聖書ディボーション入門

マタイ 25:31-46

2014/08/31 20:19 投稿

  • タグ:
  • 聖書
  • マタイ
  • 小黙示録
この箇所は、小黙示録ともいうべき節である。

25:32
信者と不信者を振り分けることを描写するために、イエスは羊と山羊を用いた。羊と山羊はしばしば一緒に牧場で飼われたが、羊の毛を刈るとき、引き離される(エゼキエル 34:17-24)

25:34-40
このたとえは、毎日おこなうことができる哀れみの行為を描写している。これらの行為は、富や能力や知性とは関係ない。惜しみなく与え、惜しみなく受ける純粋な行為である。深刻な必要を持っている人を無視してはならない。またその責任を教会や政府に押し付けてはならない。イエスは1人1人が関わっていく事を要求している(イザヤ 58:7)

25:40
「兄弟たち」については以下の3つの説がある。
(a) すべてのユダヤ人
(b) すべてのクリスチャン
(c) 至るところにいる苦しむ人々
これは、私の隣人とはだれですか(ルカ 10:29)という律法の専門家の質問に似ている。このたとえの要点は、奉仕が必要とされている場所で使えることの重要性である。私たちはすべてのひとを愛するべきであり、可能な人には誰にでも仕えるべきべきである。その様な愛は、神への愛のあらわれでありもあり、神に栄光を帰することになる。その者たちは、永遠の命が与えられる。

25:46
永遠の刑罰は地獄(ゲヘナ、火の池)でおこなわれ、そこは悔い改めることを拒むものすべての人たちにとって、死後の刑罰の場である。また悪魔や悪霊のためにも準備された場所である(黙示録 20:9-10)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事