安定のその先に

【最高/最終R2000】カバサンゲンギャラガッサ【USMシーズン8使用構築】

2018/03/11 23:43 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンUSM
  • カバドリ
  • やまひろ
  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン





初めましての方は初めまして。やまひろと申します。
今季も含め、シーズン4,5,6,7,8と5期連続レート2000を達成することが出来ましたので記事として残そうと思います。
目新しいものとなるかはわかりませんが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。




◆PT構成経緯

S6で使用したカバドリゲンガー(http://ch.nicovideo.jp/pokemon_yamahiro/blomaga/ar1360410)の並びが気に入ったので、そこを軸に構成した。カバドリゲンガーで微不利なバシャーモや重たいリザX.Yへの切り返し枠としてギャラドス、ここまで重たいギャラドスへのストッパーとしてキノガッサ、途中まで残り一枠をボーマンダで使用していたが、PT全体がボーマンダに薄かったためボーマンダに強く、静電気がゲンガーと相性の良いサンダーに落ち着いた。




◆PT紹介/型紹介
 
 
カバルドン@さらさらいわ
性格:わんぱく
実数値:215-117-187-×-93-67
努力値:252-0-252-×-4-0
技構成:じしん
    ステルスロック
    ふきとばし
    なまける
S6と同じ物理に硬いカバルドン。バシャの膝の乱数を変えないためにHB特化採用。
さら岩を持っていてもカバルドンのピン性能は半端なかった。
S6と同じく相手のポケモンを全員ゲンガーの圏内に入れる役割もあるため、相手PT全体に削りを入れられるステロ+吹き飛ばし型を採用。



  
ドリュウズ@ハガネZ
性格:いじっぱり
実数値:185-205-80-×-86-140
努力値:0-252-0-×-4-252
技構成:じしん
    アイアンヘッド
    いわなだれ
    つるぎのまい
メジャーな型。
S6と違う点は持ち物がハガネZに変わっていること。
あんまり使ったことなかったので今回試験的に使ってみたがPT全体で重いマンダやグライオンに対抗できるのが非常に強かった。




サンダー@イアのみ
性格:おだやか
特性:せいでんき
実数値:193-×-116-146-132-136
努力値:220-×-84-4-76-124
技構成:ほうでん
    めざめるパワー氷
    みがわり
    はねやすめ
おだやか静電気サンダー。
静電気がゲンガーのたたりめと相性が良かったのでそれだけでもとても強かった。
また身代わりがカバグライナットカグヤに刺さるのでとても強かった。
おだやか採用の理由は環境にゲッコウガが多かったため。



 
ゲンガー@ゲンガナイト
性格:おくびょう
実数値:137-×-100-221-115-200
努力値:12-×-0-244-0-252
技構成:たたりめ
    ヘドロばくだん
    こごえるかぜ
    おにび
お掃除役ゲンガー。こご風は舐めたマンダの龍舞を許さないあたりやアーゴヨンへの打点として優秀だった。
またギャラドスとゲンガーの偶発対面に対して鬼火→ギャラドスorキノガッサで起点にする動きが強かったりした。
本当はHSで採用したかったがこご風をランドロスに耐えられるケースが多かったためCSにしたところ、耐えられるケースは少なくなった。



 
ギャラドス@ヒコウZ
性格:陽気
実数値:171-177-99-×-120-146
努力値:4-252-0-×-0-252
技構成:たきのぼり
    とびはねる
    ちょうはつ
    りゅうのまい
オーソドックスなヒコウZギャラドス。
この枠はスイクンなども試したが『浮いてる』+『バシャに強い』点からギャラドスに落ち着いた。
型はバレルバンギやナットレイ@1などの補完サイクルに崩しを入れられるヒコウZでの採用。
ただ型が認知されているため、ヒコウZを撃つ時に択が発生するのが困りもの。



 
キノガッサ@きあいのタスキ
性格:いじっぱり
実数値:135-200-101-×-80-122
努力値:0-252-4-×-0-252
技構成:キノコのほうし
    つるぎのまい
    マッハパンチ
    タネマシンガン
ギャラドスのストッパー兼ここまでで崩す方法が乏しい受けループやグライオン入りのサイクルに強引な崩しを入れられる剣舞ガッサ。
催眠ターン次第ではメタグロスやゲンガーなんかも突破してくれるのがとても強かった。
ただ催眠ターン次第という運要素なので過度な信用は禁物。




◆このパーティで重いポケモン
1,メガフーディン
盲点だった。勝つ方法がガッサのタスキを残しておくしかない。
テテフが絡んできたらもう終わる。さようなら。

2,ミミッキュ
環境トップのポケモンに明確な対策がないのは良くなかった。
ただ気が付いたら何とかなっていたケースが多かったのでなんとも言えない。

3,カバリザ
ゴリ押される。ギャラで舞ってなんとかしましょう。


以上になります。
今シーズンは終盤、私用で時間が無かったため、20でストップという形になりました。
でも時間が無い中でもしっかり結果を残すことが出来て僕は満足でした!
来シーズンはしっかり序盤から頑張っていきたいと思います!
最後まで見てくださってありがとうございました!

最高レート2000




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事