MDSSmanor motorsport #57

MEC MDSS Rd.1 Bathurst Mi・Chenレースリポート(テスト投稿) 

2016/05/27 23:54 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • MDSS
  • rfactor
  • MEC
  • レースリポート
  • バサースト
  • モータースポーツ


MDSS ENDURANCE CHAMPIONSHIP 2016 Season2 

開幕戦 Bathurst レースリポート(テスト投稿)
Krohn Aviation Manor Mi・Chen #57         





Mi・Chen #57 Krohn Aviation Manor
FP:クラス10位(総合22位) ベストラップ  2:11.986
予選:クラス13位(総合25位) ベストラップ 2:08.758
決勝:クラス7位(総合17位) ベストラップ  2:10.350



今シーズンで参戦11シーズン目のMi・Chen。チーム体制としては去年と変わらず、Morrissey Krohn選手とチームを組んでの参戦(開幕戦はMiChen1人)。車両は5シーズンともに戦った458GTEから、アストンマーティンv8ヴァンテージに車両を乗り換え、タイヤはMDSS新規参戦のコンチネンタルタイヤを装着しての参戦となった。また、昨シーズンはmanorがチームをサポートしてくれていたが、今シーズンはKrohn Racingがチームに加入。昨シーズン以上のサポート体制で今シーズン挑むことになる。スポンサーはmanorのサポート縮小に伴いFLEX-BOXやairbnbなどが離れてしまったが、Krohn Aviation(航空会社)やWeather Tech、さわやかアウデー(芳香剤?)が新たにスポンサーになりチームをサポートしてくれる。





【予選】
 今回開幕戦の舞台はBathurst。GT6TCC以来の開催となる。コースは長い直線区間や、高低差の激しい山間部区間など、屈指の難コースといわれる。

 予選20分。MiChenはセッション開始後少しタイミングをずらしソフトタイヤをはいてコースイン。セッティングをいじってたら予選が始まっており、そのためコースインが遅れてしまった。タイム更新を目指していくがLMPとのめぐり合わせや、自身のミスでなかなかタイムを上げることができない。セッション中盤あたりにピットに入り2セット目のソフトタイヤにチェンジ。なんとか最初のラップで2:08.758の自己ベストを更新したものの、GTE最下位。さらなるタイムアップを目指しアタックしていくが、チェッカー直前7コーナーにてミスをしLMPクラスおよびGTEクラス3,4台を巻き込むクラッシュを起こしてしまった。なんとかMiChenは自走でピットまで戻ることができたが、LISArdo Zonta(B&H Jordan Honda #5)はコース上でストップ。本当にごめんなさいm(__)m自分のミスです。
 予選が終わり、結果GTE及び総合最下位。通算9回目の予選最下位となった。






【決勝】
 現地時間5:30分早朝にフォーメーション開始。昨シーズンより時間が長くなり、今回のレースは72分+FL5分で行われる。さらに、レース中ハード、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの4種類のタイヤのうち2種類以上のタイヤを使わないといけないことや、大きなアクシデントが起きた時に出るVSCなど今まで以上に戦略が大事になる。MiChenはハードタイヤを選択。今回のレースはハードタイヤで引っ張れるだけ引っ張っていき、できる限りピット数を減らす作戦をとった。

 スタートは慎重なりすぎかなと思うぐらいゆっくりとスタート。レース序盤は思うようにペースを上げることができず前とのギャップは広がっていく。4Lap目にStoffel Ryotoone選手(Rabbit House Racing BMW #46)、7Lap目にFernando Tamonso選手(Corvette Racing #50)がそれぞれアクシデントで交代したことによりポジションを上げていく。9Lap目には山側の区間でStoffel Ryotoone選手、Nagi Hullkenberg選手(Corvette Racing #51)、Jim Clarken選手(Toyota Gazoo Racing #12)、Marco Musuketti選手(Audi Sport Team Joest #28)の多重クラッシュが発生。Stoffel Ryotoone選手の車両のダメージが深刻であり、そこでリタイア。このアクシデントにより今シーズンから導入されたFCY/VSCが導入され、このタイミングでMiChenはピットインする決断をしピットイン。ハードタイヤから新品のハードタイヤにチェンジし、燃料満タンまで給油しピットアウト。さらに次のLap、もう1度ピットインし燃料の継ぎ足しと、新品のハードタイヤへまた交換しピットアウト。結果的にこのトップオフはレース結果に影響はなかったが、VSCが導入されたときにこういった戦略も取れるというデータをとることができた。

 レース12Lap目にリスタート。リスタートもあんまりよくなく、また前から離されていく展開になるが、何とか食らいついていこうとプッシュしていく。レース14Lap目、また山側の区間でGTEクラスPPをとったHanbargu選手(Rabbit House Racing BMW #29)がクラッシュしリタイア。これでRabbit House Racing BMWは2台ともリタイアという結果になってしまった。このアクシデントでポジションが一つ上がりクラス7位。さらに同じ週Marco Musuketti選手のクラッシュによりFCY導入。このアクシデントは大きくなかったためVSCが入ることはなかった。15Lap目にTaniguchi Ryogateru選手(BMW Team Hatsune Miku #4)に抜かれクラス8位。そのあとは順調にLapを重ねていく。




21Lap目に3回目(実質2回目)のピットイン。ハードタイヤから新品ミディアムタイヤにチェンジし、燃料満タンまで給油しピットアウト。これで今シーズンから導入されたタイヤ2セット以上使用義務を消化。あとはFCYかVSCが入ってくれればノーピットで行けるかなというような状況に。ピットアウト後は Aronia kalibra選手(Porsche Team Manthey #92)が見えてる状況で、プッシュしていきたいが、同時に燃料もセーブしながら走らないといけないという厳しい状況に。結局あまりペースを上げれずFCY、VSCも入りそうにないということで27Lap目にピットイン。Aronia kalibra選手も前のピットタイミングが同じだったため、もう1回入るのではないかと思い先に動いてみることにした。ミディアムタイヤからミディアムタイヤへチェンジ、燃料を少し多めに給油してピットアウト。ここから約3Lapマッピング3にしてプッシュしていく。何とか逆転を狙って攻めていったが。28Lap目、バックストレートでコースオフ。そのまえにもLMPがスローダウンしてるとこに遭遇し、アクセルを緩めてしまった。これにより約5,6秒のタイムロス。このタイムロスが大きく30Lap目ピットインしたAronia kalibra選手の前に出ることができなかった。何とか食らいついていきたかったがマッピング3でプッシュしたのが影響して、思った以上に燃料を使ってしまった。これによりマッピング1に戻して走行せざる負えなくなり、逆転はかなり厳しいものとなった。そこでAronia kalibra選手を追いかけるのを諦め、きちんとマシンをゴールまで運ぶことにし、チェッカーを目指していく。
 そしてファイナルラップのチェッカー目前。目の前でコースアウトしたのかMarco Toholzer選手(SRT LEON Racing)がスローダウン。これで1つポジションを上げることができ、今シーズン初レースおよびアストンマーティン初レースは7位という結果に終わった。


次戦は6/4(予定)スパフランコルシャンでのレース。F1 2011のころから数えて8回目(たぶん)、rfactorに移行してから3回目のレースとなる。スパはBJRのカッスがオールージュで散ったことで有名な難コースだが、チームメイトのMorrissey Krohn選手は過去このコースで優勝しており、Michenも「スパはたぶん相性がいいと思う」と言っており、Krohn Aviation Manorの二人とも相性は良さそうである。ただ、マシンをまだ完全には理解しておらず苦しい戦いになるだろう。スパはル・マンの前哨戦であり、ル・マンに向けて勢いをつけるため一つでも上の順位でフィニッシュできるよう、しっかりと準備をしていきたい。




スタート(H)→10(H)→11(H)※トップオフ→21(M)→26(M)→チェッカー


【予選結果】
LMPClass Top3
1. B&H Jordan Honda <LISArdo Zonta> #5 1'42.286
2. Lotus ByKOLLES RACING <Takuya Izawa> #9 1'42.532
3. Porsche Team <Sakana Huraikkonen> #7 1'43.260


LMGTEClass TOp3
1. Rabbit House Racing <Hanbargu> #29 2'04.671
2. Bahamutcorse <Max Kuruton> #96 2'05.150
3. SRT LEON Racing <Kehin Magnussen> #65 2'05.703

13.Krohn Aviation Manor <Mi Chen> #57 2:08.758


【決勝結果】
LMPClass Top3
1. Porsche Team <kh> #98
2. B&H Jordan Honda <LISArdo Zonta> #5
3. B&H Jordan Honda <Rauno Soltonen> #32


LMGTEClass Top3
1. Bahamutcorse <Max Kuruton> #96
2. SRT LEON Racing <Kehin Magnussen> #65
3. BMW Team Hatsune Miku <Taniguchi Ryogateru> #4

7. Krohn Aviation Manor <Mi Chen> #57


ということで、今回A○○○Sportで公開されてるような公式レポートっぽいものを書いてみました。むどまがみたいに面白いかといわれるとあまり面白くなく堅苦しかったと思います。面白い記事やネタはむどまがさんが書いてくれると思うんでそちらにまかせます。#がんばれむどまが
今回は試しに作ったので次回以降あるかはわかりませんが、時間があれば今後もこんな感じにレースレポートのようなものを書いていこうかと思います。



【予選動画】


【決勝動画】


リンクなど

【MDSS公式サイト】
http://mdssofficial.wix.com/home
【MDSS開幕戦リザルト】
http://mdssofficial.wix.com/home#!mec-2016-s2-rd1-bathurst/c7m2
【MDSS公式ツイッター】
@MDSS_Official
【MDSS公式放送】
https://www.twitch.tv/mdss_official
【rfactor公式サイト】
http://www.rfactor.net/
【むどすすNEWS】 #がんばれむどまが
http://blog.livedoor.jp/f1mdss/
【MDSS公式インスタグラム】
https://www.instagram.com/mdss_official/



スポンサー(スポンサー募集中





2016/05/27 @rarudospaku

コメント

daison
No.1 (2016/05/28 01:10)
ハンバーグに負けるなー( ´・ω・`)_且~
雨男P (著者)
No.2 (2016/05/28 22:55)
>>1
頑張ります(」・_・)」(勝てるとは言ってない
daison
No.3 (2016/05/30 12:17)
>>2
肉片を直接速くした張本人が応援しない屑←
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事