両声類のミキサーボイトレ日記

ルカルカ★ナイトフィーバーを歌ってみた

2016/10/23 09:20 投稿

  • タグ:
  • 歌ってみた
  • 女声
  • 両声類

今回は昔からよく歌っている、割と得意な曲でいってみました。
音域的にsamfreeさんの曲はとっても歌いやすいです。
しっとりとしたバラード系は苦手なので、勢いでゴリ押しできるところも自分に合ってますね。

最近ずっと地声メインの声を鍛えてるのですが、あまりにも果てしない道のりなので飽きてきました。
この歌い方は裏声と地声をいったりきたりするので気持ち悪くてしょうがなくて、もう我慢できなくなってきたので、一度元に戻して裏声で歌いました。
歌いなれてる曲でなにか1曲録ってみようと思って。
ある程度すっきりしたのでこれでまた元のボイトレに戻ります。
実戦投入にはまだ時間がかかりそうです。
今回も飛び道具的にカモンとか言ってるだけ(笑)。
本当に音域が極端に低くて狭いので歌には使えなくて、オク下でもまだきついかんじです。
そろそろなんとかしたいです。

この曲は歌いなれてるのもあって、ピッチはほぼ完璧に近かったです。
数箇所修正するだけで済んだので、楽でよかったですね。
ただリズムはよれよれだったのでけっこうショックを受けました。
自分では合ってるつもりだったんですが、修正を加えるにつれて違いが浮き彫りになってきましたね。
まだまだリズムへの感覚と意識が足りないと思わされました。
このあたりはやっぱりミックス作業で改めて認識するんですよね。
録ったのを聞いただけではわからないんです。

今回は何故かハモリなしのオケが見つからなかったので、ルカのハモりが入ったままになってます。
消そうとも思ったんですが、やりかたがよくわからないし、きれいに消すのも大変そうだなと思ってそのままにしました。
最初はハモりをルカにまかせようと思ったんですが、メインと合わせてみるとなんかものたりなく感じて、オートチューンのハモりを重ねました。
これは前回の記事でも書いたやつです。
メインボーカルの録り音をそのまま使って、オートチューンをMIDIで動かしてハモりのメロディーをつくるというやり方です。
声が機械的になって面白いです。
ケロ声というよりミャアミャア言っててネコ声ってかんじですね(笑)。
これはメインボーカルと同じ録り音を重ねてるので、寸分の狂いもなくメインとハモりのタイミングが合ってきます。
その独特な音には中毒的な気持ちよさがあって癖になりますね。
ただ人間味がないので、曲の雰囲気と相性があります。
今回はユーロビート系なので自分でハモりを録るよりこっちの方が合いますね。
それに自分で録るとルカの声に埋もれてしまうと思ったので、オートチューンのハモりにして、全体として一体感を図ることにしました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事