ポケリーマンのブログ『こうかは いまひとつの ようだ』

ポケリーマンの新企画について考える

2016/01/31 23:26 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
美味しそうな響きの調味料四天王
「発酵バター」
「焦がし醤油」
「熟成味噌」
とあともう一つが考えても考えても出て来ない
焼鳥はタレ派、の子供舌なべキムチです。
あまじょっぱい食べ物が好きです。
ちなみにきのこの山派です。
塩派を敵に回すつもりは毛頭ございませんが
塩派の皆様の中にはほんのわずかに
『素材の味引き出してる系のあたい、いけてる』
的なスパイスが4振ぐらいされてるんでは
ないかと少し穿ってしまうんですね。
素材によってタレ塩使い分けられる
違いの判る大人になりたいものです。


後々振り返った際にブログ内容から当時のトレンドを
窺い知ることができるように少しだけ記載しておくと
前回なべキムチがブログを更新して以来
あおばさんによる
レート2000達成を報告する会心の記事があったことはもちろん
(こういう記事が書ける日がいつか来て欲しいものです)
某バンドの某カルと某ッキーによるシングルバトルや
(ん?嫁も入れたらトリプルバトル?そもそもこの例え上手くなくない?)
某アイドルグループとその所属事務所によるマルチバトルなど
(あ!この例え上手くない!)
暖冬どころか燃冬と呼んでも差し支えないような
燃え盛る1月だったことは
興味関心度合いの差こそあれ
日本国民が感じていたことではあるかと思いますが
そのような炎を“オーバーヒート”だとするのであれば
なべキムチとあおばの間では“ひのこ”のような
熱い新企画の火が灯っておったのでございます。



今回のブログはそんなお話。



前回
『2016年はナッシーで行く』
的な宣言をしておいてまたいきなり何だ
という話なのですが
ナッシーはもちろん増やします。
愛・地球博ができるぐらいたくさん育てます。
キャラ的に言えば
ユキノオーのほうが適任な気もしますが
いやまてよ、タイプ違うけどヤブクロンとかも...
そんなことはどうでもいいや。
なんだっけ。そう。
そういったベッキーがナッシーに改名して再起を図るという
個人的な目標の話ではなく
ポケリーマンとして
“2016年をどうしていくか”ということです。



《余談コーナー》
“括弧”
『括弧』
「括弧」
の使い分けを上手くなりたいなぁ。



我々ポケリーマンの活動ですが
まだ1年には満たないものの
片手で数えられるぐらいの
ご理解のある素敵なファンの方に支えられ
コツコツとブログ更新を続けており
記事数は開始1年を待たずして
50に到達しそうな勢いとなっております。
多いのか少ないのかよくわかりませんが。


もちろんこのブログTHE駄文活動は継続するとして
そろそろ活動の幅を拡げてもいいかなぁなんて
思っていたそんな折
ポケリーマン株主総会の招集令状が
社内メールで舞い込んだのであります。
LINEだとやりとりを公開されてしまう可能性があるのでね。


以下
ポケリーマンの未来を考える
一大株主総会内のやりとりの一部始終を
センテンススプリング経由で入手致しましたので
この記事内だけで公開させて頂きます。


ポケリーマンの未来を考える株主総会
@サイゼリヤ
参加者:あおば、なべキムチ(全株主出席)


あおば(以下ゲス)
「このままでいいと思ってるんか、ワレ」

なべキムチ(以下乙女)
「え?なんのことでしょうか?」

ゲス
「記事。大丈夫か。お前の。」

乙女
「え?なんのことでしょうか?」

ゲス
「俺の抜け目のない構築記事に比べて
 お前のだらしない内容の記事は何なんだ
 と聞いている。」

乙女
「すみません。ごめんナッシー。」

ゲス
「そゆとこ。マジそゆとこ。」

乙女
「ありがとうございます。」

ゲス
「あとで便所来て。ガルーラでボコるわ。」
「今はそんな話しに来たんじゃないんでね。」

乙女
「よろしくお願いします。長くなる系ですか?」

ゲス
「端的に言う。」

乙女
「ありがとうございます。」

ゲス
「弱いなら、方向性変えて。」

乙女
「Pardon?」

ゲス
「オレ、ツヨイ、キジ、タメナル。
 オマエ、ヨワイ、キジ、ゴミ。」

乙女
「グはぁッ!(吐血)」

ゲス
「ほぅ。水月を突いたにも関わらず
 まだ立っているとはな・・・」

乙女
「こ、今年こそは…今年こそはナッシーで
 強くなります!それまで待って頂けませんでしょうか?」

ゲス
「卒論は・・・書くのか?」

乙女
「ちゃんと書くから待ってて欲しいな。」

ゲス
「大丈夫だよ!待ってる!
 卒論できたら、いっぱいワガママ
 聞いてもらおうっとー!笑」

乙女
「でも、あおばさんの言う通りなんです。」
「知ってるんです、僕、
 自分が“ポケリーマンの弱いほう”って言われてるの。」

ゲス
「そこまでは2人ともメジャーじゃないよね。」

乙女
「うん。ですです。」

ゲス
「カラー出してこうよ。
 強さを追い求めるオレに対し
 なべキムチのカラーを。」

乙女
「ナンバー1にならなくてもいいから
 オンリー1になれってことですね。」

ゲス
「枯れて。」

乙女
「失礼しました。」

ゲス
「で、具体的にどうするの?」

乙女
「文字で伝えられない感情を、カタチにしたい。」

ゲス
「既に伝わってない。どゆこと?」

乙女
「声は電波にノッテ〜♪あなたの街に〜♪」
「あたしの想いを届けに♪旅にでる♪」

ゲス
「RADIO。ジュディマリ。」

乙女
「いやよくわかったね。」

ゲス
「まさか、ニコ生とかじゃなく、
 ラジオやるわけじゃねいよね?」

乙女
「その“まさか”です。」

ゲス
「え?誰がしゃべるの?」

乙女
「あたいです。」

ゲス
「だけ?」

乙女
「都度、大物ゲスト呼びます。」

ゲス
「え?僕?」

乙女
「“ゲス”じゃなくて“ゲスト”です。」

ゲス
「え?どんな番組なの?」

乙女
「これから考えます。」

ゲス
「タイトルは?」

乙女
「『いつかこの鯉を思い出してきっと泣いてしまう』です。」

ゲス
「ギャラドスの話なんだね・・・うん。やめて。」

乙女
「『こうかは いまひとつのようだ』使っていいですか?」

ゲス
「ダメって言ったら?」

乙女
「あおばさんのボックスにコイキング放流します。」

ゲス
「許可する。」



というわけで
早いもので
本年も1ヶ月が経とうとしておりますが
2016年のポケリーマンは
ブログに加え
完全手弁当制作によるラジオ番組を不定期で配信致します。


おそらく次回のわたくしなべキムチのブログ更新回では
初回放送をお届けさせて頂きますので
皆様ちょっと高級なイヤホン等をご購入の上
その時をお待ち頂けますと幸いです。


ちなみに番組企画はこれから0から考えます。


そして


記念すべき
第1回目のゲスト!


こちらを発表させて頂ければと思います。


ここ重要ですよ。


あらゆる番組がそうであるように
第1回というのは真価を問われるものです。


そこでわたくしも
自分の持っているコネを総動員して

“あの方”
をキャスティングすることに成功しました。



今はきっとお仕事も減ってしまっていることでしょう。
出演していたCMもことごとく
終了になってきていると聞いております。


そう


ポケリーマンのラジオ番組
『こうかは いまひとつのようだ』



第1回目のゲストは



b






ベッ



ベッ


ベッk


ベッき





ベッあおばさん!!








あおばさん!!!





わ〜なんて内輪〜!!!
展開読めた〜!!!!



期待は乞いません。
温かく見守って頂けますと幸いです。


その次のゲストはブラウザの前のあなたですよ!
読者少ないからね!!



【シリーズ:ポケリーマン語録】
No.45 『しんかのきせき』
[意味] 先輩社員が残してくれた業務フォーマット
[文例] 「しんかのきせきのお陰で、無茶振りされた資料作り結構早く終わった...」
[解説] 由来は進化前のポケモンに持たせることによって防御と特防のステータスが
   それぞれ1.5倍になるという恩恵を受けられる道具の名前から。
   会社内のチームには
   それぞれに“財産”として脈々と受け継がれる業務効率化のための
   フォーマットやフレーム、資料の形式なんかが意外とあるもの。
   (既に計算式の入ったエクセルだったり、中身を書き換えれば済むパワポだったり)
   新人やその業務に慣れない人の場合、作成を頼まれた資料等に関して
   何をどう作っていったらいいのか良くわからない場合が多々あります。
   そんな時にはしんかのきせきを使って“それっぽく”作り上げることで
   自分の疲弊や被弾から身を守ることができることが結構あったり。
   ただ、くれぐれも過信しすぎて“はたき落とされる”ことの無きよう・・・





コメント

肩甲骨
No.1 (2016/03/13 23:11)
なべキムチさん

お疲れ様です。
「明太マヨネーズ」が好きです。

おはすたのアイドルとして僕らに夢を与えてくれていたベッキーがあんなことになってしまうとは...いやぁ、夢は広がるばかりですなぁ!(ゲス顔

初手ダウンロードから業務の始まる小職の持ち物はしんかのきせき一択と言って何ら過言はございません。ランドロス部長にはたき落とされ、ガルーラ取締役にグロパンされながら社畜の日々を送っております。同じ部署にクチートのような可愛い社員が一切いないのが納得いきません。

イヤホンは新調しておきました。しょこたんや某ッキーがゲストの回には私も読んでください。

肩甲骨
ポケリーマン (著者)
No.2 (2016/03/15 16:32)
肩甲骨先生

これはこれは。
昨年のアメトーーク大賞を受賞した渡部御大の「明太マヨ」ですね。
「にんにくバター」も間違いございませんね。
そのうちパッケージに写真入りのスナック菓子が出たりするのでしょうかね。

おっしゃる通り、内からも外からもとりあえずはたき落とされるリスクがあるので
使いどころを間違えたりあっさり見抜かれると自分のショボさを露呈してしまうこともしばしばです。
肩甲骨先生の相方探しが上手くいくことを願いつつ
そのあたりの進捗は我々のRADIOで語って頂くといたしましょう。

お待たせして申し訳ございません。もうすぐです。
文字通り肩を温めてお待ちください。

なべキムチ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事