聖書ディボーション入門

出エジプト 5:1-8:15

2014/11/08 20:03 投稿

  • タグ:
  • 聖書
  • 出エジプト
ファラオとの交渉
5:1-3
エジプトは多神教だったのでファラオはヘブル人の神について、それほど力を持っていないだろうと決めてかかっていた。モーセがまだ主の力の証拠を何も見せていなかったので、ファラオはモーセのメッセージを気に留めていなかった。

5:4-9
モーセとアロンは、神が示されたとおり、ファラオにメッセージを伝えた。しかし喜ばしくない結果となり、ヘブル人はさらに過酷な仕事とさらに大きな抑圧が加えられた。

5:15-21
人夫がしらたちは板ばさみになった。

モーセの使命

6:10-12
モーセにとって、神ご自身の民であるヘブル人でさえ信じることが困難な神のメッセージをファラオに伝えにいくことが、どれほど難しいことであっただろうか。

モーセとアロンの系図
6:26
部族ごと、一族ごと、家族ごとに連れ出せという意味

アロンの役割


アロンの杖


地の災い
ファラオの心を頑なにしただけに終った。

蛙の災い
ファラオの心を頑なにしただけに終った。

ぶよの災い

ファラオの心を頑なにしただけに終った。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事