ぽぷろぐ

今シーズンのプーケットの様子(コロナ含め) 3/4記事修正

2020/03/03 06:43 投稿

  • タグ:
  • プーケット
  • ゲストハウス
  • タイ
  • 観光
  • コロナ
お久しぶりです。
また更新が空いてしまった。ほんと更新を習慣にしなければ。タイいると怠け癖ついてしまういけないいけない。

さてまず最初に愚痴書きます。
その前にとりあえず写真貼っとくかな。








写真解説。
これは先日シャロンというエリアで飲んでいたときのこと。
シャロンは日本人観光客を見かけることはあまりありませんが、プーケット南部の交通の要であり、また離島やダイビング、フィッシングに向かう船の港もあり、プーケットで最もメジャーなシャロン寺院がある(自分は未だ行ったことがないのですが)地域で白人の姿はけっこう見かけるエリアです。そして彼ら向けのバーもちょこちょことあります。

そうしたバーで飲んでいたのですが(その後ローカルの遊び場を開拓に行ったのですがその話はまた別の機会に)、同じバーに白人の家族もまた飲みに来ておりました。
時間は23時ころ。
もちろんまだ飲めない(であろう)女の子がうろうろちょろちょろしてたので目に入ってきてしまってたのですけども。

彼女がバイクにまたがるのでつい写真を撮ったのですが、そのままその小さな女の子の運転で彼らは帰っていきました。お父さんの補助付きではありますが。
おそらく、というか確実に観光客ではなく近所に住んでいる家族でしょう。まだ若く見えたお母さんは徒歩で帰ったようです。

プーケットというかタイでは中学生くらいの子供がバイクを運転してるのは当たり前のように見かけますけども、これだけ小さな女の子でかつ白人というのは少し驚いたのでうp。
隠し撮りみたいなものだけども。

さて本題の愚痴です。いや本題ではない。

いやーまずいっす。
深刻な不景気です。
もともとゲストハウス始めようって時点ですでに最大の観光客供給源である中国の景気減退は見えておりまたプーケットの物価上昇による観光客離れも予想していたためある程度の覚悟はあったのですが、そこにコロナです。
ハイシーズンにも関わらずほんっとに観光客が少ない。いえ去年の様子を自分は直接的には知らないのですが、新聞等でも不景気不景気と盛んに言っています。
向かいのホテルも先月でクローズ。裏のホテルも少なくとも今の経営者は今月契約の更新をせずに手放すらしい。向かいのフランス人経営のバーも売りに出ています。

自分のところも稼働率がまったく低いままかつ宿泊代の相場が例年よりだいぶ下がっているだめ想定していた半分以下、いや3分の1も利益が出てません。
まずい。
おまけに予約がどんどん減っていき今月の予約は今現在ほとんど入ってない。
まずいまずい。
既存のお客さんにわりと気に入ってもらえて延泊してもらえてるのがわずかな救いですけども。

そのように非常にまずい状況なのですが、一番大きな出費である家賃は先払いしているため現金はまあ手元にありとりあえず現時点での生活には困らないため微妙に危機感が弱くついついのんびりと暮らしてしまってます。
数字を忘れてしまえばなんだかんだ自分基準でわりといい生活。
いや忘れたらいけない。このままでは数カ月後に商売畳んで帰国せねばならないこと確実。
なんとか考えなければ!

以上、愚痴でした聞いてて楽しくないであろう愚痴終了。
本題、現在のプーケットの様子です。

まず写真。でも最近あまり写真撮ってなかったなあ。




プーケットでもっとも観光客で賑わうバングラ通り、そこにあるクラブ・・・と言えるのかどうか。イリュージョンなどとは異なるタイスタイルのクラブ・ライブバーです。
名前はROA。
客層もほとんどタイ人です。
これは3週間ほど前くらいかな。
バングラで飲んだのはこのときがたぶん最後だったかなあ。3週間バングラ行ってないのは初めてかもしれない。

3時過ぎくらいから盛り上がるクラブです。クラブと言うか・・・まあ。
一人で出かけたのですが知り合い(バングラのとあるバーのレジの子・・というかトムボーイ)がいて彼女らのグループと合流しました。たぶんみんなバングラの飲み屋で働いてる子らですね。

やや少し前の様子ですが、このように観光客が大きく減ってると言えどもこうした店はけっこう賑わっています
例年のハイシーズンはもっともっと混雑状態なのかもしれませんが、ある意味混みすぎず適度な状態とも言えるかもしれません。

バングラの通り自体も、おそらくハイシーズンとしてはかなり人が少ないのでしょうが、それを知らなければ十分賑わってると感じる人混みかと思います。不夜城は健在です。
バングラのクラブも最後に行ったのは少し前となりますが、例年との比較を抜きにすれば十分以上に人が入ってます。
しかしゴーゴーバーなど女の子のいるようなバーはけっこう深刻に人が少ないようです。あまりその手の店に行っていないので実感としてはよくわかりませんが、そのように聞きます。

気候のいいハイシーズン。
しかし宿泊料金は(ホテルにもよるでしょうが)例年よりかなり安い。
そして人も少なめ、かつ繁華街は十分賑わいを保っている。

という状況ですので観光客にとっては最高とさえ言えると思います。
コロナに目を瞑れば。


そうコロナですね。
それについて触れる前にまた写真。






こちらはパトンではなくプーケットタウン、バンコクホスピタルの裏手にある山というか丘(なんと呼ばれてるかは知らない)から日没直後の写真。
ビューポイントとなっており、またいくつかバー・レストランがあります。
ついでに観光客向けとはちょっと言い難いですが、タウンのバンコクホスピタルの裏手はちょっとハイソな感じのバー・レストランがいくつか並んでおり、やや大げさに言えばバンコクにおけるトンローのような雰囲気を持っています。気がします。

また私のホテルの裏手の山もパトンの街とビーチを見下ろすことができるビューポイントで、やはりいくつかのバー・レストランが並んでます。
ただし距離ではうちから近いのですが、道はかなりまわって登ってくので歩いていこうとすると厳しいものがありますが。

なんでしたっけ。
あ、コロナ。

タイにおける感染者数は今は40人超えたのかな?プーケットにおいては今のところ疑いのあった者はいましたが感染確認はされていません。
が、つい先日プーケット空港にて外国人(ヨーロッパ人)の感染者が確認され隔離された?ようです。出国時ではなくシンガポールから来ての入国時です。

いや今そのニュース再度確認したらそれも症状からの疑いであって感染確認されたわけではないようだ。

とはいえ実際のところはプーケットにも感染者はそこそこいるんじゃないかなあとは思ってます。タイですし、シンガポールのようにがっつり対策してるわけではないですし。

人心については一時期やや警戒してる様子が見られたもののそれも落ち着き、もちろんまったく無警戒というわけではありませんが少なくとも表面上は概ね平常のように見受けられます。
空港を除けばマスクをしている人は現地人、観光客ともにほとんど見られません。
一部、おそらく中国人観光客がしているのが目立つ程度かな。

マスクしてるほうが浮きますし変に警戒されて不愉快な目に会いかねないんじゃないかとすら思えます。
特定の場所(主に屋内で人の多く集まってる場所)でもなければマスクに予防効果はないとする見解がタイなどでは主流のようです。
アメリカCDCも非感染者のマスクは非推奨だったはずです。

あ、そうか。マスクが入手しやすいか手に入らないかについては、ごめんなさい!わかりません!まったく気にしてなかった見てない。

メディア上はともかく、住んでる人はコロナそのものの話題よりも圧倒的に不景気の話題が口にのぼります。
うちのお客さんなど観光客からもコロナの話題を振られたことはほとんどないですね。そしてだいたいみんなほとんど毎日飲みに出かけてます。

買い溜めなどによる物不足も生じてません。

日本人(日本から)の渡航については空港で検査があるはずですが、簡単な体温検査などのみのようです。
一応、政府からは日本からの人間は2週間ほど外出を控えるようにとの指示が出ているはずですが、強制力を伴っていないため普通に観光ができる状態です。と思います。
ただし、病院への入院は拒否される(2週間待機確認後に許可される?)模様です。簡単な診察程度の場合はすみません確認してません。
それも拒否される可能性はありそうですが、そのへんの小さなクリニックならたぶん大丈夫。たぶん。きっと。

日本の状況の進展によっては日本からの渡航者についての対応はまたもしかしたら変わるかもしれませんが、どうだろう。経済へのダメージがすでに深刻なのでそっちを重視しそうでもある。つまり観光客の締め出しはできるだけしたがらないんじゃないかなあ。
でも今は軍事政権で変なところで潔癖さを出したりするからなあ。

素人判断で安易に言うべきではないとも思うのですが、個人的にはコロナそのものには健康な成年であればそこまで危険視するようなものではないと考えています。
もちろん高齢者などの場合はその限りではないでしょうけども。
種類のまったく異なるものを単純比較するのもなんですが、数字的に見ればプーケットにおいてコロナよりも圧倒的に交通事故のほうが危険ですし気をつけるべきでしょう。

というわけで、コロナについての判断を保留するなら今プーケットがお得!
空港など道中を除けばおそらく日本よりは安心!
ぜひぜひいらしてください。

とはいえ万が一なにかあったときに日本より海外ではなにかと困ることになるでしょうし、やっぱりあまり勧められないか。
はあ。

この数ヶ月、なにごともなくいろいろあったのでネタには困らないのでそれらを今度こそちょくちょく更新していきたい所存。
ではでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事