ポケリーマンのブログ『こうかは いまひとつの ようだ』

【ポケモンORAS】岩統一パーティについて考える

2015/10/17 02:50 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • サイゼリヤ
  • ポケモン
  • ORAS
  • 統一
  • 恐竜
  • タートルズ
  • スカイスキン
  • 恐竜惑星
  • モンブラン
空けましておめでとうございます。
もとい
空けまして大変申し訳ございません。
有益でないほうのブログを書くことでお馴染みの
ポケリーマンなべキムチです。

サイゼリヤの
「サラミとパンチェッタのピザ」
(399円・税込)
こいつを99円増しで
Wチーズにして食べてみてください。
口の中にチーズの洪水が流れ込み
それはそれは
とてつもない幸福感に襲われます。
こいつがテーブルに運ばれるや否や
わたくしはグランドクロスを唱え
4枚に切り分け
2枚をそのまま、残り2枚を
卓上にある唐辛子フレークをたっぷり振りかけて食べます。
週2でやってます。
タートルズ入りも近いと思われます。
ブログを更新するスピードに関しては
亀的センス抜群ですので。
うん。
このくだり、要りました?
すみません、
100年後に書籍化される際には
まるっとカットさせて頂きます。


さて
前回のわたくしのブログ。
レートシーズン12参入に際し
タイプ統一パで臨むことを宣言、
あみだくじという神様の綾取りによって
誰もがうらやむ岩タイプを引き当てたわけですが
いかんせんこいつがタイプ名に反して
一枚岩とはいかず
日々構築に四苦八苦しているところでございます。


今週末に
あおばさんと会い
わたくしの岩統一パ
あおばさんの氷統一パ
一戦交えようという
キマワリの約束をしておりますので
そこまでに固めたい次第でございます。


わかってます


単純なタイプ相性では
わたくしのほうが有利なことぐらい。
むしろ
負ければ只々恥。
タケシパイセンに尻を差し出さなければなりません。
ただ、そこは青葉シゲル。
圧倒的な予測と研究で
キグナス氷河も真っ青な
ダイヤモンドダストを発生させ
その中で再び氷の中に閉じ込められる
なべキムチの恐竜パーティの未来が見えます。
試合結果についてはまた
(勝ったら)ご報告させて頂きます。


本日はそのパーティ構築における思い巡らしを切り出し。

まず岩タイプと聞いて
軽く落ち込んだ後
気を取り直しどんなポケモンがいるのか考えてみました。
当然色々とポケモンが浮かびましたが
改めてポケモン攻略サイトで岩タイプでソートしてみると



あぁ
そういうことですか



なるほど。



恐竜王国なのね。
ここは。



いわゆる“化石ポケモン“ってやつぁ
(そんな使ってきませんでしたすみません)
全員なべキムチの駒になり得る、と。

こいつは

ロマン。


そう



(結構誰でも一度は考えそうな)
恐竜パーティ!


メニュー画面で6匹のアイコンが出たときに
画面に収まり切らないんじゃないかという気さえする


恐竜パーティ!


タイプ統一パの中で
さらに縛りを設けることができるのなんて
岩タイプぐらいではないでしょうか。

やばい。
だんだん好きになってきました岩タイプ。

ただ
ここに来て迷うのが

そうなんです。
思ってたよりいるんです。



化石組。



初代からの貝や甲羅に始まり
(まぁ“恐竜”で組むならこいつら除外ですが)
植物や虫
(まぁ“恐竜”で組むならこいつらも除外ですが)
そして亀。
(ピザが食べたくなってきました)

まぁこれらのようなジュラ紀白亜紀感が弱いやつらは
化石のままにさせて頂いて
やっぱダイナソー感出していくならこうでなくちゃ。


 プテラさん


 トリデプスさん

   


 ラムパルドさん

   


 アーケオス
 


 ガチゴラスさん

  


 アマルルガさん




・・・正直かっこいいです。
アーケオス以外。飛び方。飛び方に尽きます。
辛うじてメガ枠も確保。
欲を言えばわたくしが好きな
ステゴサウルスモチーフが
ポケモンで居てくれれば
始祖鳥ならぬクソ鳥アーケオスの枠に差し替えたいところです。
あとは若干トリケラファンから刺されそうな
盾のアイツ。。。まぁ良しとしましょう。


しっかし
それを言ってしまってはおしまいですが
受けに関してのロマンの無さはすさまじいですね。
いや、一周回ってこういうのをロマンと呼ぶのかもしれません。
ロマンロマン書いてたら
モンブランが食べたくなってきました。
秋ですからね。


改めて受け。
2倍4倍一貫のオンパレード
ガチゴラス以外水が抜群で入るという耐水性の無さ。
岩タイプなのに岩を抜群でもらう愛くるしい輩が3匹。
このクセも含めてきっといとおしく感じるようになるのでしょう。



頑張ります!



さ~て、次回のなべキムチのブロマガは

・あおばとの しょうぶに まけた
・ママそれ恐竜じゃないです、怪獣です~
・恐竜惑星とアッケラ缶



の3本です。
来週もまた見てくださいね!



ジャンケン・ポン!!!!










グフフフフ。





【シリーズ:ポケリーマン語録】
No.39 『スカイスキン』
[意味] 何を言ってもやっても上から目線な感じになってしまう人
[文例]「何であいつ後輩のクセにあんな上から目線なの・・・」
   「スカイスキン持ちだからね、気にすんな」
[解説] 由来は、ノーマルタイプの技が飛行タイプになり、
   技の威力も上がる特性「スカイスキン」から。
   前回のフリーズスキンに続き、スキンシリーズ第2弾。
   いますよね。
   先輩後輩に限らず、誰に対しても上から目線で語っちゃう人。
   凍るような言葉や恐い人の雷で
   抜群をとって思い知らせてやらないといけないかもしれません。
   フェアリースキンは、、、書きません。


コメント

肩甲骨
No.1 (2015/12/20 22:28)
なべキムチさん

いつも楽しく読ませて頂いております。

年末の忙しさにかまけてご挨拶(コメント)が遅れて申し訳ありません。
さて、重ねての謝罪ですが今回のコメント、乱雑なネタ拾いでご勘弁頂きたいのです。いえ、拾いたいネタ多すぎてね?私の文才では文章にできんのです...それでは以下失礼します。
・ピザ:俺は一枚丸ごと二つ折りでガブリさ。因みにミュータント○ートルズ観ました。楽しかったです!
・青葉シゲル:あの方、リメイク版で出番ありましたでしょうか?ポケリーマンあおばさんとは先日お会いさせて頂きました。フレ戦でボコられました!お茶をご馳走になりました、やったね。
・キグナス氷河:ペガサスやアンドロメダより遥かにマシな戦力ですがフェニックスの足元にも及びませんぞ。
・モンブラン:種々のお洒落モンブランが氾濫する昨今ですが、私は昔ながらの真っ黄色のそれが好きです。
・グフフフフ:ママ、そいつ岩タイプじゃないです~
・スカイスキン:並みの電気では受かりませんぞwww

長々と失礼致しました。お約束のフレ戦はぜひとも直接お会いして手合わせ願いたいものです。

肩甲骨
ポケリーマン (著者)
No.2 (2016/01/03 10:10)
肩甲骨さん

いつも本当にありがとうございます!
リアクション遅くなりまして大変大変申し訳ございません。
まさかの明けましておめでとうございますになってしまいました。。。
本年もポケリーマンブログをよろしくお願い致します。更新しますね。。。

あおば氏より手書きのサイン頂戴致しました!
わたくしも早くお会いしてコテンのパンにされたいものです。
そしてその際は
タートルズ、青葉シゲル、星矢。全ての話題で語り合いたいでございます。
ちなみにシゲルさんは新劇でも出番はありますが、不遇扱いなのは相変わらずですね。
世の中的にはエアギタリストのハシリですが。

改めまして
本年も何卒よろしくお願い致します。

なべキムチ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事