旧禁娯楽のレノバスタン

S12 最高レート2060 毒菱軸地水電風3Zバシャバトン ~愉快なハリーセンを添えて~

2018/12/17 16:09 投稿

  • タグ:
  • バシャーモ
  • バトン構築
  • 毒菱
  • テッカグヤ
  • カプレヒレ
  • ボルトロス
  • ランドロス
  • ハリーセン
初めましての方は初めましてレノバスと申している者です
そうでない方も初めましてレノバスと申している者です

遅れましたがこの構築はもう使わないので軽く紹介したいと思います






早速構築紹介


バシャーモ @メガ
H76 A164 B76 D4 S188

調整意図
最速ランド抜き
無振りランドの交換読み岩封を身代わり93.7%耐え
H163グロスをフレドラで93.7%処理

この構築の軸であり選出率100%
基本は初手から出すがゲッコウガ入りには
ハリーセンやレヒレから入る事を心がけていた


身代わりの採用意図は本構築では3点あり

1つ目は2加速前提の調整が多く採用されており
安全に2加速以上させる目的

2つ目は守る必要がない相手に上から身代わりをして
安全に加速を積むことができる
余談だが初手グロスの対面は全て身代わりから入った
現環境では意地グロスが多いのと大体引かれるので身代わりバトンを行いそこからバトンエースで3タテという試合は数えきれない(初手から陽気地震つっぱなんか知らん)

3つ目はテッカグヤの宿り木から無限にハメれる点
バシャでバトン→そこから1体処理→処理されバシャ出しからカグヤに再バトン→2体目処理→宿り木を打って退場→ここから守る身代わりだけで勝ち
という試合展開もいくつか存在した
また毒菱を踏ませていれば同じく守る身代わりをHPある限り繰り返し、最後にフレドラでフィニッシュというプレイングも非常におしゃれである


身代わりという技自体に択を減らせるという
メリットがありとても強かった
読まれないためガッサにも身代わり安定である




https://ch.nicovideo.jp/renobasu_poke/blomaga/ar1693558
↑こいつに関してはここで語ったので
こっちを見てください




テッカグヤ @残飯
H52 B220 C4 D68 S164

調整意図
H16n+3
身代わりが意地A252ミミッキュのシャドクロを93.7%耐え
1加速で準速100族抜き
2加速で最速130族抜き

バシャがマンダランドバナドヒドミミッキュテテフギャラガブ等と
対面したときにバトンで繋げる

本構築の過労死枠
宿り木当てるのを毎回祈り毎回当ててくれた

ハリーセンの毒菱からの守る身代わりは単純に強く
宿り木も合わせてゴリゴリ削るのが
とても楽しかった(小並感)

仕事は完璧だったので多く語る事はないが
強いて言えばCに少し回すべきだったか
というのが反省点と言える
エアスラでマンダの身代わりが割れない場面が
稀にあったのでそこだけ難点





レヒレ@水Z
H108 C220 S180

調整意図
H16n-1
水ZでH4ミミッキュ確1
1加速で最速ゲッコウガ抜き
2加速で最速スカガブ抜き

バシャがレヒレアシレゲッコリザカバマリルリ等と
対面したときにバトンで繋げる

バシャバトンを組む上でどうしても外せない枠
ゲッコウガより早く、瞑想積んで特殊水の高火力で
殴れる奴が弱い訳がない

カバマンダガルドに強めで特に語る事は少なめ
冷ビはマンダやバレル意識で採用した





ボルトロス@格闘Z
H244 B100 C4 D20 S140

調整意図
意地グロスの冷パン確定耐え
ゲッコウガの冷B耐え
1加速で最速130族抜き

バシャが水と電気タイプと耐久ポケ全般とランド等と
対面したときにバトンで繋げる

グロス軸に対してガンメタな枠
電気氷格闘の技範囲は凄まじく
加速バトン悪巧みできればイージーウィンである

陰キャ構築にも強く刺さるが
気合玉を素打ちしなきゃいけない場面も
たまにあるのが難点のため強気な行動も大事




ランドロス@飛行Z
H68 A252 B4 D4 S180

1加速で130族抜き
余りH

バシャがランドリザアゴガブ等と
対面したときにバトンで繋げる

カバリザ軸を意識しつつ陰キャ破壊枠その2

うちおとす飛行Zという欲張り型となっているが
正直雪崩とか岩封でいいかもしれない
というよりうちおとすの火力低すぎて剣舞積んでも
リザX落ちないのは流石に草と言わざるを得ない

レヒレやボルトも草タイプを誘うのでそこを奇襲できる
飛行Zはとても強く、地面飛行の一貫性も良い



選出パターン
ハリーセン+バシャ+カグヤ
バシャ+ハリーセン以外@2

この構築は3Zなので2Z選出も平気でします
Z1体で2体処理すれば
こっちの1体持ち物無くても勝てるくね?
という考えでこの構築を組みました

毒菱展開は主に
ミミッキュ+ゲッコウガ+毒菱踏んでくれる奴2体以上
であれば撒くといった感じでした


本構築の弱点を挙げるのであれば
激流ゲッコウガ、呪い持ちミミッキュ
吹き飛ばしカバルドン、ハイボマンダ
トリル持ち全般、といった感じでしょうか

これらは現環境で数だけでなく型も多く
選出画面で読み切ることは不可能に近いです
仮に読めてもプレイングで抑えるのも厳しいのでマッチングしないことを祈るか初手のハリーセンで誤魔化しましょう
ウツロイドよりはかなりマシになると個人的には思います



という訳で非常に簡易解説でしたが
ここまで読んで頂きありがとうございました
バトンバシャ軸はとても好きで何度か使用しましたが
相手のゲッコウガとかいうポケモン強すぎるので
僕もゲッコウガ使います
S13はゲッコウガ入り記事でまたお会いしましょう

RTして頂けると喜びます
@renobasu_poke


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事