しおーるのブロマガ

【しおーる雑記03】音源レビュー BENEATH THE MASSACRE/Fearmonger

2020/10/04 23:44 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • レビュー
  • メタル
BENEATH THE MASSACREの新譜レビュー!

BENEATH THE MASSACRE/Fearmonger



カナダの大自然が生んだ驚異のテクニカルデスメタルバンド、なんと前作から8年ぶりという4thフル。

すぐに耳を惹くのが非常に密度の高い怒涛の如く押し寄せる音の波。スウィープ、タッピングを駆使した流麗なフレーズ、単音リフと単音トレモロを複雑に組み合わせ、時にはストップ&ゴーを見せたかと思えば落とすところはしっかり落とす。エクストリームメタルに要求されるほとんどの表現が盛り込まれていると言っても過言ではありません。
ヴォーカルは基本的に低音の吐き捨てオンリーですが、ガツガツとテンポよく言葉数多く吐き出していくので非常に爽快です。
ドラムはブラストやスラッシュビート、スローミドルをもれなくぶち込んでいてとにかく多彩。例えばブラストひとつ取っても4、5種類くらい叩き分けていて(速すぎてわかりませんがあるいはもっと)、表打ちで溜めて裏打ちやグラヴィティブラストでなだれ込むようなスピード感の演出が多く行われています。
これらすべてが一体となって楽曲は終始異様なまでのテンションの高さを保っています。

初期はかなり無慈悲で機械的な印象がありましたが"Maree Noire"あたりからフレーズにクラシカルとも感じ取れるメロディが盛り込まれるようになり、今作でも要所要所にキャッチーな慈悲が見られます(笑)

テクニカルなデスメタルにおいて聴き手をひたすら突き放すような展開はそれはそれで面白いのですが、BENEATH THE MASSACREのいいところは複雑で難しいことをやっていても曲にノレる余地が残されていること。曲の土台がしっかりしているということですね。
CRYPTOPSYやBRAIN DRILLなんかもそうですがメタルの基本であるリフの部分がしっかりしているというのはやはり大事だと思います。

10曲ほど適度にSEなどを挟みながら疾風の如く駆け抜ける30分間、気づけば何度もリピートして聴いていることでしょう。これまでも非常に完成度の高い作品を残している彼らですが、此度もおおよそ欠点というところが見当たらない最高のアルバムをその作品群に加えてくれました。

2020/10/04

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事