自転車で出かけよう。

ジャパンカップサイクルロードレースの写真をアップしてみる。

2014/10/20 02:42 投稿

  • タグ:
  • 自転車
  • スポーツ観戦
  • サイクルロードレース
  • 宇都宮
  • ビーマジカル宇都宮
  • ジャパンカップ
どうも。
artsです。

この週末は宇都宮で「ジャパンカップ」という自転車のプロレースが行われていました。
※例によって「ジャパンカップ」という方は「コガワさんの記事」を読んでみてください。

前回の土曜日のクリテリウムに引き続き、今回は日曜日に森林公園周辺で行われたロードレースの写真をアップしてみます。

■現地入り
僕は宇都宮駅から会場まで自転車で。大体30〜45分ぐらいで到着できる距離です。
朝8時過ぎには到着していたのですが、すでに駐輪場にびっしり。
さすがアジア最高峰の自転車レースです。


スタートは10時、出走サインも9時なので、まだこのあたりは閑散としています。



各メーカーのブースには実際に選手が使用した自転車が飾られていたりします。

アレサンドロ・ペタッキ選手が土曜日のクリテリウムで使用した自転車(のはず)


今回のジャパンカップには来ていませんでしたが、ペーター・サガン選手の自転車。


フードコーナーは朝から大盛況。



サクソバンクFX証券のお姉さんは可愛い人ばかりでした(謎。






何かを見つけたらしい廣瀬さん。


急遽「RIDE ON!」の収録が始まってびっくりしました。次回放送分とかなのかな



気づいたらひなっこはペタッキ選手にサインをもらっていました。凄い。


■裏側にまわってみます。
裏技を使って入ってはいけないところに入れていただきました。
※その割には大した写真はありません。

キャノンデールの選手たちが会場に到着したところ。素人の感覚からすると、他のチームも含めてギリギリに到着するのでびっくり。


ダニエル・マーティンがこれからレースで使用する自転車。「no Q」がついていますね。


スカイの選手が使用する「F8」。


山本元喜選手の使用する自転車。


某監督謎も到着。


■レーススタート
毎度おなじみの鶴カントリークラブ鶴CCで観戦するために移動です。

選手たちが走ってくるその前に、オフィシャルカーが来て状況を教えてくれます。
今年はなにやらバッサバッサ配りながら近づいてきます笑。
※この車が来たら速やかに端によって観戦しましょう。乗り出しては行けません。
※毎年ならジェリーベリーが試供品を配りながら来るんですけれどね。



今年はトレーディングカードでした。ありがたく頂戴します。


今年の最初の山岳賞を取った宇都宮ブリッツェンの阿部選手。序盤から果敢に逃げていましたね。アツい。




これはあとの方の周回ですが、このときもきっちり逃げています。



アイゼルが笑っているのは僕の後ろで観戦していた のんのんさん が、コガワさんが作ったオリジナルタオルを降って応援していたので。その後、来たチームカーの方にも声をかけていただきました。オリジナル応援グッズ強し。


新城幸也選手は集団の最後尾に。海外のレースとかでも集団最後尾でみかけますよね。好きなのかな


カレブ・フェアリー選手ガーミン・シャープが一人だけちょっと先行しています。


それについてベルンハルト・アイゼル選手チーム・スカイに話しかけているダニエル・マーティン選手(ガーミン・シャープ。こういうのが目の前で見られるのが醍醐味のような気もします。


■お昼ごはん
本当ならば朝来るときに持参が良いのですが、手に入らなくても先のフードコーナーや、沿道の屋台でも入手できます。
※先にカードを配ってくれたオフィシャルカーが「笑っていいとも」の曲をかけながら走っていて「お昼の時間です」とアナウンスしていたのでお腹が空いたというのは内緒です。


お兄さん、お姉さんたちおすすめのナンカレー400円をチョイス。お姉さんたちに「顔は撮らないの」と言われてたじたじです(笑。



袋の中のナンはこんな感じ。正直、あまり期待していなかったのですが失礼、実際はとても美味しかったです。ごちそうさま。


■観戦再開
古賀志林道や鶴CCのような上りは選手たちのスピードも下がるのでとても観戦しやすいのですが、平地はその速さを体感するという意味でとても面白いのです。
※当然すぐに通過してしまいますが。










■さて終盤です。
最後の周回はそれまでに比べて約半周のコースになるため、鶴CCは通過しません。
なので昨年、土砂降りの中、生放送をした地点は緩やかな上りのところまで移動してきました。
※つまり10.5周みたいな感じなのですが、大体毎年10周の様に勘違いします。恥ずかしい。

一応、まだ逃げは存在しています。


ただすぐ後までメイン集団が近づいています。メインをコントロールしているのはガーミン・シャープ。この直後に逃げが吸収され、レースは振り出しに戻ります。


最終周回(例の半周のやつ)では、新たに古賀志林道でモレノ・モゼール選手のアタックが決まり、そのまま僕の目の前ゴールまで残り2km地点を通過します。



追走集団。





このあと追走集団がモゼール選手を捕らえてスプリントで決着をつけたようです……。


一方、その頃……某嫁とひなっこは……

ゴール前でこんな写真を撮りながら観戦しているとは
なんという
orz
※もちろんこの写真を撮影したのは某嫁です。



【おまけ】
「来年行ってみようかな。」と思った方はぜひラジオを持ってきてください。
AMの栃木放送1530kHzでレースの状況をちょこちょこ流してくれます。
今のところradikoでは聞けないのでラジオ重要です


【おまけ その2】
表彰式もはじっこから見ていました。



中野浩一さんから家電が手渡されています。
※家電って笑。


【おまけ その3】
某嫁が他に撮っていた写真。







凄すぎるぞ
某嫁


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事