プラミクPのブロマガ

【イベント】大河原邦男展

2015/08/19 01:10 投稿

  • タグ:
  • 大河原邦男
  • ガンダム
  • 模型
  • プラモデル

昨日の仕事帰りに友人と待ち合わせて見に行ってきました。
生憎の雨でしたが、上野はさほど強く降ることもなかったので、蒸し暑い以外はそれほど不快でもなかったです。

平日にも関わらず、会場はけっこう混んでいました。 やはり子供はほとんど見かけず、大人が多かったです。
上野の森美術館は初めて行きましたが、思っていたよりもずっとこじんまりしたところで、展示物はかなり凝縮された並びになっています。 途中に休憩所も無いので、高齢者とかには不親切な感じで注意が必要(一気に見なければならないので疲れます)。

展示物は八割方がTVアニメの設定書や検討用の画稿で、あとはポスターや雑誌類の原稿など、立体物としてはグリコのオマケとメタルのオブジェなどが出品されていました。

昨年見に行った高荷義之展のように「こんな仕事もしていたのか!?」というような意外性が無いのは、私たちがアニメという形で氏の仕事をずっと追い続けて、克明に見てきたからでしょうね。
ですから、コミカルなデフォルメ系のデザインを除くと、ほぼ見覚えのある作品ばかりでした。

残念だったのは『テッカマン』の画稿がまったく無かったことで、私的に一番期待していた作品だけにスッポリと抜け落ちていたのには落胆しました。 まぁ時代的にも古いので資料が残って無かったのかもしれません。

ガンダム関係は検討案に至るまで過去の雑誌やムック類に掲載されていないものは無いと思うので、初見というような珍しいものは無かったですね。 例の有名な"口のあるガンダム"はぜひ模型で作ってみたいと思いましたw。

全体的な感想としては、「ボリュームはあるけど見応えは無い」みたいな感じでしょうか。 ほとんどがモノクロコピーの設定画なので、いわゆる美術展の作品を見たような満足感はありません(←当たり前)。
そういうわけで、ガンダム以外の大河原氏の作品を知らない方にはそれなりに見る価値はあるかも。 

・・・



作品展を見たあと、友人と食事に行ったのですが、その時、おみやげにエレールのイーグルを貰いました\(^o^)/。  これでほぼ1/72のF-15は全メーカーコンプリートしたんじゃないかな?(全タイプというわけではありませんw)。


p.s. そういや『ザンボット3』も無かったけど、後で調べたら、あの作品では大河原さんがデザインしたのはバンドックくらいだったようですね。 そう言われればキングビアルは"ぬえ"デザインなんですよね。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事