乾燥Pさんの工房裏話

ニコニコ超会議3 まる投げひろばinニコつく4 出展お疲れ様!

2014/05/02 23:30 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニコニコ超会議3
  • 超会議3
  • ニコつく
  • 作ってみた
  • 日記
先月25・26日に開催された

ニコニコ超会議3

私はそのなかの一角、ニコつく4 in まるなげひろば

にて、サークル出展をしてきました。
今年は昨年と違い「頒布」ではなく「展示オンリー」を選択したので、当日会場ではお声をかけてもらったら 一通り説明してあーだーこーだ言っていました。

今回の展示の目玉は なんと言ってもコレ

未確認戦艦 り陸奥たか


下に映っているのは開催日一週間前に慌てて作った ちっこいり陸奥たか。
遠めにみるとそれっぽく写ってますが、超会議前日にあせって顔を書いたので近くで見ると
ホントに酷い出来でした。


本来なら お隣さんのサークルにでも終わったら差し上げようかと考えてましたがあまりにひどい出来のため、にぎやかし要員で展示するのみにしました。

そのほかの展示物は 


去年、無謀な頒布をして 撃沈してしまった「まるくなるミク・まるくなるネル」

そして右側の あかべこささら と キモ春香

ささらさんと春香さんは、超会議では初展示ですね
(昨年のNT金沢では先行して展示してたので 完全な新作って訳ではないんですけど)

そのほかは



超会議のたびに連れて行っている「たこルカ」と 二年ぶりに再登場の「ハニーリリー(ハリィ)」です。
この2体は今回 吊り下げて展示するという形をとってみました。

どうしてもこういう展示場所だと「机の上」に目線がいってしまいがちなのですが、遠くからは机の上のものをパっと見ることが出来なかったりします。 なので今回はちょっと遠目からでも視線を落とさずに見れるようにと考えて 2m高さぐらいのところに張り子作品を吊り下げてみました。 
ただ、これは今回初めての試みだったこともあり、あまりうまく行かなかった展示方法となってしまいました。 次回、超会議でのニコつく開催があれば要改善の一つです。

とはいいつつ、 今回のメインはあくまで「り陸奥たか」ですので そちらを見てもらえばよろしいわけですので、あまり消沈はしませんでした。

少し前のブロマガで「頭に被れる仕様」にしたと書いたと思いますが、当日も 初日に少しかぶってみたのですが、やはり艤装の磁石接着力が弱く、簡単に外れてしまい危険と判断。
首にも相当な負担がかかることも改めて実感して、今回は机に置いたままの展示とすることに。
でも、途中2.3回 説明している最中にかぶってほしいとのリクエストもあり そのときはイスに座りなるべく頭が揺れないように 慎重にかぶってました。
2日目はちょっと勇気を出して 10分ぐらいかぶってたけど やっぱり目線が気になるのと首への負担がキツかったので即終了でした。

で、意外な人気だったのが 上の画像で紹介した「あかべこささら」と「キモ春香」の2体

1日目展示の途中に 何気なく首が動く仕様になっていることを伝えるために 手持ちのセンスで頭部分を ちょんちょんと叩いて動いているところを見てもらおうとしたら、通る人とおる人「笑顔」になるんですよ。見事なまでに! 

そこでハッと気がつかされて、それ以降は 出来るだけ首が動くようにセンスでバシバシ頭を叩いてましたww。2日通産で100回は叩いていたと思うww

あと、まるくなるミク・ネルの頒布希望の方がそこそこいらっしゃって、去年頒布してたのに今年はないんですか?と数名の方から言われたときは「しまったーー!」と本気で悔やみました。
しかしながら、今年のニコつくの出展料がそりゃぁもうどえらいことになってまして 展示が精一杯でした。
なのでそこは泣く泣く「ごめんなさい」としか言えませんでした。
キモ春香さんをほしがっている方も何名かいらっしゃり、たこルカほしい!といってきた女の子もいたよなぁ。(ただ、たこちゃんに関しては頒布するとしても結構高め設定値段になるのは必須だから、たぶん(´・ω・`)ショボーン ってなっちゃうんだろうなぁ)

去年の頒布の経験をいうと、 超会議に来る年齢層って結構低めな子が多いんですよ。
当然 大人もいっぱい来るんですが、食いつき方に関しては 中、高校生ぐらいの年齢層がすごいんですよ!本当に。 それで目キラキラさせてほしそうな顔してブースまで近づいてきて値段見て (´・ω・`) って顔になり無言で去っていく・・・・・

なんかスッゴイいたたまれない気持ちになって、申し訳ないなーというかせっかくの機会を潰してるなぁと痛感したのが 去年の超会議でありニコつく3の頒布での出来事。

なので今年は「頒布は出来ません、なので写真はご自由に撮ってかまいません。そうしてこの作品を持ち帰ってください!」と連呼してました。
せっかく来てもらったんだから、どんな形であれ、この思い出を持ち帰ってもらえばそれで満足でしたから。本当に。
(本音を言えば作品をじかに手にとって持ち帰ってもらうのが一番なんですが、先にも述べたように頒布出展の値段がベラボーに高くてどうしようもなかったのと、準備時間のあきらかな不足、去年の頒布の大失敗がトラウマになった等々)

途中、差し入れくださった方とかもいたりして、大変ありがたかったです。
某MMDerさんのユンケル。生放送配信で知り合った方からもらったパンとか飲み物。マイクラクラフトで有名な方からの チョコレート差し入れとか もう本当に感謝です。


(これがその マイクラチョコレート画像。中身はチロルチョコでした)
(2日目終了後ホテルで撮影)

1日目終了後モロモロあってホテルに戻って シャワー浴びて寝たら 気分悪くなって起きて
結局モドシチャッテ それでも 出したもの出したらスッキリしてあとは朝方までよく寝ました。
たぶんこのゲロゲロは熱中症の初期症状的なものだなーと判断。
実を言うと、イベントに参加して泊るたびに初日は大体こんな感じで体調崩してるんです。
2日目は水分等十分確保して臨んだので 2日目のホテルでは普通に寝れました。

あの熱気と、今回は 歌ってみたブースがすぐ隣にあったのもあり、色々な熱気でやられてしまったのでしょう。
本当に体調管理だけは気をつけて参加しましょうね!
っていうか、超会議3で熱中症でぶっ倒れたーとかは聞かなかったけど そういうアクシデント系はなかったのかね?12万人も来場してれば多少は体調不良でーって人も少なからずいるとは思うんだけどな~。

まぁそんな感じで色々犠牲にしつつ無事 超会議2日間を乗り切りました。

明日でちょうど超会議開催後1週間となります。早いものですね。
やっと今日(金曜日)に展示物の片付け等々を終わらせました。また日常に戻ります。

来年の超会議の開催すでに決まっているようですが、ニコつくに関してはたぶん年を越して1月あたりにならないと情報が上がってこないんだと思うので、とりあえず週明けから何かあっても困らないように準備を始めるつもりです。




コメント

警備員2号
No.1 (2014/05/07 08:41)
吊り下げ展示悪く無かったですよ、一寸離れた所からでも確認容易でしたからw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事