聖書ディボーション入門

ルカ 12:13-34

2014/09/07 19:58 投稿

  • タグ:
  • 聖書
  • ルカ
  • 愚かな金持ち
  • 天の国に宝を積む
  • 思い悩むな
愚かな金持ち
貪欲(持っていないもの対する欲望)に注意しよう。広告業者は、私たちをそそのかして、その製品を買えば、私たちがもっと幸せに、もっと満たされて、もっと快適になるだろうと思わせるために、何億円も使っている。絶え間なく買うように迫られることに、あなたはどのように答えるだろうか?

高価な心をひくものを無視し、真に満たされた人生、すなわち、神との関係の中に生き、神の働きに集中することを学びましょう。

この金持ちは蓄えたものを使い始める前に死んでしまった。退職後の計画を建てて死ぬ前の準備をすることは賢明であるが、死んだ後のことを無視するのは破滅を招く。もしあなたが、自分を富ませるためだけに富をため、他の人を助けることに関心がないのなら、何も持たないで死後の世界にいくことになる。

世俗的な目的を超えて考えるよう、、与えられているものを神の国のために用いるようにイエスは私たちに訴えている。信仰と奉仕と従順は、天の国に宝を富むため方法である。

思い悩むな(マタイ 6:25-34, 19-21)
イエスは心配するのをやめるように命じておられる。心配に打ち勝つには:
  1. 天の父を信頼し、心配せず祈る
  2. 問題についての見通しを考える
  3. 心配に対処する知恵と強さが与えられる様に祈ってくれる仲間をさがす
神はあらゆる領域、すなわち仕事、活動、、計画、関係などを支配している。御国は、あなたの多くの関心ごとのひとつにすぎないだろうか?それともあなたがおこなう全てのことの中心であるだろうか?神は創造主として与えたものをあなたがどの様に使うか指導するだけでなく、あなたが必要としているものを与えたいと願っているのである。

金それ自体を目的としてしまうと、私たちは神と貧しい人々の両方から遠ざかってしまう。重要なのは自分のためにどのくらい貯めることができるかではない。神の愛はあなたを動かしているだろうか。あなたは金に執着せず、自由に他の人を助けることができるだろうか。もしできるなら、あなたは、朽ちることのない宝を天の国に蓄えるのである。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事