ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

雪と山と海と飯と。

久方ぶりに出かけました! 舞鶴釣行記録

2019/07/21 09:24 投稿

  • タグ:
  • 釣り
  • ジギング
  • キャスティング
  • SLJ
  • スーパーライトジギング
  • 旅行
ども、Reddyです。

なんか週末に雨がふりますねぇ・・・
もう1か月半ぐらい遊びに行けていません。

あーキャンプしてぇ・・・
釣りしてぇ・・・

Reddyガチキャンパーでもガチ釣り師でもないので雨予報だと中止しちゃうんですよね~
根性入ってないです(;^ω^)

さてそんな中、久しぶりに釣りに行けそうなタイミングが訪れました。
舞鶴のレンタルボートショップの厳しい事前予約を取ってくれたIさんに感謝です。

7月13日は雨は降るみたいですが2時ごろから小雨のようです。
多少の雨は我慢して、行けるときに行っておきましょう!

朝はチャチャっと用意して9時に出港。
目指すは冠島です。
今日の狙いはヒラマサキャスティングでデカマサと、最近流行りのスーパーライトジギングでイサキやなんやに挑戦してみるつもりです。

もちこむタックルは二人ともたまたま同じような狙いになりました。

1.キャスティングタックル
2.深度浅めのジギングタックル
3.SLJタックル

てな感じです。

さぁ、冠島でデカマサとイサキを釣って、豪華なディナーと行きましょう!!




この日、予報を見ると天気は曇りのち雨。
波高は0.5m。
で穏やかな感じかな?
と思いきや波周期が7~8秒ありました。
こういう時ってうねりが強いときがあり、冠まで行くのが大変なときがあります。
少し危惧しながら湾外に出ましたが、日ごろの行いがいいのかまったく問題なし!

途中サゴシ達がジャンプしているのを少しジギングで誘ってみましたがヒットせず、一気に冠島まで舟を走らせました。

最初のポイントはそれなりに実績のある場所。
主にジギングで様子を見ますがほぼ反応なし。
場所を変えることにしました。

次は結構いつも魚影が濃い期待のポイント。
まずはキャスティングでデカマサを狙います。

二人で結構投げましたが反応なし。
っていうか天然記念物?のオオミズナギドリがチェイス、アタックしてくるのでヒヤヒヤしました(;^ω^)
あかんな~と思っていると、Iさんはジギングに変更。
少ししゃくっているとIさんのロッドが曲がります!
I「お、来た来た!!!」
R「お!!とりあえず僕上げますわ!タモいります?」
I「どうかな?結構引くけど・・・・って・・・あ、大丈夫やわ」

上ってきたのは40~50ぐらいのヒラマサ。
ちょっと小ぶりですが正真正銘のヒラマサです!
さすがにヒラマサ、小さいけど結構引いてくれますね。
ハマチクラスですがハマチの引きとはちょっと違います。

これはジギングかな?
Reddyもキャスティングをやめてジギングに変更。
ロッドはオシアジガー、ナチュラルジャークの3番です。

ゆるめのワンピッチや早めのワンピッチ、飛ばすワンピッチやフォールを多めに取るワンピッチなどで試していきます。
と、フォール中になにかまとわりついているような感触。
軽くワンピッチを入れるとぐいーっと重みがロッドに伝わりました!

よし!!一発あわせを入れて巻いていきます。
それほど重くはないんですが、ガン!ガン!と抵抗してきます。
なんだろな~と思いながらあげてくると・・・・

先ほどと同じぐらいのサイズのヒラマサ!

よし、ボウズは逃れたな。
サイズアップを狙いたいものだが・・・

そんなこんなしていると今度はIさんがSLJでアコウをゲット!!
30オーバーのいいアコウです。
Reddyも同時にかけたのですが25cmぐらいだったのでリリースしてしまいました。
いつもなら持って帰ったけどw
しかし、SLJなかなか行けるなぁ・・・

さて、少し場所を離れて次のポイントに入ることにしたReddy達ですが、魚探の表示には時々1mを超える魚の陰が・・・

SLJでデカマサを釣ってやる・・・

雑誌や釣り番組でよくあるシチュエーションで、SLJタックルでヒラマサを釣り上げちゃうパターンだ。
なかなかうまくはいかないだろうけど、いい話のネタになることは間違いない。
よし、狙ってやる!!

魚探に映る魚は大体底べたなので底までついたら10mほどあげてはフォールを繰り返します。
と、フォールから着底、一回目の上げのときにココココ・・・・!!っとあたりが!
右腕一本でピシッとあわせ・・・・・・

ぱっきーん・・・・・

ちょっ・・・

乾いた音とともにあわせをいれた右腕の重みが抜けます。
みるとロッドのパットの部分から見事に粉砕されたカーボンの後・・・・・
そのままReddyの視野からスローモーションのようにゆっくりと折れたロッドの、ベリーからティップの部分が水面へと落ちていきました・・・・

ちょっとまてやーーーー!!!!

まだ釣行3回目、まともに使うのは2回目だぞ?
そんな鬼あわせかましたわけでもない、片手でひょいっとあわせた程度でパットから真っ二つって・・・・
はっきりいってReddyの経済面から言えば安くはない出費で購入したロッドです。
混乱でどうしたらいいかわからず、しばらく放心状態が続きましたがとりあえずリールを巻いてあげていきましょう。
ロッドを下に向けて、グリグリと巻いていくと折れたロッドの残骸と一緒に20cm程度のアコウが上ってきました・・・

このアコウで俺のロッド折れるんかい・・・・

たぶん初期不良だったと思います。
が、ちょっとこのメーカーの信用が落ちちゃったなぁ・・・
使用感はとてもいいんだけど・・・あとはどうサポートしてくれるかだよな・・・
ちなみにロッドはBEATのGOOSEというロッドです。
知りたい人はいくらぐらいするか調べてみてください(T^T)

Iさんもいじりたいところをきっと我慢してくださっているのでしょう。
笑いをこらえながら同情してくれています。
くそぅ・・・

こんなときは釣果で何とか嫌なことを忘れたいものです!
この日は後半雨が降ってくることはわかっていたので、早上がりの予定です。
それまでに大物を一匹釣ろうじゃありませんか!

そんなわけでキャスティングロッドを振り回し、ジギングロッドをしゃくり続けたのですが、時間は刻一刻と過ぎていきます・・・

そのポイントをあきらめ、最初にヒラマサを釣ったポイントに近いところまでやってきました。
キャスティング・・・・いや、もう一匹持って帰りたいしジギングで!

そして再度竿をしゃくりだしましたが・・・・
女神はIさんに微笑みます。
Iさんの竿が曲がり同じぐらいのヒラマサゲット!!!
うらやましいなぁ・・・・

よし、Reddyも続け!!
同じようにしゃくっていると当たりらしきものが・・・・

お?当たりか??

軽く合わせてみるとぐいーっと重みが乗ってきました!
よし来た!!
グリグリと上げていく感触は同じぐらいのヒラマサかな?
まぁヒラマサ二匹もってかえれりゃいいか。
どんどんと巻いていくと・・・・

あっ!

急激になくなる重みですべてを認識します・・・・
バレた・・・・・

タモを用意してくれていたIさんが横で勝利に満ち溢れた笑みをこぼした・・・に違いありません。

くっそー!!!なんとかあと一匹!!!
泣きの一流しをしてもらいましたが、残念ながら当たりなし。
雨も降り出してきたのでとりあえず湾口まで戻ることになりました。

Iさんはヒラマサ二匹とアコウ一匹
Reddyはヒラマサ一匹だけ。
このままだと今日は完敗です。



時間は2時過ぎぐらいだったかな?
湾口のポイントで釣り始めます。
SLJでも良さそうな場所でしたが、ロッドがないので(´;ω;`)
ジギングでがんばりますが反応はありません。

ここまでか・・・・
そう思いだした頃に真横で魚がジャンプしてる場面を発見!!

I「あ~サゴシやな~」

おお、サゴシか。
これはチャンス到来!!キャスティングロッドに持ち替えて遠投します!

シンキングペンシルをグリグリグリっと巻いてくるとゴン!という感じで当たりが!!!
よっしゃのった!!!

結構暴れた末上がってきたのは57cmのサゴシ!

いや~ありがとよ~~!!
土産ができたよ!!

とりあえず二匹のお土産をゲットできたので一安心です。

ふと傍らではサゴシを釣りたそうにしているI氏の姿が・・・・ニヤリ

その後サゴシを探して湾口をウロウロしましたが、時間も結構立ってきたので切り上げることにしました。
Reddy持ち帰りは47cmヒラマサと57cmサゴシでした。
25ぐらい、20ぐらいのアコウはリリースです。
ま~条件も悪く時間も短かったのでこんなもんかな~・・・
もちろん釣りたりませんが。

Iさんはヒラマサ二匹にアコウだもんな~
今回は完敗かも。
でもサゴシを羨ましがってたのはちょっと優越感でしたw

てなわけで勝負には負けた気がしますが、自分的には納得のいく釣行でした。

あとは旨い魚をしっかり食いましょう!



サゴシの焼き霜造り



ヒラマサの造り



サゴシの塩焼き



ヒラマサ丼(ユッケ風)



ヒラマサ、サゴシ丼(漬け風)

ごちそうさまでした!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事