ポケリーマンのブログ『こうかは いまひとつの ようだ』

ポケモン以外に好きなゲーム・漫画(ゲーム篇)

2015/10/27 14:47 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケリーマン
  • ポケットモンスター
  • テトリス
  • パワプロ
  • マリオカート
  • みんなのGOLF
  • 遊戯王
  • ずっと俺のターン
  • ガチゴラス
あおばです。

珍しくもシーズンの途中に晒しますが、
ポケモンのシングルレートは1700~1800あたりで
わりと長いことくすぶっていおります。

私の場合、サブROMを持っておらず、
試運転をせずにぶっつけ本番で挑みますが、
1700~1800あたりをウロウロする頃には
ようやくパーティの動かし方を理解します。

なので、気分は「これから!」なんですが、
いまいち勢いに乗れずもがいておりまして。

ひーん、誰かタスケテー (´・ω・`)

そんな頃ですね、先日、なべキムチ君や
共通のポケモン友達とタイプ統一バトルを
やったりしていたんですが、その結果も
ひじょーに微妙な成績となりまして・・・

ザ・スランプ!!

まぁ、そのあたりは岩統一の大家である
なべキムチ先生の記事をお待ちください。
(予告:ガチゴラスは許さない・・・・)


で、こういうもやもやと結果の出ないときは、
少しポケモンから離れてみようということで、
今日は好きなゲームと漫画の話をします。


ええと、一つだけ事前に断っておきますと、

ポケモンについて色々語っている私ですが、
ゲームや漫画全般には非常に疎い人間です。

元々、野球を中心とするスポーツバカでして、
ドラゴンボールもスラムダンクもジョジョも、
学生時代には全く読んだことがありませんでした。
その他のマイナーなゲームや漫画も知りません。

その一方で、これは好きだ!と思った作品は、
結構繰り返しプレイしたり読んだりしましたので、
そのあたりのシュミがたまたま皆さんと合ったら
嬉しいなぁ、という期待を込めて書きますね。


今回は、まずゲームから。

■パワプロクンポケット(ゲームボーイカラー)
発売:1999年


・底辺高校に通う主人公を野球選手として育成するゲーム。
・中学野球部に入りつつ、家ではパワポケをやりまくってた。
・育成難易度が低く、全ステータスがAクラスの超強い選手
 を量産してコンピューターをボコボコにする日々だった。

■スーパーマリオカート(スーパーファミコン)
発売:1992年


・マリオとその周辺キャラがカートレースをするゲーム。
・幼稚園の時、お金持ちのお友達の家でやらせてもらった。
・むちゃくちゃやり込んでドリフトやコース取りを極め、
 一番最初のサーキットと最後のレインボーロードの
 タイムアタックは、雑誌の読者記録と同水準をマーク。

■みんなのGOLF3(プレイステーション2)
発売:2001年


・リアルなのかありえないのか良く分からないゴルフゲーム。
・高校時代に部活の先輩宅で先輩そっちのけで大ハマりした。
 購入後、やり込んで「みんごる神」という最高段位を取得。
・オトナになって、実際のゴルフもこの感じでやればよくね?
 と思ってホールに出たけど全然上手くいかずに現実の難しさ
 を知った。バックスピンかけてチップインとか無理だわ。

■テトリス/テトリスDS(ゲームボーイ/ニンテンドーDS)
発売:1984年/2006年


・落下ブロックを回転・移動させ、4行イッキに消すゲーム。
・そもそも父がハマっていたので、その影響で夢中になった。
・ゲームボーイ時代は操作性が悪く、考えにブロックの動きが
 ついてこないという事態が起きたが、DS版ではそれが逆転。
 操作性が高まった分、思考作業の速さ・判断力が鍵になった。
・基本的にはそこらへんの人には負けません。


ゲーム篇は、こんな感じですかね。
ドラクエとかFFとかもそれなりにやっているんですが、
特に好きなものにはスポーツとパズルが多いですかね。

特にテトリスには思い入れがあって、
幼少期から家庭で触れて慣れ親しんでいるというのもあるけど、
実はポケモンを始める前になべキムチ君とも対戦をしていて。

その時、自分の得意ゲームで試合を申し込んで、なべキムチ君を
フルボッコにするという自分のズルさに申し訳なくなったので、
なべキムチ君がやっているポケモンというゲームにも挑戦しよう
と思い立って、はじめたのでした。

つまり、テトリスがなければポケモンもやらなかったので、
テトリスと、相方のなべキムチ君には感謝しているのです。

コンビ愛!泣ける!


・・・・・ポケモンだけじゃなくて記事もスランプだわ。


【シリーズ:ポケリーマン語録】
No.40 『ずっと俺のターン』
[意味] 一方的に主張や攻撃をし続けて相手を黙らせること
[文例] 「後輩への指導は、基本的にずっと俺のターン
[解説] 元々は、遊戯王というカードゲームを題材にした
  アニメが由来の言葉ですね。そのカードゲームでは、
  本来交互に自分と相手が攻防を繰り返して、自分の
  ターンがやってきたときに「俺のターン!」と勇んで
  相手に攻撃を繰り出していくのが定番のシーンだった
  わけですけれども、「俺のターン!」がずっと続いて
  「ずっと俺のターン!!」になっているという状態が、
  ズルさや切なさを含んでちょっと滑稽にみんなの目に
  映ったのでしょうね。ずっと攻撃して相手をタコ殴り
  するというのはズルいけどなんか面白い行為なのです。
  それがポケモンにもやってきて、てんめぐキッスの
  エアスラなど、7割弱の確率で相手が動けないコンボ
  などを指して使うようになりました。
  現実世界ではもちろん、特に目下の人に反論を許さず
  言いたいことを言い続けて怯ませることを指しますが、
  対処としては先制攻撃をしかけてひるむ前にアタック
  してしまうのが良いでしょうね。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事