プラミクPのブロマガ

【模型】バンダイ 1/700 アンドロメダ(旧)の制作⑥(完成)

2018/05/31 14:17 投稿

  • タグ:
  • 模型
  • プラモデル
  • アンドロメダ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 制作記

昨日、pixivに上げた岐阜画像が両方ともランキングに入ってました。 微妙な順位ですけど(;´∀`)。
ニコニコに上げたのはパンモロしないように配慮したので、ジャーヴィスたんのパンモロ堪能したい方はpixivでどうぞw。


そういや、pixivの社長がセクハラで訴えられたらしいですが、運営はどうなるんですかね? セクハラは二次元と3DCGだけにしとかないとね(←オマエモナー)。

・・・

調べてみたら、去年の8月にこの制作記を始めて、最後の記事が10月の⑤になってましたが、11月のBMC展示会の時には完成して梱包も終わってたので、約3ヶ月の制作期間というところでしょうか。
完成報告がこんなに遅れたのは、ただ単に梱包解いて撮影するのが面倒くさかっただけという怠惰な理由です。


何せ昔のキットなので、フィンなどのパーツは翼断面になってませんし、引けてるし、紡錘状のパーツも綺麗な円筒になってないので、この辺はほとんどパテ埋めと整形が必要な感じ。



主砲も同様で、なるべくテーパーのついた円筒になるようヤスリで削っていきます。 同時に砲口をピンバイスで開けます。



作業途中で仮組みしてモチベーションを維持します(;^ω^)。



艦橋のディテールはコトブキヤのパーツを適当に貼り付けました。



サフェーサーを吹いたところ。 この段階でけっこう継ぎ目や段差が綺麗に消えてないところが見つかったんですが、時間的に切羽詰ってたので目を瞑りました(←言い訳乙w)



細部塗装は船体をバラして行います。



完成しました。



 

今回の電飾は、いろいろ失敗してまして、特に航法灯の点滅回路が艦橋などの常時点灯部分に影響を与えてしまって、微妙にブリッジが明滅するんですよね(;^ω^)。


まぁでも、電飾が前提になってないキットで取り敢えず光らせることが出来たのと、アナクロな電気の知識しかない私でもここまで出来たので、良しとしましょう。











コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事