両声類のミキサーボイトレ日記

女声のボイストレーニング講座~1限目を投稿しました

2018/10/19 23:50 投稿

  • タグ:
  • 女声
  • 両声類
  • ボイトレ

たくさんのマイリストやコメントありがとうございます。
以前から質問の多かった女声のやり方や練習法について応える形で動画としてまとめました。
今回は女声を出す上で重要になる声区という概念を簡単におおまかに捉えられるような内容となっています。
まだ内容としてはほんの入り口程度です。
この先はもっとややこしい話になってきます。
そこで今回は前提となる概念だけなるべく簡単にわかりやすいようにコンパクトに伝えようと思いました。

だいぶ前からつくろうと思っていたんですが、動画編集技術をひとつひとつ覚えていくのが大変で時間がかかってしまったんですよね。
以前にもゆっくり実況動画をつくってみたことがあったんですが、あれをつくっただけでは全然足りなくて、他にも覚えることがたくさんありました。
動画の素材をいろいろ探して見て回るだけでもかなり時間を食ってしまいました。

全体的にゆるい、まったりした雰囲気にしようと思ってたんですが。
特に手書き風のフォントは見た目にも優しく、安心感を与えます。
塾や学校の教室風ではあるんですが、お堅い雰囲気にはしたくなかったので。

全体的に絵が寂しかったので、黒白ぐれいさんの結月ゆかりの立ち絵を使わせていただきました。
アニメ絵、イラスト風のくっきりしたデザインだとどうしても違和感を感じてしまったのですが、これは線がやわらかくデフォルメされたデザインでかわいくてすごくいいですね。
結月ゆかりのイメージに合わせたデザインのテキストウィンドウ枠も導入しました。

BGMに関しては自分でイチからつくってみることにしたんですが、苦労した甲斐がありました。
良い意味で空気のように目立たず溶け込んでくれて。
手弾きのニュアンスを再現したことが良かったんだと思います。

『今回導入した主な素材』

手書き風フォント(あんずもじ)
http://www8.plala.or.jp/p_dolce/
結月ゆかり立ち絵(黒色ぐれいさん)
http://commons.nicovideo.jp/material/nc124067
BGM

動画の編集技術的には手書き風の線を引くのに苦労してました。
すごーく地味なんですが、黒板に紫色の線を引いてるんですが、真っ直ぐではなくて微妙にぐにゃぐにゃしてるんです。
歪みエフェクトを使ってぐにゃぐにゃさせました。
これがないとせっかく手書き風の文字を使ってるのに、線だけ真っ直ぐで違和感あるんですよね。
小さな拘りですけど、こんなことをいちいち覚えるのもけっこう大変な作業でした。

動画の編集技術をいろいろ覚える上で参考にさせていただいたのは、有名なサイトですけどこちらです↓

「Aviutlの易しい使い方」
http://aviutl.info/

解説は内容的にゆっくりにさせるわけにもいかないので、もちろん自分の声でやりましたが、こういうのは自分に向いてないっていう自覚があるので、台本つくってからほぼ台本通りに喋りました。
実況とか生放送をやってもろくなことを喋れず、ぐだぐだになってしまうというのが毎度のパターンなので。
喋ることを事前にかなり整理してみたんですよね。

棒読みにならないように注意したんですが、それでもまだ堅い気がします。
台本を意識しすぎなのかなと思います。

女声に関してもほぼ喋ったことはなかったので、録音したのを自分で聞いたこと自体も初めてだったりします。
多少練習はしましたが、女声を使って喋るとこんなかんじになるのかと思いました。
抑揚の付け方とか声の響かせ方とか実はまだよく分かってないんですよね。
根本的なところでは歌の発声と変わらないとは思ってますが。

慣れてないので最初のうちはこんなものだと思って許してください。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事