ポカリ氏のブロマガ

【W杯】最強のドイツ 「陰と陽、2つを兼ね備えた最強のフットボールチームから考える日本への提言」4

2014/07/10 12:16 投稿

  • タグ:
  • サッカー
  • W杯
  • サッカー日本代表
  • 2014年W杯

~最後に日本サッカーへの提言~

Jリーグでは赤字クラブが多い。これは撲滅しなければいけない。

代表選手を多く擁する「フラッグシップクラブ」を作らなければ勝ち上がる事は難しい。
これまでに比べて欧州で、世界で、過去最高の評価を得ている、海外組の日本代表選手達を擁していながら、結果を出せず、グループリーグ敗退だったからだ。
高度な戦術連携を維持する為に、新しい手段を講じなければならない。欧州と日本は遠い事もある。
(ひとつ更に例を出すと、ベスト4確定したオランダは23人中8人が自国クラブ、フェイエノールトとアヤックスだ。)
Jリーグはどんなクラブでも優勝出来る可能性がある。それが売りでもあったが、代表で今まで以上の結果を出すなら、限界が来ていると言わざるをえないのでは無いか。
・日本は最高の選手は欧州へ移籍する。それは現状良い。仕方ない。
しかし、いつかは、日本最高の選手が、日本国内で、最高の環境で、サッカーを出来る環境を作るに越した事は無い。当然、長い年月がかかるだろう。

協会は理事・運営役員の責任の明確化と処罰をしなければならない。
クラブ役員も同じ。 優秀な理事・運営役員無くして日本サッカーの未来はありえない。
天下り理事は当然追放し、ブロックしなければならない。優秀なら問題ない。これまで以上の評価機構・監視体制も必要だろう。

監督の育成・保護 (中・長期スパンでのクラブ運営)
第1部でも触れた陰、ブラジルで例を出すことが出来る。ブラジル国内リーグで、どれだけ監督更迭が行われているか、ブラジルは監督の墓場でもある。これはセリエAでも同じで行き過ぎた監督更迭サイクル問題は、10年以上前から批判のあったことだ。批判していたプレミアリーグでも現在顕著になっており、昨今のCLで結果が出ていない事の一因となっている。
メキシコがW杯予選で、大陸間プレーオフに回るほどもたついたのは、代表監督を何度も何度も更迭したせいである。

メディアへの批判
サッカーメデイア、あるいはメディアの中のサッカー部門、これを評価して実力のないメディアは淘汰しなければならない。
NHKを例に出すとわかりやすい。「アスリートの魂」に出ると選手が活躍しないという「都市伝説」がある。番組内容はサッカーに詳しい人が見ると「これサッカー知らない人が編集してるな」というのが多々ある。「実力は無いが、人気のある選手」がこういうメディア露出の罠にハマり、結果を出せないので(日本は出る杭は叩くので)、大衆から批判を受ける。当然他の選手から要らぬ「嫉妬や羨望、憎悪」を受ける。怪我も増える。必要以上に結果に責任がのしかかる。まだプロ1~3年にも関わらずだ。若い芽を摘み取ってしまうのだ。焦った選手はその後、所属クラブを見誤ることが多い。慢心も多い。欧州強豪クラブなら「有望だがまだ若い選手」にはメディア接触をブロックすることが多い。
日本は安易にスターシステムを利用して、成熟する前に刈り取ってしまう。亀田兄弟・本田圭佑・ハニカミ王子・ハンカチ王子などなど、王子シリーズが一時期流行った。サイン握手など毎日毎日30分以上するのもバカにならない。ファンサービスも大事ではあるが、チャンピオンならともかく、実績もタイトルも無い若い選手が何時間もする必要はあるのか?
「スターシステム」は若い芽を摘み取るシステムであってはいけない。
メディア対応はベテラン名手が対応すればいい。彼らには実績の裏打ちもあるだろうし、その分野を深く語れるはずだ。
若いサッカー選手の目指すものが「若くして目立つCMスター」では本末転倒だ。他にも
的はずれな解説をする 元代表選手 秋田豊
炎上サッカーコラムニスト 佐藤 峰樹
○刊フジ記者 ○保 武司

金○達仁

杉○茂樹氏

などなど、実力のある解説者や記者を取捨選択していかなければならない。


批判ばかり書いてきた気もするが、私は日本サッカーは誇らしいと思う。
少なくともこれほど急激に発展したサッカーリーグは類を見ないそうだ。
日本の高校サッカーと、クラブユース、この2つの育成システム両立は海外でも評価が高いと聞く。
日本人選手も順調に評価を増し、w杯に出場するのは当たり前のレベルにまで来た。
アホな自称コアサポーターは自浄作用するのは難しいが、少なくとも、今は少数派であるし、基本的にはモラルは高い。ブラジルW杯でゴミ拾いする日本人サポは誇らしかった。試合前に映ったスタンドで、青いビニール袋を膨らまして応援する日本人サポを見た時、「ひょっとして、それで掃除するのかな?」と思ったら試合後期待に応えてくれて感動した。
的外れなクラブ間のダービー量産など、悪政の2ステージ制復活など、試行錯誤も目立つが
確実に、日本社会に「日本式サッカー文化」が育まれ、他国ともサッカーで交流し、より良い日本の未来に繋がればいいなと思う。

後は違法配信が減って、
代表だけじゃなく、Jリーグのクラブにちゃんとお金が落ちるようになれば良いと思う。



駆け足で書き続けましたが、今回はこれまで。見て下さって有難うございます。
でわ来世では一緒にサッカーしましょう。
















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事