レグマガ

薬理凶室って魅力あるよね。

2021/06/01 20:31 投稿

  • タグ:
  • 薬理凶室
  • 哲学
  • 語り回
最近、ドクターストーンにハマりました。

いや大分前からハマってましたが、
同時に薬理凶室を見るようになりました。

科学、化学ってどうしても苦手なイメージが付きやすいもの…
※あくまで個人の意見です。

この世に存在しているものの核となる元素や
燃やすものの成分によって炎の色が変わる炎色反応などなど、
授業で学んでいるときは楽しかったですが
少しの間携わらなくなると徐々に惹かれなくなりましたね…

そんなことを言っても楽しかったものというのは体、
というより脳が覚えているのか見始めるとワクワクしてくるんですよね。

何でもかんでもそうだと思いますが、再熱というものなんでしょうw

薬理教室を知ったきっかけは某実況者集団の実写動画ですが
今手元にあるほとんどのものが科学によって生み出され、
それをさらに進化させ続けてきた結果あるもの…。

紙も、スマホも、車も、スピーカー、レコード、
人類が生まれ、言葉を覚え、文明を築き上げてきた中で
科学で創造されたもの。

それらが溢れ、満たし、更に進化を続けていく…

科学は同じ手順を踏めば誰でも同じ結果になり、
遅かれ早かれ完成するものです。

ドクターストーンの中では、
主人公の千空がどれだけ時間はかかっても地道に
手順を踏んで、完成までの道のりを歩んでいきました。

しかも完成すると知っているからなのか、
人を見る目やそちらに気を回すほどの余裕がある。

頭がキレる人は何を考えているのか分からないのではなく、
考えていることが多すぎて汲み取り切れないんでしょうねw


しかも薬理凶室は科学的な物事だけでなく、
一番印象に残っているものだと聖書の福音書に徴税者?
あれ、あのN〇Kの税を回収しに来る人の話…

ちゃんと覚えてなくて申し訳ないんですが、
何故そこまでの知識があるのか興味が尽きません。

是非講師になっていただきたい(゚∀゚)


それより当たり前を当たり前だと
断言できる理由は何にあるんでしょう?

当たり前の中にある小さな綻び、
数多の人間から生まれる様々な疑問。

真実を知りたい、真理を見たいという強い好奇心は
時に身を亡ぼすようですが、昔から好奇心は猫をも殺す、
と言いますしあまり首を突っ込まない方がいいのでしょうが…


なんて哲学のような話に変わってしまいましたねw

「科学で、創生以来神の席は留守だ。」

千空のセリフの中で印象深いものですが、
確かにすべてを創造したと言われる神は
科学を前にすると席を外す。

神の御業の模倣、はたまた成り代わり?

まぁそんなわけないんですけどねw
科学のかの字も知らない素人なので、何か知らないけどw


ということで薬理凶室はいいぞ♪ということですw

それでは今回もこのブロマガに出会ってくださってありがとうございます。
皆さん、今宵も良い夢を、明日の貴方に幸運がありますように。

それではまた次回、お会いしましょう!チャオ♪


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事