劣化版パッケージのブロマガ

【漫画を読むことに定評のあるKP】

2020/06/28 23:35 投稿

  • タグ:
  • 閑話卓
  • 閑話
  • 定評の多いKP
  • 雑談
  • 雑記
  • 日記
  • 漫画
  • 数学

どうも、定評の多いKPです。


KPの中の人は割と漫画を読む人です。
ただこの割にって表現難しいですよね。偏差値でいうと52くらいの意味合いで使ってます。偏差値60とか70ではないけど50は超えてるかなって感じです。

だってほら本当に読まない人は読まないじゃないですか。
でも月100冊読むかって言われれば否です。
割にってのはその程度です。


具体的にはフリーのマンガアプリを5つスマホに入れていて、あと月刊誌を月に一冊、4月まではジャンプを読んでた程度です(諸事情で購読は辞めてますがつまんなくてやめたわけじゃないです)。
あとは気になる漫画はネカフェでまとめて読んだり単行本をTSUTAYAでレンタルしたりですね。




……うーん、書き出してみたら偏差値50超えているか怪しいぞ?
偏差値が50を超えるか超えないかって平均値に依存してるので、極端に高い人がいると平均値が上がってボーダーが変わるんですよね。
偏差値は正規分布の分析に使うべきであって、正規分布でない分布の分析には適さないってことですね。


ちなみにとある先生が述べていたのが、入学試験の理想の点数分布はふたコブ型であって正規分布じゃないそうです。
正規分布の山に基準点をおいたとしても、その基準点の前と後ろでは理解度に差は大してありません。
ふたコブのコブの間、谷のところに基準点を運ぶことにより前後の集団の理解度の差違が大きくなるわけですね。
詳しくは下図を参照


高得点

○○
○○○
○○○○
○○○
○○
○   ←基準点
○○
○○○
○○○○
○○○
○○

低得点


でもこういう分布を作るのって、一つ何かに気づくと一気にすらする解ける問題とか部分点をほとんど与えない採点方法とかなので、それっていいのかなって思ってしまいます。
(ちなみに大学入試の共通試験には当てはまらないですね。あれはどの学力帯の学力も測れる必要があるので、正規分布が望ましい試験でしょう)



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事