聖書ディボーション入門

ヨハネ 5:19-47

2014/10/04 20:00 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
御子の権威
5」19-23
イエスはご自身と神との結びつきのゆえに、神がおのぞみになる様に生きた。私たちも、イエスとの結びつきゆえに、イエスをあがめイエスが私たちにお望みになる様に生きなければならない。「イエスなら、どのようになさるか? WWJD? What Woud Jesus Do?」を常に自問していこう。

5:24
「永遠のいのち」はイエスキリストを救い主をして受け入れるときに始まる。新しいいのちがあなたの内に始まるのである(2コリント 5:17)。そしてキリスト再来のとき、あなたのからだは永遠に生きるために蘇るのである(1コリント 15)。

5:25
霊的に死んだもののことである。イエスとみことばを受け入れる人たちは、永遠のいのちを持つ、イエスはまた、この世におられるとき、幾人かの死人を生き返らせた。また再臨のとき、多くの人々を蘇らせる(1テサロケ 16)。

5:26
神はいのちの源であり創造主である。私たちの内にあるいのちは、神からに賜物である(申命記 30:20, 詩篇 36:9/36:10)。イエスは永遠に創造主なる神とともに存在し、イエスもまた「いのち」であり(14:6)、私たちはイエスによって永遠に生きることができる(1ヨハネ 5:11)。

5:27
旧約聖書はメシヤに3つのしるしを与えた。この章でイエスは3つの印を全て成就している。
  1. 捌きをおこない権利(ダニエル 7:13)
  2. 足のなえた人や病人をいやす(5:20-21, イザヤ 35:6, エレミヤ 31:8)
  3. 死人が生き返る(5:21,28, 申命記 32:29, 1サムエル 2:6, 2列王記 5:7)
5:29
キリストに反抗したした人たちも蘇るが、彼らは神の裁きにより、神から永遠に離れることになる。

イエスについての証し
5:31
イエスは神と等しく(5:18)永遠のいのちを与え(5:24)いのちの源であり(5:26)罪を裁く(5:27)。

5:39-40
宗教指導者たちは聖書の教えを知っていたが、メシアがわからなかった。

5:41
宗教指導者たちはイスラエルでは名声を得ていたが、イエスは神の栄誉にしか興味がなかった。

5:45
パリサイ日とたちはモーセの正当な信者であることが自慢であった。モーセが彼らを訴えるというイエスの警告は彼らを激しい怒りへと駆り立てた。モーセはイエスについて書いた(創世記 3:15, 民数記 21:9, 24:17, 申命記 18:15)のに宗教指導者たちはイエスを拒んだのである。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事