薩摩ラジエーター!!

【マルチルール】タイプ統一・スプレッド

2019/03/09 21:00 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
私が提案する『タイプ統一・スプレッドルール』をご説明させていただきます。
簡単に言えば、タイプ統一を拡大解釈して、メガシンカやフォルムチェンジでタイプが変わるポケモンも使えるようにしたルールです。


前提条件

そもそもタイプ統一パーティには公式なルールが存在しません
ただ、放送の企画として参加者を募る以上、ある程度ルールを合わせておかないと認識の食い違いが発生するため明文化しました。
基本的には手持ちのポケモンすべてが共通のタイプを持っているパーティのことを言います。
このときのタイプは基本的にポケモン図鑑のタイプに準拠されるのがほとんどです。
なので、技や特性による戦闘中のみの一時的なタイプの変化は普通考慮しません。
また、メガシンカやフォルムチェンジでタイプが変わるポケモンを容認してパーティに入れる場合もあります。
メガシンカやフォルムチェンジに関しては、個人で遊ぶ分には何も問題はありませんが、企画や大会などでルールが定められている場合が多いので、出場する際はしっかり確認しましょう。


メガシンカについてのルール

パーティを組む際に、条件を満たしたポケモンはメガシンカ前後のタイプを持つものとします
例えば、ポケモン図鑑によるとリザードンは炎・飛行タイプ、メガリザードンXは炎・ドラゴンタイプを持ち、メガシンカによってタイプが変わるポケモンです。
このルールでは、リザードナイトXを持っているリザードンは、パーティを組む段階からメガシンカ後のタイプも合わせて持っていると考え扱うことにします。つまり、対応するメガストーンを持つという条件を満たしたリザードンは最初から炎・飛行・ドラゴンの3つのタイプを持っているものとして見なします。


フォルムチェンジについてのルール
フォルムチェンジについてもメガシンカと考え方は同じです。
メガシンカと違い、特定の道具を持つことではなく、特性の技や特性を持つことが条件になります。
例えば、ポワルンはノーマルタイプのポケモンですが、特性てんきやの効果でフォルムチェンジできるポケモンです。もしポワルンがにほんばれを覚えていたら能動的にフォルムチェンジで炎タイプに変わることができます。なので、にほんばれを覚えているポワルンはパーティを組む段階からノーマルタイプと炎タイプを併せ持つポケモンとして見なします。
さらに、あまごいとあられの両方を覚えているポワルンはノーマルタイプに加え水と氷タイプの合計3つのタイプを持つポケモンと見なして扱うことができます。
また、特性ダルマモードを持つヒヒダルマはフォルムチェンジすると炎タイプに加えエスパータイプを持ちます。そのため、特性がダルマモードのヒヒダルマは、パーティを組む段階から炎タイプとエスパータイプを併せ持ちポケモンと見なして扱うことができます。
伝説や幻ではないポケモンは上記の2種類のポケモンが該当します。


さいごに
このルールは皆さんがこのルールを理解しているという認識の下で行われます。仮に、私の放送でこのルールを採用しているときに違反者がいても特に罰則はありません。完全に皆さんの良心を信頼したルールになります。誰にでも間違いはあるだろうということで、もしミスがあっても「次からは気を付けようね」の一言で済ましましょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事