на оранжевой поезде

313系5300番台 豊橋方併結 〜逆組成と代走〜

2020/06/01 17:00 投稿

  • タグ:
  • JR東海
  • 東海道線
  • 313系
  • 愛知県
  • 動画付録
イレギュラーがたくさん

2020.05.30 / 東海道線 / 西小坂井〜豊橋 / 5507F / Z1+Y101→

 大垣車両区での増結解放を考慮し、2両編成の増結は(103Fと3317Fを除き)全て米原・大垣方に統一されている東海道線名古屋地区。
 5月29日(金)。どの列車か不明ですが、豊橋駅にて2両編成を豊橋・浜松方に併結する事態が発生。通称 "逆組成" が走り始め、30日(土)の夜まで続きました。

2020.05.30 / 東海道線 / 三ケ根〜三河塩津 / 5338F / Y101+Z1→

 東海道線名古屋地区の6両編成や8両編成の場合、313系300番台と313系5300番台は(2+2の4両編成を除き)併結部に隠れているので、先頭に立つことは滅多に無い車両です。

2020.05.30 / 東海道線 / 三河三谷〜三河大塚 / 5121F / Z1+Y101→

 長らく米原・大垣方に2両併結という8両編成に見慣れていたので、違和感の塊のような列車。2013年3月ダイヤ改正で現在のようになりましたが、それ以前は定期列車で豊橋・浜松方に2両併結する列車が存在していました。

2020.05.31 / 東海道線 / 幸田駅 / 5118F / G10+Y35+Z5→ 所定311系8両

 逆組成が発生したのとほぼ同じタイミングで、Z5+Y35による311系行路代走がスタート。発生理由は異なりますが、2日間連続で313系5300番台が豊橋方の先頭に立つ列車が出現しました。

2020.05.31 / 東海道線 / 三河塩津駅 / 5351F / Z5+Y35+G10→ 所定311系8両

 性能も仕様も異なる3形式が1つになった、なかなか変な列車です。当日タイミングよくこの代走編成に乗車することができましたが、311系側とY35側の車内電光掲示板は動作していて、Z5側は全く動作していないという謎の現象が起きていました……。

動 画 付 録

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事