両声類のミキサーボイトレ日記

恋のコードを歌ってみた

2017/03/11 03:18 投稿

  • タグ:
  • 女声
  • 両声類
  • 歌ってみた


前回も歌ってみたでコメントマイリスありがとうございました。
今回はyoutubeの方では著作権的な問題があって投稿できなかったので、ニコニコ限定になります。
そろそろ定期的に歌録りして日々のボイトレの成果を確認してみたかったんです。
しかし、ミックスのやり方とかいろいろ忘れかけてるところがあり、かなり時間がかかってしまいました。
しかもこれがとんでもない作業量なんです。
ハモりとコーラスの本数が半端ではなくて、全部ダブルで重ねて出してますので、パート数がやばいことに。
全部で25パートくらいですかね。
毎回歌録りは1日で終えるのですが、今回はテイク数が多すぎて1日では終わりませんでした。
もう少しシンプルにまとまる曲にしたかったんですが、音域的にしっくりくる曲がなくて、歌いやすいのがこの曲しかなかったんです。
ミックスには3週間近くかかったでしょうか。
時間がかかりすぎですね。
とにかく僕のミックスってやたら時間がかかるんですよね。
たぶん普通の人より手間暇かけるやり方を採っているからだと思います。
今はミックスについてもいろいろ勉強することがあり、時間をじっくりかけて試行錯誤しながらやっていますが、1曲仕上げる労力があまりに大きすぎるので、なんとかしないといけないなと思っています。
いずれ自分の歌だけではなく、人の歌もミックスしてみたいと思っているので。
今の状態では人からミックスを頼まれても負担が大きすぎるので厳しいです。

今回はささやくように歌って声のキャラクターを変えたりしたところがあります。
これは以前に試してみて、思った以上にしっくり来たので、歌唱表現として自分の中でも確立させてみたというかんじです。
声のキャラクターを曲の中で変化させることでメリハリがつきますし、ハモりとして使ってもうるさく聞こえないから雰囲気に合うときがあるんです。
今まではずっとしっかりとした声を出すことを意識していて、マイクが割れるくらい声を張り上げてたんですよね。
でも、声を張り上げること自体あまり好きじゃなかったりします。
ご近所の目も気になりますし(笑)。
歌っててもあまり気持ちよくはないんです。
ささやくように声を出す方が実は気持ち良かったりします。
もともと地声がボソボソした喋り方なのでこっちの方がしっくりくるかんじですね。
宇多田ヒカルとかをよく歌うので、その影響も大きいかもしれません。
自分が目指すのもR&B系のそういう方向性です。
ロック系にはまったく向いてないと思います。

ただ、あまりこれをやりすぎると弱々しい貧弱な印象が強まってしまいます。
一方で力強い声を出そうとすることも大事です。
しっかりとした声を出す練習もしないと、ささやくように声を出したときも響きがいまいちになってきます。
ずっとこういう声の出し方をしてると声帯にほとんど負担がかからないので、いつまで経っても声帯が育っていきません。
そういう考えもあって、今まで声を張り上げる歌い方をずっとしてきました。
しかしこの声の出し方は以外と楽じゃないので、高音なんかは張り上げた方がずっと楽です。
高音でも張り上げずにささやくように声を出すのは難しいので、そこは練習が必要ですね。

この声の録り方はけっこう難しくて、普通に録音すると声が小さすぎて録り音が小さくなってしまいます。
その録り音を大きく拡大するとかなりノイズが目立つのです。
そこで口をマイクに近づけて録音するのですが、今度はリップノイズや吹かれのノイズが目立ってきます。
これをチマチマと波形編集で取り除いていきました。
この作業がまた時間がかかるのですよね。

少し久しぶりだったせいか、声に変化が感じられました。
ちりめんのようなビブラートが自然にかかるようになってます。
今までは深めの周期の遅いビブラートしか意識してかけられなかったんですが、これは浅くて速いです。
意識してかけることはできないので、普通のビブラートとはべつものというかんじです。
まだところどころかかったりかからなかったりしてますが、かかった方が気持ちよく感じられるので、癖みたいなものですが、そのままにしようと思います。
あと低い声が安定してきた反面、少し太い声になってきたような気もしますね。
まだこの先どういう声を目指せばいいのか自分でもよくわからないので、いろいろ試してみて成り行きに任せます。
自分ではちょっとアネキっぽい太い声の女に、やたら甘ったるい声の男が混じってきてるような気がします。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事