プラミクPのブロマガ

【模型】プライズフィギュアのリペイント

2018/11/29 01:35 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • ご注文はうさぎですか?
  • 香風智乃
  • チノ
  • ごちうさ
  • フィギュア
  • リペイント
  • 模型
  • プラモデル


マツダ3の新型がお披露目されたそうですが、うーん、どうかな?
褒めてる人もいるけど、結局、SUVのCXシリーズと同じ顔立ちになっただけで、あんまり新味を感じないような。 しかし、昨今のトヨタやホンダみたいに鬱陶しいほどプレスラインを入れてくる脅迫的なデザインに比べれば、ずっと落ち着いていて大人な雰囲気。



ハッチバックの方は後方視界が悪そうだ。 セダンの方がまだマシに見えるけど、後席のヘッドクリアランスが心配。 つか、こういうスタイリッシュなセダンって、どの辺の層に需要があるのかよくわからないね。

・・・


久々にプライズフィギュアを衝動買いしたんですが、造形はいいのに塗りが雑で、ところどころ剥げてるし、色もくすんでいて残念なシロモノでした(;^ω^)。

ハッキリ言って、プライズなどの安物フィギュアの場合、服や髪のシャドーは余計なお世話なんですよね。 特にこのフィギュアは、服の青のシャドーに黒を使ってるので最悪です。

ここは昔取った杵柄で「リペイントしてみるか!」ということで早速バラしてしまいました((((;゚Д゚))))。






もう後には引けません。


今回のコンセプトは、
・パーティングラインを極力消す
・髪と服の塗装の彩度を上げる(再塗装)
・肌色部分はそのまま
・ローファーの艶出し

以上です。


ローファーにクリアを掛けるため、脚をマスクします。



このフィギュアで一番面倒臭いのは胸と帽子のリボンの塗り分けですね。
ここはエポパテで作り直したほうが楽だったかも・・・

全てのパーツを塗り終わりました。


今回使用した塗料は以下のとおり。

服(青):ガイアノーツ コバルトブルー
服・帽子・リボン(白):ガイアノーツ アルティメットホワイト
リボン(ピンク):グンゼ 蛍光ピンク
髪(薄青):ガイアノーツ コバルトブルー+アルティメットホワイト
仕上げ:グンゼ まろやかスムースフラットベース

最初、髪はパール掛けてみたんですが、案の定ケバくなったのでw、吹き直してツヤ消し仕上げにしました。

 

顔はいっさいイジってませんが、気が向いたら眼にクリアレジン流すかもしれません。



コメント

えいぎょうぶ
No.3 (2018/12/18 20:25)
>燃費とか
近所ばかりおつかいで走ってるときはすんごく悪くて5~6km/Lですが、たまにツーリング(ドライブ)とか行くと13~15km/Lくらい走ります。オートエアコン入れっぱなのも燃費悪くしてる原因かと思うのですが、ついものぐさしてしまいます。もっとも、10年で1万7千キロしか走らせていないので消費燃料量的には十分エコではないかとb

CX-3を試乗したことあるのですが、目線が高めで幅もそれなりなのですごく取り回しがしやすかった覚えが有ります。
ディーゼルエンジンも回転を上げずにスイスイ走ってくれて好印象でした。
ディーゼルはエンジン音が・・とよく言われますが、自分のアテンザのエンジンがカムチェーン駆動で結構賑やかなので殆ど気になりませんでした。

国内人気のミニバン、欧米人気のSUVと造り分けられるほどマツダも体力無さそうなのでSUV路線に絞ったのではないでしょうか。他のメーカーに魅力的な車種も多いですしねミニバン。
ヌルチン・ブルマー (著者)
No.4 (2018/12/18 23:29)
>>3
ディーゼルも毎日乗るとか長距離乗る人以外はあまりメリットないような気もしますね。 燃料代は安くても維持費は結構かかるみたいな。
あと、冬場暖房がきかなくて寒いとかいう話を聞きました。

ミニバンは運転してる人間が一番つまらないというか、ドライビングプレジャーの対極にあるような車なので、どうもピンと来ませんが、好き好んで商用車に乗ってる私が言う事でもないような(;^ω^)。
えいぎょうぶ
No.5 (2018/12/19 06:26)
10年たっても今の車が気に入っているので今しばらく買い替える気はありませんが、果たしてその頃まで内燃機関の車が残っているかどうか・・・なんて薄ぼんやりと考えたりします。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事