プラリネ団通信

幻想水滸伝Ⅲ プレイ感想〈4〉

2019/07/26 21:12 投稿

  • タグ:
  • 幻想水滸伝Ⅲ
ゲド編第二章のざっくり感想記事でございます。
ボス戦もなく、バトルらしいバトルも一回(フランツ戦)だったこともあり、あっさりと終わった印象が強い章となりました。



メロンソーダwithアイラちゃん。



なんだか山登ってばっかだった!(山岳地帯に苦言)



フランツ君。
今まで見かけた幻想水滸伝Ⅲの男性キャラで一番イケメン!(暫定一位)
異論は受け付けいたします。
このゲーム、全体的に眉毛が強めな男性キャラ多いよね?



イクちゃん。
派手さはないけれど、とっても可憐でかわいいので好きです。
強い女性陣ばかり見てきたせいか、新鮮に感じます。



私は今まで人生で見た中で一番ださい仮面を見ています。
雑翻訳した文章みたいになってますが、ださいよね。
サイズが顔よりも一回り小さいのも理解できぬ。
思ったよりも立体感が強めなのも気になる。
通気性も悪そうだし、蚊とかが入り込んだらすごい大変そう。
神官将だからって皆さん装着しているわけではないみたいですし、この方が何らかの理由か趣味で装着しているのだと思いますが、その理由が明かされる時は来るのでしょうか。
そしてその理由を聞いた時、私は納得しているんだろうか……?

かの昔、某オンラインゲームで「この装備は見た目がアレだから絶対装備しない!」と主張した私に対し、「いや、性能さえ良ければどんな見た目であれ私は装備するから!」と言い、袂を分かつことになってしまったあの時の友ならば装着しているだろうか……、そんなことをふと考えてしまいました。



乗せてあげなさいよ!!!(憤怒)
ダックを悲しませるものは誰とて許さんぞ!



ソーダに始まり、ソーダに終わる。
そんな第二章でした。
アイラちゃん、最初はそうでもなかったけど今はかなり好きなキャラです。



おっ、炎の英雄(プラリネ)もなかなかのイケメンじゃないの!
これにはプラリネもご満悦! 三└(┐Lε:)┘


続く…?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事