nimrod(プラミクP)のブロマガ

【模型】νガンダム

2013/01/29 21:19 投稿

  • タグ:
  • 模型
  • 書評
  • ガンプラ

モデルグラフィックス3月号の巻頭特集がMGνガンダム(カトキ版)でしたので、その辺徒然に。

多分、ホビージャパンや電撃ホビーでは先月あたりに特集したんじゃないかと思いますが、チェックしてなかったので不明。 で、これも推測ですが、上記二誌は制作ガイド的な内容だったんじゃないかな。

モデグラはいつも遅い分、ちょっと切り口を変えているのがミソ。 旧キット4種の比較写真を入れてるところが評価できると思う。 前にも書いたけど、同一機種で他社製品(今回は同一メーカーのグレード違い)がある場合、消費者としては「どれがいいの?」という情報が欲しいわけです。

大抵は新製品の方が良いわけですが、今回のように七千円超えの価格も考えると、「旧キットでも十分」と思う人も少なくない筈。 というか、それを見越してバンダイは旧製品を絶版にしないわけです。

大雑把に言うと、初代から三代目まではプロポーションの解釈が同じで、胴が短く頭大きめな、ややズングリ体型。 ディテールや関節が進化しているだけとも言える。 それ故、過去の制作ガイドでは胴の延長とか太腿の延長が定番だったかな。

大きく変わったのは四代目(HGUC1/144)。 胴が幾分長くなり、頭も小さめの今風(?)なプロポーションになりました。 これでも満足できなくて太腿伸ばしてる人居ましたね。

で、今回の本命である五代目は・・・何故かプロポーションは先祖返りして胴が短くなってるのね。 これは何でなんだろう?

まぁ、太腿部は長いので、単体で見る限り普通にカッコイイですけど・・・モデグラはここもちゃんと胴体延長した作例と比較してるんですが、並べるとやっぱ胴が長い方がカッコイイですね。 ノーマルの方はデカいパンツを胸まで引き上げて履いてるオッサンみたいw。

自分で作るとしたら、こんな面倒臭い改造絶対しないと思いますが、作例を見ると十分にやる意味のある改造だと思います。



p.s. 私は「逆襲のシャア」のストーリー大嫌いなんですよね。 音楽と登場MSは好きだけど。 逆に「ユニコーン」はお話は好きだけど、登場するモビルスーツがどれもこれも装飾過剰で苦手。 上手く行かないもんだw。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事