旧禁娯楽のレノバスタン

江戸ゲについての雑語り

2021/03/29 22:12 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
毎日江戸ゲを買うために社会で働いてる兄さん達、おハローございます
レノバスと申している者です

今回は思いつきで書いているので
僕自身もどれぐらいの分量になるのか想像してませんし、軽いアドバイスぐらいの気持ちで書いてるので僕のフォロワー向けになる内容だと思います

だからRTしなくても大丈夫


ざっくり言いますと
もう4月になりますね

4月は心機一転の月です
新社会人になる者も居れば、大学生活が続いていたり
社会人生活が慣れてきた者が居れば
ポケモンのランクマは相変わらず禁伝ルールで飽きたりと

色々あると思いますが
心が疲れたときは癒しを求める のを忘れないで欲しい


ポケ勢の僕が言うのもなんだけど
社会人がポケモンやって最終日に有給取って上位を目指す という行為はかなりやべぇ奴に含まれる行動ですし、有給取ってまで結果残せなかった時の怒り、もしくは虚無感はえぐいです

僕は高校生のXY時代から何千回も対戦してエロゲを始める前から下積みしていたのである程度のプレイング、レートや実績が今でこそありますがそうでない場合の社会人で上位を目指すのは余程の天才肌じゃなければ厳しいですね


だからと言って上位目指すのを諦めろ という訳ではないです

毎月ランクマ頑張るのは諦めた方が身の為という意味ですね


冷静に考えて月1ペースは頭おかしいし

①シーズンに応じて変更されるルールを確認してやり込む月を決める

②そして頭を癒すためにエロゲをやりながら来期使いそうな個体を予め育成して置き、次の月に万全の態勢でランクマに挑む

③事前に気になる作品は全て済ませた、好きなキャラのオタクTNを用意した、何も心残りはない、このクソみたいな1ヵ月我慢出来たら新しいエロゲが俺を待っている!!希亜の為にランクマ頑張るぞ!うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!


僕はこの飴と鞭戦法でランクマをしてます



なのでエロゲはポケ勢に必要です
エロゲの紹介に入りましょう




Q.エロゲ始めたいけど何が一番オススメ?

はい出ました、一番僕らが質問されている内容で一番返答に困る奴です

一番の推しキャラが出る作品、一番ストーリーが良い作品、一番おもしろい作品、一番やって欲しい作品、一番最近話題の良い作品、一番初心者向けの作品、一番(紹介された側が)好きな作品

一番と言ってもジャンルが全然違い過ぎます

普通は初心者向けを勧めると思いますが
質問した相手次第では自分の好きな作品を布教したいという気持ちも分からんではないので確実な正解は帰ってこないと思いますね



ちなみに、まぁ一応?ついでにちなみに僕が言うなら?
まぁ僕の場合の話なんですけどぉ
あ、あくまで僕の場合はって話すよw だから一応なんすけどw
やめとこかなw でも、まぁいいかw やっぱどうしよw





Clover Day'sをやれ!!!!!!!!

僕がこの質問をされたら答えるのはこの作品

プレイと同時にメッセージ速度やらの為にコンフィグを即弄る派なのだが
「メッセージは多分これぐらいで良くて~、あー、ボイス設定も一応やるか、BGMの大きさ的に多分問題ないとは思うけどな」カチッ




ヤッフー! テステス、タカクラアンズノオンリョウチェックデスー!


この時、心から何かが崩れる音がした
ストーリーの最中にこのキャラ可愛いな~となるのは
よくあることで分かる


コンフィグ画面で恋をした作品はこれが初めてだったのだ…


当時の僕は慌てふためきながらも購入してきた箱をもう一度見た
眩い金髪が特徴の鷹倉杏鈴と名乗る少女を確認しながら
「こいつ…できる!」という覚悟を胸に抱きゲームスタートをしたのを今でも覚えている


作品の内容としては
「双子」というのがテーマになっており
登場人物は双子だらけでルート5つのまずまずのボリューム

Q.なんで双子がテーマなのにルートが奇数しか用意されてないの?
A.うるさいやれ


シナリオに関しては割と僕好みだったが合わない人は合わないと思う
繰り返すが「双子」がメインの作品であり
1人を選べば、1人が余る
その逆を選んでも同じことが起きる

という点だけ言っておきます
一部のルートに限った話の内容ですがあとは想像に任せます


全体のルートの感想としては買った甲斐があった程度
僕個人の推しキャラというのもあるが
杏鈴√が一番好きであとは大体普通、一部√なんじゃこれwと思うぐらいだった
あくまで個人の感想ですけども


僕は女が良ければ大体許すの精神でいつも遊んでますし
エンディング迎えたらPCが爆発する みたいな特殊演出さえ無ければ杏鈴が可愛いので許します

気になった方は公式ページ、又はその中にあるキャラ紹介動画でも眺めてみてください

ちなみにClover Day's Plus というのは
Clover Day'sの追加パッチ当てた版みたいな物で作品のキャラクター達がまばたきをしたり、少し動いたりしてくれる、キャラの表情も少し変更されている場面もある等

メインとしては各ヒロインのアフターストーリー+追加Hシーンであり
杏 鈴 の ス ク 水 H は こ こ で し か 見 れ な い ! ! !


僕はこの情報を目にしたときに今までの人生を激しく後悔しました
「あの杏鈴が動いてくれるだけじゃなくてまばたきも?? てことはスコーンをアーンしてくれるシーンもヌルーン!って動くんか??? Hシーンも動いてくれる!?!?!?神ィ!!!!」

という事もあり上の画像にあるけど追加で買ったよね
なんならついでにもう一周したよね

長い年月が経って杏鈴、杏璃が歌うClover Day's、Clover Heart'sも限定購入もしたし未だに聴くぐらいには良い思い出の作品であることに間違いないです

杏鈴しか触れてないけどクロデは全キャラ可愛いというのも良い要素だと思う
もちろん人次第で感想は変わるがどのルートから入るか悩んだし、なんなら僕の場合は悩んだ末に杏鈴は2番目に選んだ







本来ならここで終わるがまだ話が終わっていないので続投

先程、僕は1つの作品を紹介した
これは【知り合いに勧められた作品をプレイする】という無難な行為の1つだが、人からの情報を何も頼りにせずソフマップ等の販売店に足を運び

適当に眺めながら「お、これ良さそうだな」と直感で選ぶのもあり
ついでに言えばClover Day's はこの方法で選んで買った

【知り合いに勧められた作品】というのはある程度の保証が確定しており、この記事を読んでいるように作品の情報をほんの少しでも知ってしまっている

何が言いたいのかというと
大多数にとってハズレの作品引いてもええんやで ってこと

金がもったいないという感情があるのならもちろん勧めはしないが
僕の場合は単純にTwitterをしていない頃からエロゲを買っていたので当時の性癖だった銀髪美少女が出る作品を片っ端から購入しプレイしていた

はっきり言ってクソみたいな作品もあった
でも今となっては通話するときの弄りやすい定番ネタになってるし笑い話に変換できたり、クソみたいな作品をやると「流石にあれよりマシやろw」という余裕も生まれる


あと勧められた作品というのはその人に少なからず気を遣わないといけないので
仲良い関係であれば「お前しばくぞw くそつまらんかったわw」と返せるが大体は「いや~、僕には難しい作品でしたねw」となったりもする

人から勧められてもその人にとってハズレなんてあり得る事だし、だったら自由気ままに遊ぶ方法もありじゃない?
というのが今紹介してる提案である


リスクも高いが僕自身が最初はこの方法でエロゲデビューしたので
むしろ人から勧められる関係から始まってる人が多いのが割とびっくりしてるまである


話とは少しズレているが
質問の内容を変える 以前に質問をせずに選ぶ方法もあるよ
という意味で一応紹介した



話のズレを戻すと
エロゲには様々なジャンルがあるので
「ヒロインが可愛い奴」「ストーリーが良い奴」「飽きずにテンポよく進む奴」とかある程度絞ると誰かがちゃんと答えてくれると思います


僕はストーリー重視の考えで
グリザイアの果実、水葬銀貨のイストリアみたいな胸糞展開多めで平気で人が4ぬような作品が特に好きです

「このゲーム作ってる人ってほんまに【人】なんかな?」
と思う作品とまた出会いたい



個人的に好きな作品を5つだけ挙げるなら

【Clover Day's】




【アマツツミ】




【グリザイアの果実(迷宮)】




【-9-nineシリーズ(ゆきいろ)】




【水葬銀貨のイストリア】



上から順にやって欲しい作品
下はやって欲しいけどやって欲しくない作品
一番下はやるな


エロゲやってる人って大体自分がプレイした作品一覧みたいなのぶら下げがちなので、そこから見て判断するのもあり


書いてる人が好きな作品をいくら見ても感想は人によって異なるので、とりあえず試しにパッと見良さげな1つ作品を買ってプレイする
そこから自分の好みを知って、共通の趣味を持つ相手と語るのが基本です

だから買わないことには何も始まらないので
「エロゲ自体は気になっている」という方はこれを機に買うのは如何でしょうか?

というか僕はそのつもりでこの記事書いてます




多分この記事最後まで読んでるの数える程だと思うけど
江戸ポケ勢が1人でも増えたらなと思いますお疲れ様でした

今回は普段の構築記事と違って本当の意味でここで終わりです
ありがとうございました!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事