プラミクPのブロマガ

【PIC】PIC七転八倒顛末記③

2019/01/17 00:50 投稿

  • タグ:
  • 模型
  • プラモデル
  • 電飾
  • PIC

数日ほどPICには触れず、参考書も開かず、頭を冷やしました(;^ω^)。
まぁその間もモヤモヤしていろいろ考えてしまいましたけど。

ここまでの纏めとしては、

・プログラムやソフトウェアに問題はない(正常にコンパイルされるから)
・エラーメッセージが都度異なるのは、ハードウェア側の接触不良などによる可能性が高い(と思う)
・以上のことからPICkit3か書き込みボードの不良が疑われる

という自分なりの結論を出しました。
PICkit3が不良かどうかの診断は自分には難しいので、とりあえず書き込みボードを使わずにPICの書き込みテストをしてみることにしました。

20190117004013


方法は、ブレッドボード上に書き込みボードと同じ回路を作り、コネクタで接続してプログラムを実行するという手順です。

20190117004010


最初の5回ほどはエラーで止まりましたが、6回目に正常終了しました。

早速、配線を差し替えてLEDと電源を繋いでみました・・・成功です。 LEDがチカチカと点滅しました。

20190117004005

「これは人類にとっては小さな一歩だが私にとっては偉大な一歩だ」

エラーが多いのは、やはり接触不良によるもので、コネクタを垂直に押し込んだまま手で保持するようにすれば、ほぼエラーは出なくなりました。

とはいえ、この先ブレッドボードを使って書き込みをするのはナンセンスなので、書き込みボード自体を自作することにしました。


次回へ続く。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事