ふぁんたのブロマガ

ドミニオン:夜想曲 新カードのPreview #1 「Night」含む4種類

2017/10/23 19:15 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
新しいカード群が発表されましたので、また毎回恒例で使い方とか、コンボとか、なんか良くないこととかを考えていきたいと思います。


4コスト NIGHT(アクションではない)
Devil's Workshop 悪魔の工房(訳は日本版を当てに行くつもりで書いてます)

このターンに獲得したカードの枚数が
2以上なら:Impの山からImp1枚を獲得する。
1なら:4コストまでのカード1枚を獲得する。
0なら:金貨1枚を獲得する。



2コスト アクション-SPILIT(精神)
Imp インプ
+2 カードを引く
手札から、自分の場に出ていないアクションカード1枚をプレイして良い。
(このカードはサプライに置かない。)


新しくNightカードが追加されましたね。このカードはプレイするとそのターン獲得したカードの枚数に応じて獲得するカードが変わるカードのようです。

Nightカードのプレイ方法ですが、購入フェイズ終了直後にNightフェイズが新しく加わり、残りのアクション数などに関係なく手札から好きな枚数をプレイできるようです。
次のターンの準備のようなニュアンスでしょうか。次の日の準備。

使い方としては、色々考えられますね。例えば事故防止。3金払って銀貨買うより、3金払って銀貨買ってこれ出してもう一枚銀貨取ったりこれ出して金貨1枚だけもらったりしたいタイミングが絶対にあると思います。そういうバックアップ的なカードなのかも。
という考え方もできますが、いろんなカードでデッキを組むコンボの場合、2枚目のimpは非常に便利な効果をしています。2枚カードを引いた中から、自分がプレイしていないカードをアクションの消費無しでプレイすることができるとなると、後出しアクションカードのような使い方(法貨ほど便利ではありませんが)ができたり、2枚引いた中に見つけた宝の地図や馬上槍試合を成功させたりといった使い方が考えられます。
この「場に出ていない」という制限がどこまで使いづらいものなのか、実際回してみなければわかりませんが、あんまり長すぎるコンボだとコンボ終盤何にもできなくなるのは目に見えそうなものです。

気をつけなければいけないのは、アクションカードっぽい効果をしておきながら、このカードはアクションカードではないということ。今まではサプライにある緑でも黄色でもないカードはだいたいアクションやろという消去法的な脳内処理をしていたプレイヤーも多いことかと思いますが、このカードはアクションカードではないので、鉄工所で獲得してもなーんにもいいことありませんし、Lurkerで廃棄することもできません。
とりあえず思いついたのがLurkerと鉄工所の2つなので、まだ他にも色々と「あれ?」って点は出てくると思います。

Don't forget that Nightは別にアクションじゃない




6コスト Night-持続-アタック
Raider 略奪者
手札が5枚以上の他のプレイヤーは、あなたが場に出しているカード1枚を捨て札にする。
(できない場合、手札を公開する。)
次のターンの開始時に +3 コイン


先程、Lurkerで廃棄することはできないと書きましたが、これを墓暴きで廃棄することもできませんね。アクションじゃないから。
ただ、「アタックカード」ではあるので、従者を廃棄するとこのカードを獲得することはできます。

このカード、あんまり連打しても意味ないですね。3金が出るぐらいか。
捨て札にしないといけないカードは、その人(ターンしてるひと)の場においてあるカードから選べます。多ければ便利ですが、少ないとピンポイントに爆撃されるかも。
同じく次のターンに3金出す沼の妖婆より高いのは、このカードがアクション権を消費しないからなのではないかなと思います。

そんなにやばい使い方はなさそうですね。
相手にNightを使わせたくないからという理由で、このカードだけを場においておくというプレイはあんまり自分にメリットないので。
相手のデッキのキーカードを買っておいて、いざという時にマインドクラッシュ(遊戯王)する使い方もできそうです。それぐらいかなー。


3コスト Night-持続
Ghost Town (ゴーストタウン、でなければ死都)
次のあなたのターンの開始時に、+1 カードを引く +1 アクション。

------------------------
このカードは獲得時、捨て札に行くかわりに手札に加える。


次のターンの準備、というさっきのセリフを見事に体現してくれたような効果ですね。
準備として次のターンに溜め込む感じです。アクションとカードを。
民兵を食らっても引くタイミングはターンの開始時なので、めちゃくちゃにされることはないでしょう。

ちょっと面白いなー、と思ったのが、先程のDevil's Workshopとのコンボ。
あれで獲得できるのは4コスト以下の「カード」なので、こいつを獲得してすぐ手札に加わるので即使えるはずなんです。
次のターンに大物手が来るとわかっているときとか、次のターンにちょっと賭けてみたいとかするときにこういうプレイができそうですね。
購入フェイズで購入して獲得してもすぐ使えますよ。




今回のPreviewは、そんなに破壊力が高くない感じでした。
なんか攻撃力の高そうなコンボとか激重ドリーム一撃必殺コンボは思いつきませんでした。

大体、新しいカードと協力して悪事を働くカードって相場が決まってるんですよね。
城塞とか、望楼とか、行進とか、墓暴きとか、策士とか、宮廷とか、Missionとか、前哨地とか。

あとヴィラ。おめーだよ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事