プラミクPのブロマガ

【雑記】古書店の衰退

2015/09/05 18:54 投稿

  • タグ:
  • 神保町
  • 古書店
  • 篠村
  • MMD
  • MikuMikuDance
  • ゆうきたん

昨日は出社前に神保町で食事して、古本街をブラついたんですけど、ショックなことが。

ちょくちょく買い物してる古書店が無くなってました...orz。
考えてみれば名前も知らなかったなぁ・・・ハヤカワや創元文庫が多かったので、神保町に行った時は必ず寄った店だったのに(´;ω;`)。

だいたい、新刊でも古書でも最近はハヤカワや創元を置いてる店自体がほとんどないですよね、よほど大きな店じゃないと。 つか、文庫というとラノベしか置いてないとこばかり...orz。


もう一つショックというか覚悟はしてたけど、篠村が閉店するっぽい。
ご店主も奥さんも相当高齢でしたからねぇ、もうそろそろだろうなとは思ってました。 ここが閉めちゃうとミリタリー系は文華堂ともう一軒(ここも名前知らない)くらいしか無くなってしまうことに。

しかも篠村以外は本が高いんだよね...orz。 これからはミリタリー系の古書もネットで探すのがメインになるかも。 つか、地方の人なんかはとっくにそうなってるんでしょうね。 

あまりめぼしいものは残ってませんでしたけど、次行った時はもう無いかもということで、MA別冊の四号戦車モデルフィーベルを購入。 文庫の方はグランデ斜向かいのとこで一冊百円だったので買ってみました。

秋葉も"電気街"とは名ばかりのつまらない街になってしまいましたが、神保町もあとどれくらいもつのかなぁ・・・寂しい話ですな。

・・・




どうも前屈させると胴体の前後が四次元的に捩れる(←クラインの壺かよw)ことがわかったので、さっそく改修。




左が改修後です。 まず上半身1というのが下に残ってたので上に移しました。
あとは下半身の親ボーンを上半身2からグルーブに変更。
どうも状態検証でボーンの並びばかり気にしてましたが、親子関係が必ずしも上から下に並んでるモデルばかりではないようですね・・・動かして問題なければ無理にいじらないほうがいいのか?

ゆうきたんの改造モデルも随分できたなぁ・・・




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事