旧禁娯楽のレノバスタン

レート1900から2000達成するまでの壁について考えを述べるだけ

2018/12/25 16:10 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
初めましての方は初めまして
女性の胸は壁でも特に問題ない
むしろそそられるレノバスと申している者です

今回は真面目?な内容と呼べるのか謎ですが
自分が実況者になって様々な人と関係を
持つことになったので
隙あらば自分語りを入れつつ色々書きます

お、偉そうに語ってんなとなる記事ですが
僕はUSMだと2118までしか
行ったことないので所詮戯言です
99F裏ダンジョンの18Fボスみたいな
ポジションで強いけど弱い感じですね

まず、交流を持つきっかけとなったのが
PDCという大会です
だけどこいつら嫁ポケにこだわり過ぎだろ
という者が非常に多く レートも察しです

よく構築相談等に頼られる身ですが
何が言いたいのかと言うと
1つのポケモンにこだわり過ぎるな
ということです
「俺はこのポケモンと一緒じゃないとレート楽しくない!勝っても嬉しくない!」とか言うのは人によってそれはあるでしょうし、そこは触れません
ですが、その1体のせいで思考の範囲が狭くなっている
というのを忘れて「勝てない~」と
嘆いたりする者をよく見かけますね

例えばクワガノンが好きだとします
この時点でボルトロスやサンダー、
水ロトム、火ロトムをPTに入れる
発想になることは無いでしょう
このせいでヒトムグロスを組めません
つまりこの思考のせいで
一部の有名な構築を組めないということです

組めないのにはどういうデメリットがあるのか?
僕は前期結果残した強者の構築を真似し、
そこから構築の弱点や、その構築が強いと呼ばれる理由を探っての繰り返しで経験を得てプレイングや構築力を鍛えています
発想力が乏しい僕は相手の構築がよく分からないなら、使えばある程度分かるやろという精神でシーズン序盤を遊んでいるので
これが出来ないのは僕にとっては
致命的ですし考えたくもないなぁ(小並感)


次にPT全体を決めるときに心がける事です
まずは対面思考にしましょう
サイクルの方が楽しいという理由は
まぁ分からんでもないですが
上位の構築は対面だったり
欠伸ステロ展開で大体1サイクルで
終わりという物が多いです
(もちろん受けル強者も存在はする)

相手が○○を出すだろうから
こっちは○○で受けよう
という発想はZが登場してから通用しません

極論言ってしまえば
テッカグヤに対してリザードンや
ウルガモス投げてもボディパ岩Zが
あり得る時代となってます

なので急所や状態異常を引いたり
事故個体との遭遇を減らすために
交換回数を減らして対面で処理を
しようと考えてる構築が
上位勢に多い訳ですね

代表的な対面ポケだと
襷持ちの激流ゲッコウガです
等倍範囲の広い水タイプで打てて
先制技を持ち型も豊富
まきびしで対面不利でも仕事ができ
挑発打てば裏に任せれる

話が若干ズレましたが
好きなポケモンがサイクル寄りだと
対面構築を組めない、組もうとしない
というのが勝てない原因に響く訳ですね

なのでサイクル寄りで2100とか
越えている人もたまにいますが
強者の中でも特に尊敬しています



後はタイプバランスを過信しすぎるな
という点ですね
電機や地面は切るべきだと
よく言われますが切らなくても
勝ててる構築はちゃんと存在します
タイプ補完よりも個々の役割を優先して
パーティを組んでいるという思考ですね

ちなみに僕も構築の軸に寄りますが

この思考寄りの立場です
勝てるならタイプ補完とか気にしないし、むしろきつい部分を誘って倒せばプラン通りに勝てて事故要素減らせれるくね
と考える事が多いです


これは僕が実際に2118達成した構築ですが
妖3、水2、飛行2被りで
霊の一貫も襷ゲッコでしか抑えれない
という0~2サイクル構築(記事あり)でも
勝てたのでタイプバランスは
深く気にする事無いと思います

だから霊と電気切るために
ワルビアルを入れようとか
タイプ補完だけのための採用は
控えた方が勝率上がるのではと
僕はそう思いました




大体言いたいこと言ったので
要点をまとめると
・1つにこだわり過ぎるな
・視野を広くしろ
・相手を知って自分を知れ
みたいな感じですかね

後は構築記事を読んで
強者をフォローするのも
アリだと思います
そこから色々な知識を得れるので
僕は媚びを売りまくってます

このゲームって対人戦ですし
相手が何するのか分からなかったら
次のターンの行動も決めれないですし
そんな状況で勝てるわけもないので
対戦回数も重ねましょう

試合をしなければ何も変わりません
レート下がることはないですが
レート上がらないので無意味です

むしろ未来のレートを上げるために今のレートを下げて経験を積みましょう

以上語りたいこと語るだけのくそ記事でした
クリスマスは暇なので書きました^^







コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事