プラミクPのブロマガ

【模型】ハセガワ 1/72 M1E1 エイブラムスの制作①

2017/05/16 00:38 投稿

  • タグ:
  • 模型
  • プラモデル
  • M1
  • エイブラムス


エイブラムスにE1というサブタイプがあったのは、私はこのキットを買って初めて知りました(;´∀`)。
それもその筈で、説明書を読むと搭載砲を120ミリに変更した頃のプロトタイプなんですね。

なんでハセガワはそんなマイナータイプを模型化したのか知りませんが、逆に他で出ているキットはみんな量産型なので、これはこれで貴重なキットと言えるかもしれません(?)。

ちなみに、現行で販売されているハセガワのエイブラムスはM1A1にアップデートされているようです(中味は見たことないので、本当にA1仕様になっているかは未確認)。


  
パーツはこんな感じで極めてシンプル。 ハセガワのこのシリーズ、元は半世紀前くらいから続く古いキットなので、プロポーション的にはあまり似てないものが多いですが、何よりも組みやすくて比較的安価なのが魅力です。
一時期はイタリアのエッシーと提携して非常に多くのラインナップを抱えていた時代もあったのですが、最近は細々と売られているだけで、新製品が出なくなってしまったのが残念。

キャタピラは部分連結式、転輪は片側ずつ一体成型なので、センターガイドを挟むはずの溝が再現されていませんが、完成するとほとんど見えなくなるので、気になる人以外はそのままで十分でしょう。

まず、シャーシにベース固定用のナットを仕込みます。



砲塔は差し込むだけで固定されないので、磁石を使って外れないようにします。



車体と砲塔それぞれに磁石を接着し、プラバンで補強しておきます。



キャタピラはすべて板状のパーツですが、前後の湾曲部分はカッターで切れ目を入れてホィールに馴染ませていきます。 



この辺、パーツを増やさず、簡単に組めるというのは、なかなか素晴らしいアイディアですね。 



車体下部が組み上がったところ。



ほぼ全体の組み立てが終わったところ。



次回へ続く。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事