ヌルチン・ブルマー(著者) のコメント

ヌルチン・ブルマー (著者)
No.10 (2016/02/08 20:30)
>>9
3DCG界隈に首を突っ込むと、いい塩梅でガレキから足を洗えるかも。
プラモやガレキの収集はいつか物理的な限界が来ますが、3DCGなら限界はありませんし、動かせますし、あらゆる視点でモデルを鑑賞できます。 
唯一の欠点は触れないことですが、立体出力も日夜進歩してますので、これも早晩解決されることでしょう。 というわけで、こっちの水は甘いぞ!ヽ(´▽`)/

このコメントは以下の記事についています