ぷるぷるアヒルちゃんのブロマガ

【マイコレブロマガ】PS2 大人向けオススメ選 PART4 あとがき&お礼

2016/06/27 21:17 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • ソフトカタログ
  • サクラ大戦
  • プレイステーション2
  • ドリームキャスト
  • アニメ
  • セガの本気
  • SEGA
  • 広告
  • ゲームレビュー

はろはろ~。ぷるぷるアヒルちゃんです。

毎度ながら時間差の激しいブロマガ更新ですが、
今回も例にたがわず遅れての投稿でございます。


シンプルシリーズ選のあとがき
に関しては・・・・ 後日投稿します。
こちらも併せてすいま千円!


えーと、まず本題に入る前に一つお礼をば。

直近の動画「サクラ大戦シリーズOP集」への広告本当にありがとうございます。
しかも1000Pも。いや~マジで嬉しいです。
いろんな意味で励みになります。ありがとう!大神一郎氏


折角なんで動画についてちょっと書きますと、
今回の動画、実は作成に少し手間が かかってたりします。

というのも、サクラ大戦3のOP2ストーリー途中(7話冒頭)で再生されるOPでして、
収録にあたり初めから 12時間ほどプレイする必要があったんです。

確かに時間はかかりましたが、約15年ぶりのプレイでもサクラ大戦3 ってほんと面白い
ただ、この歳?になると流石に恋愛感情よりも 親の目線て見てしまってアレですね。
おかげでコクリコが常に1位になっちゃってましたし。(笑)

折角なんでこのまま最後までプレイしたいところですが、現在進行中のカタログ動画が 停滞しまくっている状態なので、続きはこちらがひと段落ついたらやろうかな。

おっと、お箸が長くなってしまいました。
それではいつも通り今回のラインナップから


080 サイレン
081 サイレン2
082 サイレントヒル2 最期の詩
083 サイレントヒル3
084 桜坂消防隊
085 サクラ大戦Ⅴ
086 サムライウェスタン
087 侍 完全版 088 侍道2 決闘版
089 3年B組金八先生
090 式神の城Ⅱ
091 史上最強の弟子ケンイチ
092 シャドウオブメモリーズ
093 シャドウオブローマ
094 勝負師伝説哲也
095 新鬼武者
096 真魂斗羅
097 真女神転生Ⅲ
098 スカイオデッセイ
099 スカイガンナー
100 スターウォーズバトルフロント
101 スタントマン イグニッション
102 スパイハンター
103 スパルタン
104 スプリンターセル カオスセオリー
105 スペースフィッシャーメン

いかがだったでしょうか?

正直今回はぱっとしないラインナップだったかもしれません。
有名どころもサイレントヒルと真女神転生くらいですし。

大人向けという趣旨では残虐性の高いソフトが多かったように思います。
侍シリーズ3本、シャドウオブローマ、そしてスパルタンは鮮血描写 がかなりものでしたし、一応スプリンターセルも18禁だったかな。 ただ、スプリンターセルはプレイした感じでは18禁とまでとはいかなかった 気がしますけど。(海外では確かCEROD相当)
まぁ、当時は表現規制の端境期でCEROとそれ以前のが混在してましたしね。

ラインナップでは侍シリーズが時代劇版GTAぽく好きでした。ウェスタン は侍の派生作品で別ゲーですが、3Dアクションとしては爽快感が あり良い出来だと思います。でも侍シリーズファンからは酷評されていたのが残念なところ。 ちなみに、動画で紹介した侍2作は共にベスト盤で調整や追加要素が加わった アッパー仕様となっています。購入されるならベスト盤がお勧めかな。

それと個人的に気になるタイトルとしては桜坂消防隊ですね。
昔ヒューマンから発売されたザ・ファイヤーメンを3D化したような作品 といってしまえばそうなんですが、それにドラマチックなストーリーや 火災現場でのシミュレーション的なチームプレイを要求されるなど 単なる消火ゲーで終わってないのが実に良いです。もちろん3D故の 操作性や視界の悪さはありますが・・・。いづれにしてもアイレムらしい 魅力的なタイトルである事は間違いないと思います。

あ、あと忘れてはならないのはサクラ大戦Ⅴの存在も。
シリーズ最終作にして若干コケた感じがありましたが、出来自体は 決して悪くないです。むしろ良作といっていいです。 ただ、実際プレイしてみると違和感を感じるのは確かで、その大きな理由は キャラクター。主人公が大神一郎でなくなったのもありますが、一番の問題は ヒロイン達の個性がやたら強くてとっつきが悪い事。正直ジェミニ以外はルックス・設定 共に癖がありすぎて個人的にはう~んって感じでした。 正に名作ナンバリングの宿命ともいうべき不遇の良作といったところでしょうね。


最後は恒例のお勧めピックアップ。今回は2本紹介。

まず、1本目のお勧めは「スカイガンナー」です。

PS2初期に発売された3Dシューティング
3Dシューティンング=フライトシューティングというイメージが 強い中、これは純粋に2DSTGを3D化したような作りで、 一言で言うならスカイキッドをうまい具合に3D化しました といった感じです。 それでも多少なりと操作に慣れが必要ですが、グラフィックもアニメ調でやわらかいですし、 ストーリーも王道ながら燃える展開なのでシューティング好きでなくても楽しめる 事間違いないと思います。
今なら中古で3000円前後。少しお高いですが、 それだけの価値は間違いなくあります。

そして、2本目のお勧めは「スペースフィッシャーメン」です。

釣りゲーといえば釣りコンを使った本格志向のものやゲーム内の ミニゲームといったイメージが強いかと思いますが、このスペース フィッシャーメンはより一般ユーザー向けにゲーム性を落とし込み、 万人が楽しめるよう仕様変更しているのが特徴です。 設定も宇宙に住む魚を釣るという一風変わったものですし、釣りも単に釣るだけで なくバトル要素を盛り込むむなどアクション色の強い内容となっています。 操作面も2本のアナログスティックで釣り感覚を再現するなど体感的に プレイできるのでとっつき自体も悪くありません。ただ、難点としては釣りが徐々に作業化していくところでしょうか
今なら中古で1000円前後。釣りゲーファンでなくても是非。

今回はこんなところでしょうか。

全体的に小粒だった感は否めませんが、
毎度ながら 趣味趣向が合えばどれもお勧めです。

それでは今回はこのへんで

おやっとさぁでした。またね!


<追伸>
マイコレ大会PS2編のpart5ですが、サクラ3の件もあって遅れそうです。
投稿は来週末ぐらいになるかもしれません。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事