ポケリーマンのブログ『こうかは いまひとつの ようだ』

これからの森林問題を考える

2015/04/15 19:16 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケットモンスター
  • ナッシー
  • サラリーマン
  • ポケリーマン
  • ポケモンフュージョン
  • ゲーム
  • 初恋
みなさまこんにちは。

改めましてポケリーマンの片方、
自然を愛するエコトレーナー「なべキムチ」でございます。
レートの数字も環境に優しい非常にエコな低空飛行を続けております。涙
あおばさんの非常に読み易い文章の後を受けまして、
真面目ぶった記事タイトルで開始してみましたが、最終的にどこに着地するのか全く以て検討をつけておりません。
なぜなら「愛」について語ろうと思うからです。
愛に筋書きも段取りもないってなわけでございます。
この時点で(こいつ生理的にあかんわ・・・)とお思いになりましたら、
躊躇うことなくブラウザを閉じて頂き、次回のあおば先生の更新をお待ち頂ければと思います。


今回は初回ですので、“初”絡みで、『初恋』について語らせていただこうかと。

当然、わたくしの幼稚園時代の淡いお話を差し上げても
それこそ効果は今ひとつどころか無効だと思いますので、
ポケモン初代における初恋について。

「緑」を選んだあおば先生とは対象的に、ミーハーなわたくしは「赤」を選びました。
でも、本当の選択はここからですよね。

オーキド博士からもらえるいわゆる御三家、
みなさんは最初誰を選びましたか?
ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ。
パッケージになっている2匹を差し置いて
わたくしが生まれ育った田舎ではゼニガメチョイスが多かったように思います。


ちなみに僕は、ナッシーです。



まず、見た目から。





・・・とにかく、愛くるしいですよね。それはもう。
あと・・・とにかく愛くるしい。
お世辞にも頭がよさそうな感じではございませんが、(加えて、GB時代のグラはかなり恐怖ですが)
比較的線が細めで可愛さの強い草ポケ勢の中で、
あのドッシリとしたフォルムは群を抜いて少年の心を掴んだのでございます。
鳴き声も最高。ルージュラと並んで特別扱いされていたとしか思えません。
2010年南アフリカW杯時に育てていたナッシーには、
流行語をかすった「ブブゼラ」という名前を付けて寵愛しておりました。まぁ耳障りです。

加えて、今でこそ年々度を増す環境の逆風に髪の毛的なヤシの葉が吹き飛ぶぐらい曝されておりますが、
当時(〜第四世代ぐらい)の彼の器用さたるや。
とても腕が無いとは思えないほど。
溜めターンが必要にも関わらずソーラービームを搭載させ(カッコイイですからね、特にサウンド)
でも一致抜群で無ければ耐え得る耐久のポテンシャル、
やどり木、粉、サイコキネシス。
ろくな虫技も悪タイプも不在だった初代の活躍は言わずもがな(ふぶきはあかん、あれはあかん)
次第に大爆発したりトリル発動したり物理型にしたり、
森林面積にして東京ドーム18個分ぐらいのナッシーを育ててきたのは今でもいい思い出です。
(森ました。いや、盛りました)

レートで時々ナッシーを使う方に遭遇すると、
なんでポケモンの対戦には「いいね!」ボタンが無いのかと毎回思います。
いやすみません、“毎回”と思うほどナッシーはお見受けしません。。。涙

でも、そんなナッシーを愛して止まないわたくしも、
今の環境の中で彼がどう活躍できるのかという活路を中々見出せずにおります。

完全に自分の育成・構築の至らなさを棚に上げて話をしますが、
トリルしようが上を取られる焼き鳥の壊れ特性などもありますし
晴れのターン数も制限されていることを考えると、環境の中心までの道の険しさに卵が割れそうになります。
・・・心が折れそうになります。逃げてるだけなんですけどね。。

唐突に
ここはひとつ。
メガ進化しかないんじゃないでしょうか。

なんとまぁ安直なバカっぽい意見ですが、単純に彼がメガ進化すると、一体どうなるのでしょうか。
ビジュアルは?タイプは?特性は?種族値は?
気になることだらけですが、各々予想しているとあと2万字ぐらいは文字が嵩んでしまいそうなので、
それは相方のあおば先生を三日三晩巻き込むことにさせて頂いて、
今回はタマタマ見つけたこんなツールで
メガナッシーのビジュアルについて何となく予想をしていければと思ったりしちゃっております。

《ポケモンフュージョン》
http://ja.pokemon.alexonsager.net
初代のポケモン限定で2匹のポケモンの「顔」と「身体」を自動で組み合わせてくれるという
デジタル技術の粋を極めたハイパーツールでございます。←
かがくの ちからって すげー!
(※わたくしが無知なだけで、きっとすごく有名なサイトなんだと思います。すみません)

どちらかというとメガナッシーの予想というよりは
見た目がキモイキモイと言われるナッシーも
もしかすると他のポケモンの要素を入れて少し改善されるだけで、
みんなに好かれる人気者になれるんじゃないかという希望を探りたいと思います。
完全に本題をずれてツールの仕組み(事情)で目的を書き換えるという
駄目サラリーマンのお手本でございます。


では、
なべキムチの偏見により生み出されたミュータン・・・もとい新ナッシーを
次々とご紹介させていただきましょう。
3週間後には、ポケモンセンターメガトウキョウの棚は、完全に南国化してしまっているでしょうね。

いやはや、やっぱナッシーさん、パないっす。






★ナッーラ

今をトキメク厨ポケと組み合わせたら、
それはもう強そうな雰囲気になるかと思いましたが
害悪を通り越して、完全に腹が立ちますね。
袋の中の子どもも「え?おかんどした?」みたいな顔してますし、親子愛なんて発動しなさそうです



★ナックス

違和感はないのにすごい違和感!
こんな舐め腐った雰囲気のやつに絶対ハイポンは搭載できませんね、確実に外します。
なみのり安定です。いや、そもそもあかんです。



★ナックラゲ

遊星からの物体X感!!!



★ナッワラー

スト2のバイソン感!!!



★ナッーニャ

ただのゴローニャ感!!!



★ナッジュラ

「もういい!もどれ!!」



・・・驚くほどによくないですね。
ナッシーの愛くるしい顔のクセというかアクの強さに加えて、
顔のあそこの部分だけ切り取られた時のナッシー感の無さすごいですね。


よくよく考えれば、
愛くるしい表情もそうですが、頭とボデーのパイナップ・・・やしの木感こそナッシーさの象徴ですもんね。
気を取り直して、身体ナッシー主体でいきましょう!顔なんてどうでもいいんですよ。3つもあるんだから。


これはもう、可能性しか感じません。
ポケモンセンターの仕入れ担当の人、見てますか!気ぃつけなはれや!!




★ピカッシー


か・・・かわいい。かわ・・・いい?
最初からこの路線で口調(語尾)が「なっしー」だったら、
今をトキメクあの梨の化け物にもメディア露出が確定勝ちだったのではないでしょうか?
つーか右側の卵のドヤ顔なんやねん



★ポリッシー

生理的にダメです。



★ビリリッシー


これは・・・あかん顔してますわ。
完全に初手から大爆発狙ってますね。まもる安定です。



★マタッシー

毒感!!
なんかもうすごい毒感!!!


★ルーッシー


こ、これは完全にちびくろサ●ボ・・・NGですね。


ダ、ダメだ・・・
このままでは
「やっぱりナッシーはナッシーのままが一番」
みたいなそのままの君でいて的なしょうもない展開で終わってしまいそうです。


でも、先は長いしルーッシーのせいで
ホットケーキが食べたくなってしまったのでこの辺で。

次回からはTwitterぐらいの記事量にします。
最後までお読みになって頂けた方、ありがとうございました。


【シリーズ:ポケリーマン語録】
No.3『Cぶっぱ』
[意味] メールのCCに関係各位を入れまくること
[文例]「さっきの資料、宛先得意先でCぶっぱしときました」
[解説] 由来は「努力値をC(特攻)に全振りすること」から。
   「言った・言わない」が頻発するサラリーマンステージにおいては
   メールで関係者に証拠を残す”ということがとっても大事ですもんね。
   「俺聞いてないよ!」とか「あの人もccに入れとけよ!」
とか後で言われるぐらいなら、最初からCぶっぱ推奨です。


コメント

肩甲骨
No.1 (2015/04/15 23:35)
執筆お疲れ様です。
いつも楽しく読ませて頂いています。

一度に3回攻撃できる特性がメガナッシーに搭載されることはもはや既定路線でしょう。
第7世代がタマ投げ一辺倒の退屈なレート環境に陥らないことを祈るばかりです。
ポケリーマン (著者)
No.2 (2015/04/16 09:19)
前回に続きまして、コメントありがとうございます!
3回攻撃のメガナッシー、最高ですね。想像しただけでワクワクしますが、その座をダグドリオやドードリオ、レアコイルなどに奪われないかだけ、逐一祈り続けたいと思います。引き続きナッシーを愛し続けたいと思いますので、またブログに登場の際にはよろしくお願いいたします!なべキムチ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事