プラミクPのブロマガ

【MMD】物理ふんどし

2016/04/01 14:12 投稿

コメント:12

  • タグ:
  • MMD
  • MikuMikuDance
  • 西住みほ
  • ふんどし
  • PMXE
  • 数学と物理はずっと赤点だったんだよオレ


夏のワンフェスはずいぶんと有名どころの方々も落選してるんですなぁ。 ツイッターの方に次々と悲報が流れてきてますが、みんなアダルトコーナーに申し込めば良かったんじゃないのかな?
最近は企業ブースばかりもてはやされてる感もありますが、そういうのは別にワンフェスでなくてもいいと思うんだがなー( *`ω´)。
ニッパー買うのに行列とか理解できませんわw。 ニッパーなんか百円ショップので十分でしょ(←暴言乙)。

・・・


普通なら5年掛かることを一日でやったオレ様エライ!(←土星ヴァカw)
プルプルしてるけど何とか動くようになったよママ!

前垂れのボーンは最初、左右2本だけでしたが、真ん中が凹むので増設して3本にしましたが、もうちょっと中寄りにしてやれば2本で済みそうな気もします。



真ん中の剛体をデカくしてやれば凹まなくなるんですかね? ま、いいや、もうちょっと実験してみましょう。


あとこういう予期しないところで"くの字"に曲がるのも解せない。 出来る事が増えると、わからないことはもっと増えるんだね(;´∀`)。


★追記

★追記2

   





p.s. タミヤのSU-76もう店頭に出てましたね。 やっぱ今後は制作体験会はやらないのか...orz。

p.p.s. また知恵熱が出た...orz

コメント

RGBA (RGB-CMYK)
No.10 (2016/04/02 18:56)
>>8
>プルプルが止まらない
MMDにモデルを突っ込んで、剛体表示と物理演算をONにして剛体同士が衝突していないかチェックしてください。
ふんどし剛体どうしの衝突の可能性があるので、ふんどし剛体の非衝突グループにチェックを入れてください。
それから、剛体タイプを「物理+ボーン位置合わせ」にしてください(これは剛体が衝突しているときには効果ありません)。

>前垂れの左右が下がってしまう現象
これは、ボーンが斜めになっている=剛体が斜めに付いている、のが原因だと思います。物理演算ONにすると剛体がジョイントの真下にくるので、ふんどしの位置が移動しているのでしょう。
解決方法は私のブロマガhttp://ch.nicovideo.jp/rgb/blomaga/ar947741を参照ください(宣伝乙)。

>質量10
好みの問題ですが、重すぎると思います。1から0.5くらいにしてください。
追記2の画像を見ると、ふんどし剛体の厚みが薄すぎるようです。奥行は0.1くらいがいいと思います。

MMDの物理演算に正解はないので適当なところで諦めるしかありませんw
物理演算のチェックはMMDでやることをおすすめします。PMXエディターで上手くいってもMMDに読み込ませると物理演算がおかしくなるときがあります。
RGBA (RGB-CMYK)
No.11 (2016/04/02 18:57)
>>9
ご武運を!
ヌルチン・ブルマー (著者)
No.12 (2016/04/04 16:45)
>>10
いやはや、ほんとにちょっと熱が出ましたww
寝込むほどじゃないですけど、5年分の勉強ををここ数日で詰め込んだのが祟ったのでしょう。
少し休んでからまた再挑戦させていただきますm(__)m。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事