プラミクPのブロマガ

【模型】ハセガワ 1/20 メカトロウィーゴの制作(完成)

2017/08/02 20:12 投稿

  • タグ:
  • 模型
  • プラモデル
  • ハセガワ
  • メカトロウィーゴ
  • ピストンロボット
  • フレッシュゴードン
  • 電飾

●WSCプレゼンテーション報告書
例によって、あさのまさひこの書き方が酷いということで物議を醸してますが・・・現時点で見直したら「産業廃棄物」という表現を訂正してますね。 どっかから突っ込まれたんだろうなw。

ガレージキットが大量生産される時代ってのは確かにあったんだよねぇ、そんな昔でもないんだけど。 私くらいの年齢ならコトブキヤとかウェーブとかメーカーがガレキを作ってたのを覚えてる人は多いだろう。

そして今はほぼそういうものが全滅したことを思えば、WSCのキットが百個も売れるという甘い見通しにはたどり着かないんじゃないだろうか? そもそも大量生産できないからガレージキットなんだし「メーカー製ガレキ」というのが凄い矛盾した存在だったんだよな(普通に受け入れていたけど)。

だから、この件については単純にWSCのマーケティングミスということだと思う。 価格は確かに驚きだけど、重要な要素ではないでしょう。 今後、WSCは展示のみでいいんじゃないですかね? 販売はディーラー(個人)に任せればいいんですよ。 他人の褌で相撲とって負けて悪態ついてんのは大人としてカッコ悪いね。

・・・

前回書いてから放置していたハセガワのメカトロウィーゴですが、夏休みの宿題よろしく押し迫ってから泣きながら作るのは嫌だったのでw、一気に完成させました。

途中写真を撮るのを忘れたので、いきなり完成してますが、ストレートに作るなら特に引っ掛かるところもありませんし、各自ご自由に作ればいいんじゃないでしょうか(←投げやりw)。

私としては、中に便器を入れて、女の子が踏ん張ってるというシチュエーションを考えていたのですが、そんな都合のいい材料は見つからず、結局、目を光らせて股間にチンポを生やすというショボイ改造にとどまりました...orz。



目玉の点滅回路は、以前の主力戦艦で使ったM34-2Lでお手軽に作りました。 最初はボタン電池を使うつもりだったのですが、容量が不足だったようで、1時間も点灯すると点滅が止まって点きっぱなしになってしまうので、急遽、単4電池2本に改めました



単4のホルダーを胴体に収めるのが意外と厄介で、フレームの一部を切り飛ばして、なんとか入るようにしました。

ということで完成。





これでクラブの課題作は終わったので、あとは自由に制作できます\(^o^)/。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事