いつかない
思いつかないけどこの青春の1シーンを応援したい気持ちが強い

むしろ本当の主役は変態なのか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
星刻の竜騎士    [俺のパル(竜)が幼女だった件・チョロイン?]

幼い頃に竜を救った事で竜神から契約の証を受け取った青年が
竜騎士の道を駆け上がっていく流れからの

まだ龍を持ってないと言うオチ

普通ならすでに龍が誕生し パル(相棒)として普通は騎乗できるが
まだ龍が居ない。そして普通はパル同士でしか乗れないのだが
なぜかどの龍相手でも背中に乗れてしまうと言う異常体質

まぁ、ここら辺で勘のいい人は
竜神から貰った証だから龍が従ってるんだろうと言う憶測は立つ

むしろ どんな龍でも乗れる万能ライダーとして最後の最後
竜神自体に乗って終わるのかなと思っていたが・・・

なんとも チョロイン気質のお姫様が登場
「レースで勝ったら」うんぬんと言う王道感
で・・・レース中に事故が起きてからのー
主人公覚醒、龍が出てくると思ったら

なんと幼女・・・・・・

ゼロの使い魔のイルククゥ(人に変身できる龍)というか
ファイアーエムブレムのチキやノノと言った方が分かるのかな…

多分そういうギミックなんだろうと思う。
そんな場面で1話終了、1話としては王道な終わり方だな。

正直この幼女がどんなタイプなのか興味が尽きない
ポリフォニカの コーティ なのか イアリティッケ なのか
さっきのロリ竜神みたいな語りなのか 楽しみに待つとしよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事