プラミクPのブロマガ

【雑記】映画とかアニメとか

2018/11/24 22:48 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 映画
  • アニメ
  • スターウォーズ
  • ガンダム

レンタルで見たので感想など。

『ハン・ソロ』
最近のスターウォーズシリーズ特有のつまらなさ、蛇足感、他人事感。
なんて言えばいいんだろう? とにかく視聴を続けるのが辛い。 食事の支度をしながらとか模型を作りながら観ていても「もういいわ」的な気分になる。

金は掛かっているけどダサい遊園地に恋人と行ってしまって、彼女がはしゃげばはしゃぐほど醒めてきて、帰る頃には「この女とはあと二、三回セックスしたら別れよう」みたいなことを考えている自分が居ることに気づくような感じ?(←ひでぇw)。

何度か書いているけれど、時間を遡ることで視聴者各々が持っているビフォーストーリー(?)をブチ壊して無理矢理再構築してるんだよな。

ハン・ソロの生い立ちとか、チューバッカ、ランド・カルリシアンとの出会いとか、各自で補完している情報を具体化されると何故か違和感しかないという事実をSWシリーズは何度も私たちに教えてくれている。

つまり、抽象的に「大体こんな感じか」と思っていることで満足しているのに、四角四面に的外れなイメージで固定されると、人はそれを"余計なお世話"と感じるのだな。



『起動戦士ガンダムTHE ORIGIN』
一年戦争に至るまでのシャアの生い立ちとジオン公国の成り立ちを説明するためのビフォーストーリー。 浪花節とSFが両立する日本文化特有のアニメ作品。

戦闘シーンの作画とドラマパートのそれがまったく乖離していて、同じ作品とは思えないのだが、「こういうものを見たかった」という視点も分からないでもない。

というか、ドラマパートは70~80年代安彦節全開の演出で、失笑しつつも懐かしく、なんとなく『クラッシャー・ジョウ』などを髣髴とさせる。
子供や動物の描き方がほんと昔のまんま。

この辺の古臭い演出と最新のテクノロジーの対照を、若い人はどんな風に受け止めているのか知りたいところだ。

蛇足という意味では、上の『ハン・ソロ』と同じくらい要らない話なのだが、嫌味が少ないのはアニメであることと、声優の演技ゆえだろうか。

但し、盛り上がったところでお話が終わってしまうので、とても欲求不満な気持ちにさせられる作品でもある。

Gレコ劇場版とか作るくらいならこのまま初代のリメイクでもすればいいのに。


p.s. ハン・ソロの名前の由来が家族がいなくて独り者だから"ソロ"って・・・もうね。


コメント

oku
No.1 (2018/11/25 05:47)
気に入らなかったのは理解できるけど せめて機動戦士にしてあげて下さい。
私は厨二病拗らせ始めるころのシャアの声が痛々しかったわね。
私はドズルのぶっといのが ゼナ・ミアに とか かなり妄想とか膨らませながら
楽しんで観ましたわ。
まぁ もうすぐイキそうなところで 終わって スッキリ感は全くないけど
ヌルチン・ブルマー (著者)
No.2 (2018/11/25 08:35)
>>1
タイトルは素で間違えてましたwww
多分アニメでも映画でも同じなんでしょうけど、人気作の過去を描いて成功した作品というのはほとんど無いんじゃないかと思います。

こういうのはファン活動というか二次創作でやればいいのであって、プロがやる仕事じゃないですよね。 
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事