聖書ディボーション入門

マタイ 18:12-14

2014/08/25 19:45 投稿

  • タグ:
  • 聖書
  • マタイ
  • 羊飼い
100匹の羊から1匹だけ迷い出た話である(ルカ 15:3-7)。

羊飼いが迷った1匹の羊を、山へ捜しに出かけるほど気にかけるように、神は、ご自分が創造したすべての人を気にかけておられるのです。神はひとりでも滅びることを望まない(2ペテロ 3:9)

羊飼いがたった1匹の羊を捜しにいくために99匹を残しておくことは、愚かに思えるかもしれない。しかし羊飼いは、99匹は羊の囲いの中にいて安全であるが、いなくなった羊は危険にさらされていると考えた。羊たちはそれぞれ高い価値があるので、いなくなった1匹を骨を折って捜すことは無駄ではないと羊飼いは考えたのである。

神の人間に対する愛はとても大きく、神は1人1人を捜し出し、その人を見つけるとき大いに喜ばれる。

イエスは、いなくなった羊たち、すなわち望みがないとみなされている人々に、神の国の福音をもたらしたいと望まれたので、罪人たちと交際したのである。

あなたが信者となる前、神はあなたを捜しておられた。そして、まだいなくなったままの人たちを、神はなお捜しておられるのである。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事