ポケリーマンのブログ『こうかは いまひとつの ようだ』

ポケモン以外に好きなゲーム・漫画(漫画篇)

2015/11/22 18:49 投稿

  • タグ:
  • ダイの大冒険
  • クロサギ
  • ライアーゲーム
  • ワンピース
  • 進撃の巨人
  • H2
  • デスノート
  • ポケモン
  • ポケットモンスター
  • クロスゲーム

あおばです。

昨シーズンのレートについては、
次回か次々回に構築記事を書きますので、
その時にご報告させていただきます。

しかし、レート強者の皆さんは、
パーティ構築記事の公開も早いですよね。
Twitterではシーズン終了と同時に、
構築記事公開ラッシュとなっていました。

強い人は仕事も速い、と。φ(..)メモメモ


さてさて今回は、前回の続きで、
「ポケモン以外に好きなゲーム・漫画」の
【漫画篇】をお送りしたいと思います。

色々あるんですが、特に好きなやつを!

■ダイの大冒険(三条陸&稲田浩司)
集英社・全37巻/文庫版あり



・ゲーム「ドラゴンクエスト」のスピンオフ漫画。
・勇者ダイが親友ポップと共に強敵に立ち向かい成長する話。
・もうこれは漫画のなかで群を抜いて一番好き。
・絵のトーン、キャラ設定も、シナリオも、セリフも全部よい。
・好きなキャラは絞り切れない。選ぶとしたら、勇者ダイ。
・ポップ、アバン、ヒュンケル、ラーハルト、バランも好き。
・ダイの大冒険の素晴らしさについては今度特集しますが、
 ポップが賢者へとメガシンカするこの場面は結構好きです。


[シーン解説]
 これはみんなで大魔王との最終決戦に向かうシーンで、
 この時点でポップの技術はかなりのレベルだったんですが、
 他人からどう思われるかとか、他人と比べて自分はどうだとか、
 自分に自信がないがゆえに、戦闘に集中する上で本質的
 とは言えないことにクヨクヨする、という精神の弱さがありました。
 ですが、ポップのことを好きな少女が、自分の命を懸けてポップ
 を守り、更に想いを伝えるという勇気を見せてくれたんですね。
 ポップは彼女の雄姿を見て、また死にそうな彼女を救いたくて、
 自分の底力を解放することが遂にできたのです。
 ポップの心の弱さを何十巻にも渡って見せられていた読者には、
 一番待ち望んでいた彼の成長だったと言えるでしょう。

ふぅ・・・、今度ダイの大冒険だけで書きますね。


■デスノート(大場つぐみ&小畑健)
集英社・全12巻/文庫版あり

・ふと手にした殺人ツールで世の粛清を進めるエリート高校生と、
 彼を捕まえようとする天才探偵を中心とする勢力の知能戦。
・初めて読んだとき、なんてセリフの多い漫画なんだ!と思った。
・設定がありそうでなかった感じ。どんどん引き込まれていく。
・本当に頭の良い人は、目の前にある情報を吸収(=勉強)
 したり、組み合わせたりする(=論理構築)だけでなく、
 ほとんど何も分からない中で仮説を立て、検証し、仮説の上に
 さらに仮説を立てて推論を展開できる人なのだ、と思い知った。
・「有能なんだけど強い影のある主人公」が個人的に好き。
 (その意味では、後述のクロサギとライアーゲームも好き)


■H2(あだち充)
小学館・全34巻/文庫版あり


・ラブコメディの要素満載の野球マンガ(あだち充のお家芸)
・主人公は天才ピッチャーで、ヒロインと幼馴染。ライバルは
 天才的バッターで他校のライバルなんだけど、ヒロインの彼氏。
 という、いかにもなムズムズする設定に読者が振り回される。
・風景画、漫画家の映り込み、お色気シーンが突然登場する。
 なんというか、作者のマイペースっぷりにほっこりと落ち着く。
欲しいものあったらズルしちゃうよね、たまには逃げちゃうよね、
 なかなかホンネを言えないよね、という人間の弱さを肯定して
 くれている感じがする漫画。好感の持てるダメ人間が多い。
・甲子園周辺の「H2関連スポット」めぐりをしたこともある。


■その他
他にも色々あるんですけれど、特に好きなものを一行ずつで。

<わりと古いもの>
*あしたのジョー:主人公フルボッコシーンが多すぎる漫画。

*巨人の星:頑張ってるんだからそろそろ報われてよ、の連続。

*ブラックジャック:名言多数。人生の教科書。アッチョンブリケ。

*七色いんこ:上記の舞台役者版的な。人生の教科書2。5巻だけ。

*ササキ様に願いを:ベイスターズファンは必見。コミカル。

<わりと新しいもの>
*クロサギ:頭が良くて強い影のある主人公2。詐欺師。

*ライアーゲーム:頭が良くて強い影のある主人公3。元詐欺師。

*ワンピース:ゾロとヒュンケルを重ねて応援してしまう

*クロスゲーム:あだち充の定番野球系。野球女子最高。

*進撃の巨人:最近はもっぱらコレ。ミカサ最高。


以上、漫画篇でした。

共通して好きなキャラクターが見えてきました。

①頭が良くて強い影のある主人公。
⇒デスノート、クロサギ、ライアーゲーム。

②孤高の求道者的なサブキャラ。
⇒ヒュンケル、ラーハルト、ゾロ。

③男性顔負けの強くて優秀な女性。
⇒あおば(クロスゲーム)、ミカサ(進撃の巨人)。
※ポケリーマンのあおばもクロスゲーム由来

みなさんはどんなキャラクターが好きでしょうか。

ダイの大冒険は通算20回以上は読破していますが、
最近読んでいないのでまた精読して名場面紹介します。
ぜひ皆さんに読んで欲しい!ぜったいに!

ブログはこんな感じで好きなものを時には発信して、
皆さんとの会話のきっかけにしていけたらと思ってます。

お気軽にコメントくださいね~


【シリーズ:ポケリーマン語録】
No.42 『3タテ』
[意味] 複数出てきたお客さんを、一人で論破すること
[文例] 「ピンチだったけど先輩が3タテしてくれたわw」
[解説] 主に3vs3のポケモンバトルで、1匹のポケモン
  が相手の3匹をバッタバッタと倒していって勝利すること
  を3タテといいます。大抵、つるぎのまいやりゅうのまい、
  あるいは瞑想などをつかって(=積んで)、1匹の
  ポケモンを強力に仕上げてから、満を持して攻撃を
  繰り出して相手に何もさせずなぎ倒していくような、
  そういうシーンが多いですね。
  現実世界でも、相手が何人でてきても、こちらの1人
  が刺さっていれば、みんなその人の言うことを信じる、
  というようなシーンがあるかと思います。実力があって、
  相手に信頼されていて、かつちょっと怖がられている
  ような先輩が、鋭いことを言ったらみんな納得してった、
  みたいな時、上の人ってすごいなぁと思いますよね。
  自分もいつか相手を3タテできるような人材に
  ならなければ・・・(ぐうたらポケモンいじりながら)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事