ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

MUGEN関係でいろいろ書きます

大会も動画制作もやったことないけどMUGEN大会やりたい人のための動画講座【第4回】

2019/12/14 11:22 投稿

  • タグ:
  • MUGEN
第4回 ~編集編その②.5~



 次回は戦績表の作り方を説明すると言ったな。

 あれは嘘だ。




嘘つきみぃ! 野郎ぶっころしてやああああああああああ!!!



(*゚∀゚)∴:∵;




 えー、前回の続きです。BGMの選び方について説明するのを忘れてたのでちょこっとだけ。
※曲の使用については自己責任でお願いします。(予防線)
 まあMUGEN自体がアレなんでここだけ言ってみても仕方ない気もしますが念のため。



 (何食わぬ顔で)さて、大会を見ていると試合中に曲が流れていますが、あれは編集で後から乗っけています。

 BGMに使用する曲は基本的に何でもいいですが、なるべく歌モノは避けてインスト曲中心にした方がいいでしょう。キャラの声がボーカルと被ってよく聞こえなくなり、試合が見づらくなってしまうからです。

 逆に、しゃべらないキャラ同士によるMUGON試合では声がなくて寂しいので、歌モノを使うと効果的に盛り上げることができるでしょう。

 ちなみに、毎試合違う曲を流すのはやめた方がいいと思います。曲の切り替わりが速すぎると忙しく感じてしまうからです。
 
 私は2試合で1曲使うようにしています。1試合があまりに短い場合は3試合で1曲。
 それ以上連続で同じ曲を流すと飽きるしダレてしまいます。

 ですが、最終パートではあえて同じ曲を流し続けることもあります。
 クライマックスを盛り上げるための演出です。アニメの最終回でOP曲が流れるみたいなあれのつもりでしょうか。

 そして重要なのが音量の調整です。

 MUGEN側の音量はデフォルトではWavVolume = 50、MidiVolume = 50になっているはずです。この音量を基準にすると、BGMの音量は55~60で丁度よくなります(Aviutlで調整します)。

 もちろん楽曲によって音量の差はあるので適宜微調整する必要があります。

 コツは試合の音より少し小さめを意識することです。

 その辺に注意しておけば、あとは何の曲を使うかは投稿者の裁量によります。

 とはいえ、一つの大会で使う曲の数はかなり多くなるので、事前に準備しておくとなると結構大変です。選曲で悩まされることもしばしばあります。

 100人規模の大会だと総試合数が300~500以上にもなります。仮に毎試合違うBGMをかけるとしたら、単純に試合の数だけ曲が必要ということになります。


 大変です。


 これは普段から色々聴いている音楽好きでもなければ、地味にしんどい作業だと思います。

 手を抜いて同じ曲を何度も使いまわすのは、たぶんすぐバレるのでやめた方がいいです。手を抜いていると思われるとマイナスイメージにしかならないので危険です。

 いくつも大会をやっている投稿者には「この曲この人の大会でよく聞くな」とかがあると思います。そういう場合はむしろ投稿者のイメージが良い方向に定着している好例ですね。

 例えば、9条の人とかは「おなじみの曲」として定着していますね。まああれは色々特殊なので別かもしれませんが・・・

 自分が「好きだなー」と思う大会を見返してみると、BGMのセンスが良かった場合が多いです。いい曲が使われていると集中して視聴しやすくなるというわけですね。

 まあ単純に神曲ばっか使えばいいというわけでもないので、難しいところなんですが・・・


 参考までに、ここからBGMの選び方の一例を紹介します。


■視聴者からリクエストを募る
 THE☆他力本願。
 自分で用意できないのなら他人に用意してもらえばいいじゃない。

 これは実際にやっている大会も多いですね。投稿者は自分で探す手間が省けるし、視聴者は自分の好きな曲を流してもらえてまさにwinwinの関係。

 ただし、全部リクエストに頼るとなると、視聴者のセンスも試されることになります。また、十分な数の曲が集まるとも限りませんし、その試合に合った曲が集まるとも限らないので注意です。


■アニメやゲーム、映画のサントラを使う
 バトルやアクションがあるアニメなどから戦闘シーンのBGMを持ってくるのもいいでしょう。

 多くの大会ではゲームの曲が最も使われている印象が強いですね。格ゲーの曲なんかは違和感もないし、視聴者もよく知っている場合が多いんじゃないかと思います。

 とりあえずたくさん曲を集めたい場合にはオススメです。


■フリー素材から探す
 ネット上には使用許諾のいらないフリーのオリジナル楽曲を公開している人が結構います。

 バトル曲や日常会話シーンっぽい曲など、用途を想定して作られている楽曲もあるので、その中から試合に使えそうな曲を探します。

 ニコニコにも「ニコニコインディーズ」というジャンルがあり、フリーのオリジナル楽曲を公開している人がたくさんいます。


■同人音楽から探す
 同人音楽とは、主にコミケとかM3などの即売会で売られている楽曲のことです。
 頒布されてるものも、二次創作だったりオリジナルだったり色々あります。

 アレンジ系では同人が一番強いでしょう。東方アレンジとかは星の数ほどありますね。私は死ぬほど聴きました。

 中には「架空ゲームのサントラ」なるものもあって、RPGやSTGのサントラ風に作られたアルバムもあったりします。始まりの街っぽい曲とかボス曲っぽいのとかがあって、実際にゲームで流れてても違和感ないものばかりなので、試合はもちろん解説パートなどにも使えるかもしれませんね。



 ・・・・・

 ・・・・

 ・・・

 まあこんなところですかね。

 私はというと、同人音楽は結構使ってます。東方キャラの試合ではDemetoriの曲ばっか使ってます。東方メタルアレンジで一番好き。

 他は完全に趣味です。ギターインストはかなり聴きこんでるのでそれを使うことは多いですね。バトル曲っぽいのが多いので試合にはぴったりです。・・・視聴者がどう思っているかは知りませんが。

 テクニカルメタルなんかもオススメですよ。よくRPGのラスボスみたいな曲が多いと言われてますしね。



 ここで紹介した探し方はほんの一例です。

 BGMの選曲は完全に投稿者の裁量によりますので、大会でどんな曲を使おうが自由です。

 自分の趣味全開でもいいですが、明らかに試合内容と合っていない曲を使うのはやめましょう。視聴者が違和感や不快感を感じるようであれば本末転倒です。あくまで趣味よりも試合を優先しましょう。

 すごい駆け引きのある名試合でこち亀のBGMが流れてたら台無しですよね?

 つまりそういうことです。

 BGMとは試合を引き立てて盛り上げる役目として覚えておきましょう。
(なお自分が完璧にできているとは言っていない)



 前回の続きは以上です。
 次回はたぶん本当に戦績表の作り方を説明します。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事