RGBA (RGB-CMYK) のコメント

RGBA (RGB-CMYK)
No.2 (2016/02/10 21:20)
剛体追加はヌルチンさんのやり方でOKです。
他のモデルからコピペで追加するときは関連ボーンが追加するモデルにも存在するか確認してください。

安原絵麻モデルをDLしてみました。
左髪1~6と右髪1~6の剛体タイプを物理演算から物理+ボーン位置合わせに変更するとピクピクしにくくなると思います(その代わり衝突判定が甘くなります)
左髪1~6と右髪1~6のJointの制限/パラメータの回転が-10から10になっていますが、もっと数値を大きくしたほうが回転の制限範囲が広くなるのでピクピクしにくくなります。
あと、上にある剛体の質量を大きく下にある剛体の質量を小さくするとか、移動減衰と回転減衰の値を0.9から0.999999くらいにしてみるとか、ばねの移動の値を大きくするとか、逆(裏)ジョイントを取り付けるとかいくつか緩和方法はあるのですが、剛体同士が衝突している場合はピクピクの解決方法はありません(泣)

このコメントは以下の記事についています