両声類のミキサーボイトレ日記

ミキミキ★ロマンティックナイトを歌ってみた

2016/03/23 08:38 投稿

  • タグ:
  • 女声
  • 両声類
  • 歌ってみた



少し久しぶりの投稿です。
先月は天鳳雀荘戦の大会に参加中だったので録る暇がなかったです(ちなみに優勝しました)。
ただ、その間もずっとボイトレは続けていたのでその効果は表れていました。
具体的には声量がかなり上がっていて、いつものセッティングで録ろうとしたらクリップしまくりだったので、入力レベルを下げてみたくらいです。
それでも思ったよりクリップしていたので、もうちょっと下げればよかったなと少し後悔しています。
うちのオーディオインターフェイスの場合、クリップしてもあまり歪みっぽくはならないのですが、波形の形が変わってしまうので、ちょっと微妙に原音とニュアンスが変わったりします。

反面、声量が増した割に声が細くなったような気がします。
低音域があまり出ていません。
作業中ずっと実谷ななを参考にして聞いてたんですが彼女よりずっと声が細いですw
低音域はカットしないようにミックスしたんですが、声の出し方が高音域寄りになってきてるんですかね。
僕はこの声の出し方がずっと楽で自然だと思っているんですが、どういうバランスが良いのか正直よくわかりません。
最近は地声寄りの声の出し方もずっと練習しています。
高い声も地声寄りの声で出せるようになってきていて、こっちは普通に太い男の声です。
ただ声量もなく、弱々しくて、まだ歌としては使いものにならないです。
いずれは別人のようにどっちも使い分けるようになれればいいなと思っています。
今は効果音として低音でブラフ気味に地声を使ってるだけなんですが。

作業は今月に入ってからずっとやってました。
めちゃくちゃ時間をかけてミックスの試行錯誤を繰り返しました。
結果として、前に上げた歌ってみた動画よりも、歪みっぽさがなくなってクリアな音質になったような気がします。
音域的に無理のない曲を選んだので、歌録りは問題なかったんですが、修正作業に時間がかかりました。
ピッチはあまり外れてなかったんですが、リズムに違和感があって、そっちの修正が大変でしたね。
ピッチの修正よりリズムの修正の方が時間かかるし難しいんですよ。
たぶん自分がユーロビートのノリに慣れてないせいだと思います。
ミディアムのハウス系のビートや、ロック系のビートの方が自分の中に染み込んでいて、高速のユーロビートには慣れてないんですね。
曲のジャンルに合わせたリズム感を鍛えることも必要です。
それとユーロビート系はリズムのタイミングがシビアで、ちょっとよれただけで違和感が出るというのもあると思います。
ロック系だと多少ルーズでも許されるし違和感がないんですが。

低音域も少し苦しいです。
ピッチも声質も不安定で、響きも声量も足りないので、低音域はずっと鍛えてます。
でも何故か低音域より高音域の方が強化されてます。
高音域にはまだ余裕があります。
もう少し高いキーの曲もいけそうです。

歌録りの本数を増やしたのも時間がかかる要因でした。
いつもテイクは1本しか録ってなかったんです。
でも、録ったときに問題ないと思っていても、後で修正作業をしているうちに録り直したくなることが何度もあったので予備のテイクを録っておきました。
ガラガラ声が入ったりして、修正しようがないところがあったので、つぎはぎで予備のテイクと入れ替えた箇所もいくつかあります。
でもファイルが増えすぎて何がなんだかわからなくなってしまって管理が大変でした。
要領が分かってきたので、次回からはもう少し短縮できると思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事