RGBA (RGB-CMYK) のブロマガ

「東北ずん子で覚える!アニメキャラクターモデリング」を購入

2016/05/22 17:41 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • Blender
  • モデリング
久々にモデリングでもやろうかとBlenderを立ち上げたけど操作方法をすっかり忘れている。やる気を出すために5月30日発売予定の「東北ずん子で覚える!アニメキャラクターモデリング」を手に入れたよw



この本、実際のモデリングが始まるのは98ページから。全264ページなので3分の1以上がBlenderの操作方法の説明。Blender初心者が躓きそうなところを詳しく説明してあるので良いのだけど、この辺りがBlenderの多機能と取っ付きにくさを表している。
面(または頂点)を選んでの細分化と辺を選んでの細分化で結果が違うとか、結構知らないことが多くて役に立つ。基本的にショートカットキーを使わないで解説してあるが、ショートカットも併記してあったほうがよかったと思う。
一般的にキャラクタの3Dモデリングは平面図を下絵にしてやるのだが、この本ではパースの付いた下絵を使うのがミソ。アニメ絵風イラストはほとんどがパースが付いているので、パース付きでモデリングできるようになればそれはいいことだ。
モデリングの解説が中心でUV、テクスチャ、マテリアルの設定やアーマチュア(ボーン)の設定などは最後のほうでチョロット触れてあるだけ。ワタクシ的にはなかなかよい本です。

さて、本を見ながらモデリングしようと思ったらサンプルデータがまだダウンロードできないようだ。発売日前だからしょうがない。

メモ
・頂点を移動させて別な頂点にくっつける(編集モード)
 スナップする要素の種類:頂点
 対象上のスナップ位置:近接
 自身にスナップ(編集モード)をON
 頂点を近づけてCtrlキーを押す
 頂点は結合されないので必要ならAlt+M
・選択頂点を辺に沿ってスライド
 Shift+Vキー または GG

オマケ
実家の本棚から発掘した本。





コメント

RGBA (RGB-CMYK) (著者)
No.4 (2016/05/22 21:00)
>>3
>Blender本
Blender入門や操作方法はどの本も似たようなものですから重複はしょうがないですね。
ずん子本はパースの付いた下絵を使ったモデリングと細分割曲面について詳しく載っているのでそこに興味があるなら買いです。

>ASCII
ASCIIはPC88とか98より前のかなり古い本です。兄が買っていたので私も知らない機種が多いです。
I/Oもたくさん出てきました。RAMは持っていたはずなんですが見つかりませんでした。押し入れの奥に入れてしまったのかもしれません。

>Animec
Animecは月刊になる前が内容が充実してよかったですね。
ヌルチン・ブルマー
No.5 (2016/05/22 21:34)
>>4
そういや、意味も無くBit INNとか通ったなぁ。
あの辺にたむろしてると「オレ最先端!」みたいな勘違いをしてましたねw。
私のパソコン初体験は、叔父が持ってきたPC8001で、確かテレビに繋いで使えたんですよね。
叔父はめっちゃ堅い人で、ゲームとか全然持ってなかったのが残念でしたけどw。

アニメックの前身はたしかマニフィックとかじゃなかったかな?(加齢臭の漂うコメですみませんw)
RGBA (RGB-CMYK) (著者)
No.6 (2016/05/22 22:24)
>>5
私も学生のころBit INNにはよく行きました。ラジ館の7階でしたっけ?

私のPC初体験もPC8001です。ASCIIに載っていた宇宙戦艦ヤマトゲームのBASICプログラムを入力したんですがエラーだらけでまともに動くようになるのに一週間以上かかった気がします。
プラグラムをカセットテープにセーブするとか懐かしいですw

マニフィックはさすがに見たことありません。
アニメックではゼネプロ関連の記事が好きでした。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事